星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳鳴りノオト

久しぶりに耳鳴りのことを

 書こうと思います。

 わたしの耳鳴りが発症したのは6月でした。
 アメリカで9.11のあった年なので、今年で15年目というわけです。

 このごろ耳鳴りのことはほとんど書いていません。

 耳鳴りが治ったから、ではありません。
 耳鳴りは鳴ってはいます、いまでも。

 ただ、むかしほど耳鳴りに煩わされなくなってきた、とは言えるかもしれません。
 大きいと感じることもないわけではありませんが、少なくなってきたと思います。

 ドクターが「耳鳴りは慣れるしかない」と言っていたその意味が最近ようやくわかってきたような気がします。
 なかには完治に近いひともいるかもしれませんが、鳴り始めた耳鳴りはほぼ治りません。ドクターの言うように、慣れるしかないのです、結局。
 
 (でも!でも、です。言わせてもらえば、ドクターが耳鳴りに鳴り始めの患者に対して最初から、この常套句「耳鳴りは治りません。慣れるしかないです」と言うのはとてもまずい対応だと思います。
 ある日突然鳴りやまない耳鳴りに見舞われて、不安とショックでいっぱいの患者がその言葉でどれほど傷つくか、どれほど見離された気持ちになるか、想像してもらいたいのです。患者の心に寄り添う医療を考えるドクターならば。
 慢性の耳鳴りは24時間精神が休まることがなく、なってみなければ、それがどんなにツライか、苦しいか、ほんとうにはわからないと思います。機械的に測って、実際の音は15dBもないんだよ、なんて言われても、本人が100dBに感じているなら、それは100dBなんです)

 ここへきてやっと耳鳴りと“共存”することができるようになった、のかもしれません。
 
 耳鳴りに鳴り始めた当初、何か治るためのヒントはないかと、ネットでいっぱい検索しました。
 あるアメリカ人の耳鳴り患者さんの話で「慣れるまでに15年かかった」というのを読んで、暗澹たる気持ちに襲われたことを覚えています。慣れるのに15年もかかるのか~と。ため息が出ました。

 でもたしかに15年でしたね、わたしも。慣れてきたのかなと思えるようになるまでにかかった年数。

 何が功を奏したのかはまったくわかりません。TRTをやったことが良かったのか、耳鳴りをすこしでも忘れる努力をしてきたことか。
 薬で軽減したのではないです。5年ほど薬も飲んでいましたが、いろいろ試してもどれも効果がなかったので、それ以後薬には一切頼ってきませんでした。

 最後の砦と思っていたTRTを始めたわけは、薬が何も効かなかったからです。(TRTという新しい療法があることは、耳鳴りが鳴り始めた当初から知ってはいました。でもそれは最後の砦だったのです)
 順調に行ったわけではありません。当時はTCI(耳鳴り訓練器)のMAXボリュームよりわたしの耳鳴りのほうが断然大きいことが多かったからです。それでも薬に頼れない以上、TRTをやめるわけにはいかなかったのです。
 (いまにして思うと、TRTで早めに効果があるのは、もうすこし重症度の低い耳鳴りのひとなんじゃないかと思います)

 発症から6年ほど経った冬、ウツにも襲われました。朝になっても寝床から起きられず、ウツになると感情が平板になるというか、気力など湧かなくなり、感情が何も動かなくなるんだと実感しました。


 何週間か前、、NHK総合で「キラーストレス」という番組がありました。
 そのなかで、ストレスを減らすために有効なことのひとつが運動であるという話がありました。
 それは、運動をすれば気分転換になるから、というそういう単純な理由ではなくて。

 ウツは気の持ちようとか、そういう問題ではないということです。

 不安・恐怖を過剰に感じてしまう扁桃体の影響で副腎からストレスホルモンが放出されてしまい、それが脳にも悪影響を及ぼすということでした。が、運動は自律神経が興奮するのを抑えてくれ、ストレス反応の暴走をする脳の構造を変えるというのです。

 扁桃体と自律神経を繋いでいるのが延髄。

 運動をすると、延髄の神経細胞の突起の数を減らし、扁桃体で受けたストレスを自律神経に伝わりにくくします。そのためストレスを受けても自律神経に影響が伝わらなくなる、のだとか。

 延髄は副腎にもつながっているため、運動をすればストレス信号は副腎に伝わりにくくなり、多少のストレスがかかっても、副腎からストレスホルモンが出にくくなるとも。
 
 わたしは自転車に乗ることでずいぶん耳鳴りというストレスを軽減できてきた気がしていましたが、これもはっきり理由あってのことだったのかも、と番組を見て思いました。

 もちろん何がその人の耳鳴りにとっていちばんの軽減策になるのかは、それぞれのひとの耳鳴り症状によって違うでしょう。
 わたしには自転車が良かったと思っているのですが、ほかのひとにもそれが良いかどうかはわかりません。

 薬が合う人もいるかもしれないし、TRTが合う人もいるかもしれないし、補聴器療法が合う人もいるかもしれない。それぞれ自分にあった方法を見つけて行くしかないのだろうと思います。

blogram投票ボタン 

スポンサーサイト

耳鳴りノオト

最近、耳の調子が良好

 TCI(耳鳴り治療器)をつけていることもほとんどない状態。耳鳴りが消えてるわけではないですが、比較的ラクに推移しています。鳴ってはいるけれど、それほど気にならない、と言うべきか?
 夏だから、なのかもしれません。
 理由はわかりませんが、夏・冬を比較すると、どうも夏はいくらか耳鳴りがラクで、冬はキツイという感じがするのです。わたしの場合は。

 アブラゼミが鳴く時期は、それが耳鳴りをマスキングしてくれるので、さらに良しです。
 ミンミンゼミやニイニイゼミやヒグラシ(カナカナ)ではマスキング効果なし。アブラゼミでなければダメなのです。
 でも、セミの声はマスキングになるどころか逆効果という方もいるので、人それぞれ。

 ただ、夏のあいだは比較的良い状態でも、ふたたび寒さを感じるころになると、耳鳴りのウルサイ状態が戻って来る、というパターンを、これまで何度も経験してきました。なので、ゆめゆめぬかよろこびはしてはいけないのです。

 このままTCI要らずになってくれればよいけれど~。

 
 すっかり台風でひっかきまわされた7月でした。
 そのせいで半端のない暑さまで持ってこられてしまって猛暑続きになりました。
 でも…。

 きょうもツクツクボウシの声を聞いてしまいました。
 まだ7月なのに。立秋になってもいないのに。

 ひょっとして秋が早いのでは、とひそかな恐れが。
 寒くなるのが早いと、耳鳴りがまたすぐうるさく戻ってきてしまうかもですし。なにより寒いのが苦手なので。
 杞憂に終わってくれればいいなぁと思います。

 blogram投票ボタン 


耳鳴りノオト

耳のセミナー

 耳鳴りが始まって、ちょうど6年が経ったときに思ったものです。
 あのころ小学校に入学した子が卒業式を迎えるんだよな~、と。

 その時点から、さらに8年ほどが経ったわけです。
 いやはや、永の病です。(-_-;)

 こんなにも“治らない”病なのに、慢性耳鳴りが“難病指定”にならないで来たのは、難治度・重症度はあるけれど、いのちにかかわる病ではないし、患者数も多い(300万人?)から、ってことなのかもしれません。
(でもなかには、いのちにかかわるひともいたと思います。精神を病みますから)

 わたしはあるドクターに、「あんまり(耳鳴りの)原因、原因言わないほうがいい」という旨の言葉を言われたことがありますが。
 でも原因原因言わなかったら、メカニズムもなにもわからないし、言い方はちょっと悪いかもしれませんが、対処療法でお茶を濁すしかないじゃないですか。(いままでのほとんどの耳鳴り治療がまさにそれだったとも言えるでしょう)
 原因がわかってはじめて治療法もできるんじゃないのでしょうか?

 とはいえ、遅々とではあるにせよ、耳鳴りの研究も進んではきたのでしょうね。少し前まではなかったファンクショナルMRIやスペクトなどの機器を使って、最近はそのメカニズムもだんだんわかってきたわけですから。
 

 さて。補聴器療法を提唱している新田先生のセミナーがあるようです。
 ただし、これは一般の人向けではなくて、耳鼻科医療に携わっている先生がたが対象のようですが。

 将来、補聴器は、メガネと同じような感覚のものになるのでしょうか?

 
 聞こえと音の基礎知識や、補聴器のフィッティングなどを学ぶ、補聴器販売側の人が対象のセミナーも。
 販売する側も、補聴器について、初心者からベテランまで、いろいろ学ぶことはあるらしいです。
 奥が深いんでしょうか、補聴器って?

 
 いままであまり知らなかった気もしますが。
 そんなふうにして熱心に勉強している方もいないことはないんですね。

   blogram投票ボタン 

耳鳴りノオト

ついに耳鳴りが治る?!

 来週の「ためしてガッテン」(NHK)では、耳鳴り、それも“極悪耳鳴り”の特集を放送するそうです。
 
 次回予告編で「まるで拷問のような」と言ってましたが、「ような」じゃなくて、「拷問そのもの」です。極悪耳鳴りは。
 一過性の、ほんの短時間しか続かない耳鳴りしか知らない人には、想像もつかないくらいの拷問です。

 そうわたし自身は思っていましたし。
 発症してからすくなくとも7年くらいはずっとそうでした。(耳鳴り歴14年半ですが)
 おかげで、抑うつ症状になりかけたこともありますし。

 耳鼻科のドクターでも「気の持ちようだよ」とか「気にしすぎ」と平然と言っちゃってくれる、という話もよく聞きますが。
 それは“極悪耳鳴り”の実態を知らないからじゃないですか? なったことがないからです。
 それとも専門医なのに、耳鳴りにそれほど関心がないから? 治せないと端からさじを投げてるから?

 わたしの耳鳴りは、と言えば。
 最近は、耳鳴りゼロと思う日もあります。ゼロですよ、ゼロ。こんな天国な日(♪)もたまにはあります。
 すこしずつ改善(回復?)してきてはいるのかな、と希望ももっています。

 ただ、かなりの大波で来ることもまだあり。
 ゼロと大波、この差はいったいどこから来るものか、それを知りたいんですけどね。

 でも耳鳴りのことばかり考えていてもしかたがないから、
 違う方へ気持ちを向けます。(そうやってずっと努力もしてきました)

 口口口(「クチロロ」と読みます)の「春ハロー!」でも聴いて、これから来る季節を思おう。



  blogram投票ボタン 

 

耳鳴りノオト

耳鳴りは脳の興奮を抑えればいい

 ノイズではなく、メロディのある音楽耳鳴りを訴える人がいます。
 その事例を考えても、それは脳が誤作動・異常興奮しているからだと想像できると思うんですよね。
 聴神経の異常、では納得できないですもの。

 わたしには音楽耳鳴りはありませんでしたが、音階耳鳴りがしていたことがありました。
 (ノイズ耳鳴りもいいものではありませんが、音階耳鳴りはさらにイヤなものでした)

耳鳴りの9割は治る (脳の興奮をおさえれば音はやむ)耳鳴りの9割は治る (脳の興奮をおさえれば音はやむ)
(2014/10/15)
新田 清一

商品詳細を見る

 この本の冒頭で、はっきりとこう謳われています。

 耳鳴りで治療すべきは、
 耳ではなく、脳です。
 「聞こえの脳のリハビリテーション」で
 脳の興奮をおさえれば、
 耳鳴りは自然とやみます。


 いまさらだけど、「やっぱり!」という思いの強いわたしです。
 前々から思っていたことを、はっきり断言してもらえただけでも、すっきりしたというか。
 でも専門家であるはずの多くの耳鼻科のドクターにさえまだそのへんの理解は進んでいないのだと思います。
 だから「慣れてください」だの「諦めてください」だの、医者の言葉とは思えないようなことを平気で発してしまうんでしょう。
 (ほかの病の患者さんにだったらまず絶対言わない言葉でしょ?)

 TRT(耳鳴り再訓練法)も結局は脳を訓練する治療法なのだとは思うわけですけど、人によって効果はまちまちというか、効果の出てくる時間がまちまちなのは、ひとそれぞれに脳活動のしかたが違うから?

 わたしは音が鳴っているとつい“聴いてしまう”タイプなのです。子どもの頃からそうでした。むかしから“ながら聞き”や“聞き流し”ができないタイプ。音楽をかけながら本を読んだり勉強したりなんて、絶対に無理。
 そのことも、耳鳴りをなかなか無視できない原因のひとつかも、とじぶんなりに感じてきたのですが…。

blogram投票ボタン
 

耳鳴りノオト

耳鳴りの音量変化

 耳鳴りを乗りきってきた、のではなくて。
 最近は、むかしに比べたら、音が小さいことが多くなってきた、というだけのことなのですよね。 (あくまで、むかしに比べたら、の話です)
 
 TRT(耳鳴り再訓練療法)をしてきた結果の現れなのかもしれません。けれど、はっきりそうだ、という確信があるわけでもありません。
(TRTは続けてもう10年近いです。現在も継続中です。治療期間のめやすとしては2年間ということになっているのですけれど、抗不安薬などの薬にいっさい頼っていないわたしが頼れるのはこれだけなので。ちなみに抗不安薬に頼っていないのは、わたしには薬の効果がなかったからです)

 耳鳴りがいちばんひどかった時期には寝込んで起きられないこともありました。(あの日々は思い出したくもないです)
 3種類の耳鳴りがしていたのもそのころだったかな。元からあったデフォルト?のアブラゼミのような耳鳴りに、音階耳鳴り(レとミを繰り返す)と、ブーンという低音耳鳴りが加わっていました。
 いまは音階耳鳴りと低音耳鳴りは感じません。セミだけです。
 
 機械測定的には15dBほど(木の葉の落ちるほどの音?ほんとですかね?)だという耳鳴りですけど、自分のなかでは轟音なわけです。(脳が増幅させているのでしょうか?)
 しかしときにはレベル0と思えるほど、まるで耳鳴りを感じないこともあって。レベル0のときは、当然ですが、まったく普通の人の耳のようです。難聴もないので。(この“天国感”は、轟音耳鳴り持ちでないひとには想像もつかないでしょう)

 とにかく音の変化が激しいのがわたしの耳鳴りの特徴です。1日のうちで劇的に変化することもあります。

 そういう気がする、だけで、この音の変化は説明できません。(轟音の時は、気にしなければ気にならない、などというレベルではないからです) 
 この音量の変化をほかのひとに聞いてもらうことができないのが悔しいほど残念なわけです。聞いてもらえたら耳鼻科の先生に説明するのももっとラクだったろうに、と思うのですけど…。

 音のレベル変化は自分の意志とは関係ないところで起きています。
 天気の善し悪しにも関係なし、じぶんの体調にも関係ない、ということだけはわかってますが。過去には耳鳴りメモも付けていたので。
 どうしてそうなるのか(音量の変化があるのか)は謎のまま。
 どこかの偉い先生がそのわけを見つけ出してくれないものかな~。

 blogram投票ボタン

耳鳴りノオト

耳鳴りのプロ?

 耳鳴りを発症した当時、いろいろ調べると必ずと言っていいほど解説に書いてありました。
 「難聴と耳鳴りには密接な関係があって…」とか、そんなことが。
 耳鳴りを放っておくと、難聴も同時に進行するというような主旨だったかと。
 それが耳鳴りの“常識”?

 でもわたしは最初からそのことに対しては懐疑的でした。
 難聴になるかも、などという不安はまるで持っていなかったからです。いっさい。
 あったのは不安、ではなく、不快と不満。
 耳鳴りがうるさくて生活に支障をきたす、QOLがガタ落ち、精神的に落ち込む、という不快と不満。のみ。

 聴力低下をきたす、なんてことはみじんも、考えたことも感じたこともなかったです。
 これは耳鳴りを日ごろ感じながらつねに思っていた、じぶんなりの強い“勘”でしたけど。

 発症から十数年。はたして難聴になったか?

 答えはNo。耳の聞こえはいまでもまったく当時のままです。

 わたしだけでなく、耳鳴り持ちだけど無難聴というひとはいくらもいます。いまではそれをよく知っていますから。

 厳密に測ったら、機械で測定できないほどの難聴、というのはあるのかもしれないけれど。
 先の解説の“難聴”は、そういうレベルのことを言っているのではなかったと思います。

 “常識”は、いつもずっと正しいのか、よくわかりません。それは医学のことに関しても。

 慢性になった耳鳴りはもうほとんど脳の誤作動だとわたしは思っていますが、頭鳴りとか脳鳴りとか、そんなことはあるわけないという耳鼻科のドクターもいるようです。

 でも耳鳴りのメカニズムを知っていることと、実際の耳鳴りを知っていることとは、違うんじゃないか、とわたしには思えて仕方がありません。
 医学のことは知らないけれど、エラそうにそんなふうに思ってしまうのは、少なくとも耳鳴り歴十数年の立派な?“プロ”患者だから。です。

  blogram投票ボタン

 

耳鳴りノオト

幽霊ノイズ

「星と自転車」は耳鳴りブログとして作ったわけではありません。
でもいまだに耳鳴り持ちなので、このカテゴリーをなかなか中止できないのです。
(わたしとしては少し不本意です)
最近、耳鳴り記事ばかり書いていますが、またもやです。


耳鳴りが耳鼻科領域の病でなく、脳領域の病だとしたら、
耳鼻科へ行っても意味ないということじゃないんでしょうか…?
イギリスやアメリカのように耳鳴り専門クリニックがあったらいいのに
と思います。
(日本ではそういうクリニックは見たことないような…?)
とにかく日本では耳鳴りについての治療分野が遅れていると思うのですよね。(-.-)

youtubeにたまたまイギリスの耳鳴りクリニックのドクターの動画が出てきました。
覗いていたら、何度も「neurons fire」という言葉が使われるので、
も~ほんとに神経の炎上だよ~(~o~)と苦笑い。
普通の日本語らしく言えば「神経の興奮」なんでしょうけど。

f-MRIを使った治療をしているところも海外にはすでにあるようです。

ノイズだけを流している動画、けっこうヒットするのですね。
いままで検索したことなかったから、知らなかったな。

TCIにも、ホワイトノイズを入れてもらっているのですが、
youtubeで聞くほうがもっとラクに感じました。
(両耳で同時に聞けるから?)
ある動画の説明に、
「Tinnitus is the condition where a phantom noise is heard inside the head. 」
(耳鳴りとは頭のなかで実際には存在しない音が聞こえる状態のこと)
と書いてあり。
でも“phantom”には「幽霊」という意味もあるから、
まさに“幽霊ノイズ”だな、とまた苦笑いしました。(~o~)


  blogram投票ボタン

耳鳴りノオト

かなりのグッド・ニュースかも

 耳鼻科に行くたびにアンケートとして何枚も書かされた苦痛度チェックの用紙。
 初期にはかなりの「重症」レベルでした。
 いまはもう耳鼻科には通っていませんが、あらためて簡易版でチェックしてみると、点数的には多少は減ったものの、それでもまだ「中等度」レベル。
 わたしの耳鳴りの場合です。

 それなりに年季の入った耳鳴り持ちですから(今年で13年目に突入しそう)、いろんな耳鳴り持ちさんのケースを見てきました。

 90dBの耳鳴りがあるのに、全然平気、気にならないと言って、毎日精力的に趣味や運動をエンジョイしている、年配の男性のドキュメンタリーを見たことがあります。
  その一方で、静かなところや夜だけうるさく感じる、わたしにはかなり軽症と思える耳鳴りで、相当のストレスを感じ、眠れないという耳鳴り持ちの方もいらっしゃる。 

 大きな耳鳴りがしていても平気な人、比較的小さな耳鳴りにもひどいわずらわしさを感じてしまう人。
 その違いはいったいどこから来るのだろう。ずっと疑問でした。 

 でも最近になって、わたしのその疑問の答えになってくれそうなニュースをついに目にすることができました。

 「耳鳴りに関して原因となる特定の脳領域を特定した」とする研究発表があったことを知ったのです。
 和歌山医大の共同研究チームに寄るものです。
 耳鳴りは「聴覚とは直接関係がない、脳内領域と症状に関連性があることを突き止めた」というのです。 

 「耳鳴りの音量と苦痛度には関連がなく、苦痛度とウツ度には深いかかわりがある」とも。

 耳鳴りの音量と苦痛度には関連性がない…90dBの耳鳴りでも平気な人と、小さな耳鳴りでも苦痛度の高い人のケースがあるのも、だからなんだ。納得がいきました。

 「不安・痛み・記憶に関連する脳の各部位が正常でない」ことも明らかになってきたそうです。
 脳には、耳鳴りの音量に関係する部位と、苦痛度に関係する部位があって、それらの関連部位を電気刺激すると、耳鳴りの音量が変化することもわかってきたとか。
 なので、そこをうまくコントロールすれば、耳鳴りの苦痛度を下げることもできるかもしれないというのです。

 この研究が始められたのが3年ほど前ですから、まだまだ新しい研究です。もっと続けないとわからないこともあるでしょう。
 が、耳鳴りが、耳の病ではなく、脳が関係する病なのだということを具体的に測定できつつあるようになってきたのは、スゴイことではないでしょうか?

 和歌山医大、遠すぎるな~。(~o~) 近かったら被治験者になりたいくらいです…。

  blogram投票ボタン

耳鳴りノオト

2つの耳鳴りタイプ

 たとえば、普段は耳鳴りを意識を奪われることもなく、あらためて意識した段階で「あ、鳴ってるな」とわかる、そんなレベルになれば、“耳鳴りに慣れた”と言ってもいいのかもしれないですね。

 わたしの耳鳴りレベルはまだそこまでは行っていない。

 発症当初に比べたら、たしかに全体としては小さくなってきたのだろうとは思えるものの。いまでも耳鳴りの音の振り幅が大きい。(まれに消えたと思えるくらい、ほとんど音を感じないくらいの時もある代わりに、轟音レベルのこともあり、精神が振り回されるのです 苦笑)
 TCIのレベルも、TRT(耳鳴り訓練療法)を始めた当初はほとんどMAX状態だった。いまは1~2レベルといったところ。

 耳鳴りの鳴っている意識はいまでもほとんど常にあるし、何度も書いた気がするれど、耳鳴りの鳴っている状態には慣れたとは思えても、耳鳴りそのものに慣れたとは残念ながら思えない。

 これまでのいろいろな耳鳴り持ちの方たちの話を注意して見てきた結果、耳鳴りには大きく分けて2つのタイプがあるるような気がしている。
 お風呂に入るといくらかラクになるタイプと、真逆に、よけいにうるさくなるタイプと。
 わたしの場合は前者、入浴後はラクになるタイプ。そのときだけは耳鳴りを小さく感じることがある。と言っても、ラクな時間は数分にすぎないけれど。

 鳴り方は同じようなのに、なぜまったく正反対の2つのタイプになるのだろう。
 2つの違うタイプの耳鳴りは、始まりの原因も違っている、のだろうか?


  blogram投票ボタン

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。