星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんぽ・たび

芝ざくら公園(栃木県市貝町)

 オフだった昨日、天気も良かったので、不意にお出かけ。栃木県市貝町の芝ざくら公園へ行ってきました。
 
 芝桜というと、関東では、秩父の羊山公園が有名ですね。私もおととしには羊山公園へ行きました。(右写真 武甲山を背景にした羊山公園)

 一方、こちらの芝ざくら公園は今年オープンしたばかり。広さは2.2ヘクタール。面積としては、本州では最大級だそうです。

 できたてほやほやなので、まだまだかなという感じではありましたが、これから地面を埋めるほど苗が育っていけば、もっともっと見ごたえのある花畑になるのでは?と思います。

 羊山公園のほうが、起伏には富んでいて、変化があるように思えましたが、ここもひろびろとしていて、気持ちはよかったです。

 公園の場所は、市貝町というより、烏山町…ではなくて、最近合併したので那須烏山市(になるわけですが)との境に位置すると言った方がよさそう。益子から少し北へ行ったところ、と言えば、益子焼をご存知の方ならだいたいわかるでしょうか? F1レースなどでお馴染みのツインリンクもてぎ(茂木町)からもさほど遠くないところ、です。
 ただ、ここはクルマで来るしかないところで、とは言え、路線バスは通っていないので、足のない人には少々不便かと思われます。
 でも知っている人は知っていると見えて、やって来ているクルマのほとんどは栃木ナンバーでしたが、千葉や東京ナンバーもなかには見かけました。





スポンサーサイト

季節

ペチコート水仙

 バルボコディウムが咲きました。
 水仙の1種だけれど、よく見る水仙とは花のかたちがずいぶん違いますね。
 日本名はペチコート水仙、あるいは笛吹き水仙。なんとなくわかる名前です。

 ずいぶん前にはいくつか咲いていた記憶があるのですが、いつのまにか消えてしまったと思っていました。
 おととしあたりから自然復活?したのか、また咲き始め。なにしろ私がじぶんで球根を植えた覚えはまったくないので。

 花数が去年よりずっと増えました。

 これは原種の水仙でたぶん性質は強いと思われるので、増え始めるとどんどん増えてくれるかも?

 そうそう。ひとつだけしか出てこないの?!と思ったジャガイモの苗ですが。出てきました。あとからどんどん。育ってくれるのが楽しみです。

季節

りんごの花

 以前使っていた渋いピンク系のテンプレートには、「りんご通信」のタイトル部分に、画像処理ソフトで少々加工した、赤い実をつけたりんごの樹の写真を貼っていました。
 その写真を撮らせてもらったお宅で、りんごの花が咲き出したのを先日見かけ、これはさっそく花のほうも撮らせていただかないと、と思っているうちに日が過ぎてしまいました。

 最近天気が思わしくないことが多かったですし。
 きょうもおかしな天気でした。カミナリは鳴るし、雹混じりの大雨は降るし、それでも止んだらカラッと晴れて快晴の空。(私がオフの日に限ってこんな天気だわ 笑)

 桜と同じで、りんごの花も時期を逃すとちょうどいい具合のときに撮れませんね。
 撮ってはみたものの、これもいくらか盛りは過ぎてしまっているかも。最近強い風の吹く日も多かったせいか、あたりにはりんごの白い花びらがいっぱい散り落ちていました。
 
 りんごの花にカメラを向けていたら、ちょうど塀越しに、この家の方(ご年配のご主人)と偶然目が合って。脚立に乗って、りんごの隣りに植わった柿の樹の手入れをなさっていた模様。「良かったらこちらに入ってお撮りなさい」とお庭に入れてくださいました。恐縮です。^_^;

 りんご以外にもこのお宅ではいつも、キウィ、柿、かりん、夏みかん?、ゴーヤなどいろいろなものがたくさん実をつけているのを塀越しに見かけていたのですが、お庭に入らせていただいてさらにビックリしたのは、庭じゅう一面に並んだ棚の上の盆栽の列。それも半端な数ではなく。100鉢近く、いや、それ以上あったのでは?! 盆栽のことはよくわかりませんが、たぶん相当の樹齢を重ねたみごとなものがたくさん。こういうお庭だとは想像もしていなかった~。(*_*) あれだけたくさんの盆栽、お手入れも大変だろうなぁ。

 奥まった小さな庭にはツツジとボタンも咲き始めていました。そこがちょっとホッとした空間。


「謎の彗星見えるかな?」

 73P/シュヴァスマン・ヴァハマン第3彗星という彗星が5月に地球に近づいてきます。肉眼でも見えるかもしれないということで、大いに期待が高まっています。
 ちょうどゴールデン・ウィークのころが観測に適した時期なので、国立天文台でも「謎の彗星見えるかな?」キャンペーンと称して、彗星を見て観測結果を報告しようというイベントを行なうそうです。
 
 この彗星は、1930年5月2日に写真板上で発見されました。その後行方不明となったりしていましたが、1990年の接近で再び発見され、1995年の回帰の際には4個に分裂しているのが観測されました。
 いちばんしっかりしているのがC核と呼ばれるもので、それが3等星ぐらいの肉眼彗星となって見えるだろうと期待されているのです。
 地球に最も近づくのは、5月12日から13日にかけて。およそ1100万kmのところを通り過ぎていきます。(これは月までの距離の30倍程度の距離なので、相当のニアミス)
 ただ13日が満月のため、淡い天体である彗星は見えづらくなります。そのため、観測するには、それ以前のゴールデン・ウィークの頃が最適、というわけです。
 
 彗星がそれだけ近くに接近すると、流星群の出現もあるかもしれないという期待も湧いて来ます。5月23日0時ごろ、この彗星に関連する、うしかい座α(アルクトゥルス)流星群の出現が予想されています。こちらも要注意です。

季節

ジャガイモの苗

 ジャガイモの苗が育ってきました。こーんな感じです。
 でもなぁ~、7個の種芋を半分ずつに切って、14個。
 それだけ植えたのに、出てきた苗は…これだけ? 
 う~む。(ーー;)
 それともこれからまだ出てくるかなあ? 
 もう少し様子を見てみますか…。


 

季節

とある畑で

 これ、何の花かわかりますか?(もちろん一目見ただけでわかる人もいるでしょうけど)

 去年は撮れなかったので、今年こそ、と思って狙っていました。
 この畑を持っているおばさん(というか、おばあちゃん)は、毎年これを作っているみたいなので。小さな畑なんですが、ほかにもいろんな作物が植わってるんです。

 私は昨年ここでこれを発見し、これでまたひとつリコウになったな~と思ったのでしたが。

 正解はソラマメ。
 ソラマメって、ほかのマメ科の植物、たとえばインゲンやサヤエンドウのようななよなよっとした草じゃないんですね。この畑を通りかかってソラマメがなっているのを目にするまで、豆の草とはまるで思っていなかったのでした。それが私にとっては発見だったのです。

さんぽ・たび

ゆうぐれさんぽ

 午後は空気が遠くまで澄んで、春の空気じゃなくなったみたい。山もくっきり。筑波山がいつもよりずっと近くに見えた~。

 耳の調子もすこし良かったので、夕方ひさびさに散歩に出ました。いつもの散歩道にハナカイドウが咲いているかも、と思って。でも、花の時期はすこーし過ぎていたみたいです。(上の写真)
 シダレザクラも終わりかけ、ライラックにはまだちょっと早い、いまはそんな時期。

 公園は若葉の芽吹きの季節。さみどりの季節。陽の光に透ける緑のなかを歩いていると、爽やかなソーダ水のなかを散歩している気分。

 わかりにくいけれど、これも花です。
 何の樹の花かな? 
 コナラみたいな木肌の樹でしたけど?










 メタセコイヤの高さが気持ちいい~。
 こっちも背伸びしたくなる。















 道端の小花壇の芝桜。
 これも花盛り。











 べつの公園にて。
 ハナミズキがどんどん咲き出しているみたいです。











 勢いよく放水され始めた用水路と、早くも水を張られた田んぼ。まもなく田植えが始まります。





 

季節

なに雲?

 おかしな天気の日。朝は晴れていたのに、昼ごろから急に掻き曇って、雨が降り出したかと思ったら、カミナリまで鳴って。でも、すぐに止んで、また晴れてきて。

 そのカミナリを持ってきたのが、この雲じゃないかな。こういうのは何雲っていうんだろ?
 思わず撮ってしまいました。風に乗ってすぐに東のほうへ流れていっちゃったけれど。

 こんな雲を見つけただけでちょっとハイになったりしている私って…いつまでもガキンチョ?(笑)
 でも空や雲の変化を見ているのって、ほんとに面白いし、飽きないんだもの。
 このあたり、なんかコッペパンみたいに見えたし。







季節

チューリップ

 いちばん手前のは大好きな花色のチューリップ。実際はもっと色合いが微妙できれいなのですが。デジカメではその色が出ないなぁ。

 写真は見たままを撮る、っていうけれど、必ずしもそうではないですよね。
 
 それにしても、きのう病院の花壇で見たチューリップにはほんとに驚いた。これの3~4倍はあろうかという花の大きさだったもの。

 こちらは私のお気に入りの水仙、ピピット。ピピットは香り水仙です。
 この水仙はだんだん花びらの黄色の部分が濃くなっていって、芯の白の部分とのコントラストがはっきりしていきます。これはまだそうなる途中。

 花びらが白で、芯がピンク系の水仙もあります。(種類で言うと、アクセントとかピンク・パラソルとか、プロフェッサー・アインシュタインなどの水仙です)





季節

アネモネ

 花壇のアネモネが咲きました。色とりどりの球根を買ったはずなのに、なぜか咲いた花は赤白のコンビばかりです。(・・?
 でもアネモネは好きな花のひとつ。キンポウゲ科の花って、好きなもの多いですが。
 アネモネは、ギリシャ語で「風」を意味する言葉から来てるんですよね。

 ほかにもヒアシンス、水仙、チューリップなどが咲き出しています。


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。