星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本・音楽・映画など

かもめ食堂

かもめ食堂 かもめ食堂
小林聡美 (2006/09/27)
バップ
この商品の詳細を見る

 話題になっていたこの映画、やっと観ることができました。
 私は原作のほうを先に読んでいたので、そちらの印象のほうが強く、映画でのイメージやテンポ感はそれとはちょっと違ってたかな?という感想です。意外にさらっと流されていた「ガッチャマン」をめぐるエピソードなども、小説のほうがもうちょっと濃い目にコミカルでしたし。
 かもめ食堂の雰囲気とかも、想像とはすこーし違って。思っていたよりシンプル&スマート。でも北欧らしい清潔感のあるお店。
 「ムーミン」のなかのちょっとした“ヒミツ”に驚いたり、フィン語の「キートス」(ありがとう)という言葉がなんだか耳にとても心地よかったっていうのも、映画の収穫?

かもめ食堂 かもめ食堂
群 ようこ (2006/01)
幻冬舎
この商品の詳細を見る

 映画のほうを先に観てから原作を読んでいたら、どうだったかな?
 これは原作とはいっても、「映画のために書き下ろした」と書いてあったので、もしかしたら、小林聡美・片桐はいり・もたいまさこ、という3人の女優さんをあらかじめ想定して、書かれた小説なのかも、という気もします。それ以外に配役は浮かばないほどぴったりなので。

 登場人物たちの背景や心情は、小説のほうがより見えるようには思います。映画のなかではさほど触れられていなかった、それぞれがどうしてフィンランドに来ることになったかのいきさつも。
 いや、もしかすると、そういう説明をあえて避けたところが、映画の“粋”だったのかも、とも思えますけれども。

 ヘルシンキの町の光の感じとか、カラフルな市場、カフェの併設された静かな本屋さん、黄色のキノコの採れる森、両側が樹々でいっぱいの何気ない小路…などの映像は映画ならではですね。
 路面電車が走る街、ヘルシンキ。(路面電車の走る街、大好きなのです私は(^^♪) 自転車で走るのも似合いそう。
 ついつい気になって眺めてしまうのは、キッチンの小物とか、インテリア。そういうのが楽しめるのも映画ならでは。

 シナモンロール、美味しそうでした。真似して作って食べたくなったな。
 コピ・ルアック ― コーヒーを美味しく淹れるおまじない、あれってほんとに効くのかな。観ていると、なんだかコーヒー飲みたくなるから不思議だね。

 そしてサチエさんたちがにぎる、フツーな具のおにぎり。ツナマヨとか明太子とか照り焼きチキンとかではなくて、梅干し・鮭・おかかのフツーなおにぎり。
 (映画のなかでも、ミドリさんの提案でザリガニ・トナカイ・ニシンの具を試してみたりするのではありますが、結局…)
 あまりにも日常で、ありふれた食べ物のようなおにぎりが、なんだかとっても美味しそう。サチエさんの言うように、なんといっても、おにぎりは日本人の“ソウル・フード”だからでしょうか。
 彼女がじぶんのお店を、“レストラン”ではなく、“食堂”と名乗るこだわりにも、うなずける気がします。
 
 もう1度ゆっくり観たい映画です。シナモンロールとコーヒー、あるいはおにぎりにお茶をお供にね。 

 小林聡美さん主演と言えば、思い出すのが「すいか」です。(もたいさん・片桐さんもちょっぴり出演されてましたよね?) 普段TVドラマをめったに見ない私が、友人に教えてもらって珍しくハマッた作品。繰り返し何度でも観たくなるような作品って、そうはないと思うのですが、これはそんなドラマだったのです。
 描かれるのは淡々とした日常。とくに大きな事件が起こるわけでもない。でも、登場人物たちの何気ない会話の何かに、こころがフッと反応する。
 そういう雰囲気の、シチュエーションの物語が、私は好きということなのかもしれないな…。
 そして「かもめ食堂」にあのドラマと似たものを感じる、というひとは少ないのではないかな、と私は思うのですけれど…。
 
スポンサーサイト

本・音楽・映画など

プレアデス

Pleiades Pleiades
kirche (1999/06/20)
桜詩舎
この商品の詳細を見る

 ザバダックっぽいなぁ、というのが耳にした最初の感想。
 しばらく手に入れられない状態になっていて、再発売になって入手できるようになった盤のようです。

 ユニット構成といい、サウンドといい、似た感覚を感じます、上野洋子さんが在籍していたころのザバダックに。
 音楽的な要素の匂いも、ザバダックに似た面がありますし。
 さらに、ヴォーカルのみとせのりこさんの声の透明感は上野洋子さんとどこか通ずるものがありますし。

 彼女は過去にザバダックのアルバムにコーラスで参加していたこともあって、ザバダックとはまんざら関係がないひとでもなかったということも、最近知りました。 

ヨルオトヒョウホン ヨルオトヒョウホン
みとせのりこ (2005/03/06)
桜詩舎
この商品の詳細を見る

 みとせさんはソロでもアルバムも出しています。そのアルバムのなかでは、ザバダックの吉良知彦さん作曲の歌も2曲ほど歌っています。

 そのアルバム「ヨルオトヒョウホン」(夜音標本)中で意表をつくのは、「早春賦」と「Namarie」でしょうか。前者は、誰もがどこかで聴いたことはあるはずの、有名な日本歌曲。後者は「指輪物語」の曲。詞はトールキンによるものです。ケルトっぽいシンプルなサウンド、以前に書いたエリの「シャ・リオン」のような雰囲気もあるかも?)
 
 「プレアデス」に話を戻しましょう。

 キルシェは、みとせのりこさんと、井上俊彦さんのふたりユニット。(井上さんは作曲・編曲・ギターやプログラミングのほかに、レコーディングやミキシングもこなされるみたいで、なかなか多才な方なんですね。一方のみとせさんも、ヴォーカルと作詞のほかに、アート・ディレクションやデザインも担当)

 長い曲が多いです。11曲しかないのに、アルバムを通してかけると1時間以上にも及びます。その分、1曲1曲を堪能できますけれどもね。
 このアルバムタイトルが示すように、天体にまつわる、星や月にちなんだ曲が多いのも特徴でしょうか。

 短い序章のような1曲目「プレアデス」に続く、2曲目「千の夜の睛(ひとみ)」3曲目「セイリオス」…このへんの曲を聴くと、やっぱりかなりザバダックっぽいなぁ、と感じるのですが。
 デジタル・プログラミングと生楽器との融合サウンドがキルシェの魅力のひとつですね。みとせさんのコーラス、ほんとに一瞬上野洋子さんと間違えそう。
 (ちなみに、“セイリオス”とは、ギリシア語で「焼き焦がすもの」「光り輝くもの」という意味で、全天一明るい恒星シリウスの語源です。シリウスは冬に輝く孤高の星。それを踏まえて聴くと良さそうです)

 4曲目「五月はベリルの風をつれて」…これはサイクリング・ソングですね。サウンドはザバダックより遊佐未森さんふうですが。
 そういえば、キルシェのサポート・メンバーのなかには遊佐未森さんのコピーバンドをやっていたなどというひともいて。ほう、そうですか、という感じです。「類は友を呼ぶ」なので、“ちょっぴりシンクロニシティ”は、けっこうあちこちに転がっているものなのかもですね。
 “ベリル”という単語は、みとせさんのお気に入りなのかも。ほかの歌詞にも使われていますし。ベリルは緑柱石。レッドベリルなんていうのもありますが、基本的には碧翠の石ですね。たしかに新緑の5月っぽいです。
 
 ぎんいろのペダルふんで こぎだせば風になる 午後の奇蹟

 サイクリング・ハイ? あ~自転車に乗りたくなる(^^♪

 5曲目「Breeze」…これも風の歌。アコースティック・ギターの音が爽やか、かつ神秘的。螺旋の記憶を呼び覚ます、涼しさのある風。後半のフィドルはアイリッシュ・トラッド。
 6曲目「Mirage of Sands」…“砂漠の蜃気楼”ですね。サウンドも一転、中近東ふうな味つけ。中間部はメロディアスな旋律。

 7曲目「Swim ~水夢」…ザバダック、というよりは、上野洋子さんふう、という感じでしょうか。たゆたう水に護られて眠る。何を待って? 間奏の3拍子が効いている、と思うのですが。 
 8曲目「三日月の舟」…このアルバムには、水のイメージというのもかなり漂っている気がします。

 9曲目「ティル・ナ・ノグ」…タイトルからして、もろケルト。(“ティル・ナ・ノグ”というのは、ケルトの言葉ゲール語で「常若の国」というような意味です) サウンドもケルティック。ティン・ホイッスルが聴こえたりします。このあたりもちょっぴりザバダックっぽいかな。思わず黒ビールを酌み交わしながらダンスしたくなってしまうかも。

 10曲目「星によせて」…静かなギターで奏でられる1曲。
 11曲目「空の青 水の青」…最後はふたたびザバダックふう? 不思議系3拍子。コーラスがやっぱり上野洋子さんっぽいです。

本・音楽・映画など

蟲師

蟲師 其ノ壱 蟲師 其ノ壱
馬越嘉彦 (2006/01/25)
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
この商品の詳細を見る

 実写版映画が公開になるようですね。
 「AKIRA」の大友克洋氏が監督ということで、実写版も興味がないことはないのですが、私がまず観たいのはアニメ版。フジテレビ系で深夜に放送されているときは、放送を知ってはいたものの、観ることはできなかったので。
 
 ビデオ録画をしておけばよかったのでは?、と思うかもしれませんが。
 激しい耳鳴りが鳴っていると、そういう、しごく簡単なことに対する気力を湧かせることすらとても難しくなってしまうのです。耳鳴りのおかげで、ほんとに悔しいくらい、いろいろなことができなくなりました。
 話がそれましたけれども。

 やはりフジテレビ系で放映されていた「灰羽連盟」、そして「モンスター」、「攻降格機動隊殻機動隊」(こちらは日テレ系)などの深夜アニメも、それでおおかた涙を呑んでたのでしたから。
 それにしても、夜中に放送されてるアニメにはけっこういい作品があるな~(あったな~)と思います。

蟲師Official Book 蟲師Official Book
漆原 友紀 (2006/01/23)
講談社
この商品の詳細を見る

 ところで、「蟲師」です。
 じつをいうと、私はまだ原作のコミックを読んだことはなくて、オフィシャルブックを読んだのみなのですが。でもこのガイドブックが、なかなかのいい出来で。これを読んでいるだけでも「蟲師」の夢幻の世界に引き込まれてしまいます。製作スタッフ・インタビューなども載っていて、すべてのスタッフがこの作品に惜しみなく愛情を注いで作っているのだろうなと感じさせられました。
 とくに冒頭のほうにカラーで紹介されていたアニメ版の数ページがとても美しく、それだけでもう、いつかこの作品を観なければと思ってしまったわけです。(いまだに実行されていませんが)
 
 ところで、この作品も「月刊アフタヌーン」系の漫画だったということに、「ああやっぱり!」という思いが私にはあります。

 どうしてか、そうなのですねぇ。
 「アフタヌーン」という雑誌を買ったことは過去に1度もないのですけれど。というか、私は基本的にコミックは単行本でしか買わないので。
 例を挙げれば、芦奈野ひとしさんの「ヨコハマ買い出し紀行」とか、鬼頭莫宏さんの「ヴァンデミエールの翼」とか。私が惹かれたコミック単行本の出処をたどると、「アフタヌーン」誌掲載作品だった、ということがたびたびあったのでした。
 こういう偶然のつながりも、ちょっぴり不思議だなと思うのです。 

本・音楽・映画など

ハルモニオデオン

ハルモニオデオン ハルモニオデオン
遊佐未森 (2006/12/13)
Sony Music Direct
この商品の詳細を見る

 なんだろう、昨夜ふいに聴きたくなって、久しぶりにかけてしまいました。何年ぶり? しかも夜更けにもかかわらず一緒に歌ってしまったりなどして。(笑) 耳鳴りの調子も落ちついていたものだから。つい。
 (昨年暮れに、リマスタリング盤が出てたのですね。上記のAmason情報はそちらのアルバム)

 もちろんいまの彼女の曲たちも嫌いではないですが、初期の未森さんのアルバムはとりわけ好きだったものでした。そういえば、多くの曲を、彼女が“僕”という一人称で歌っていた頃のアルバムです。「瞳水晶」「空耳の丘」そして「ハルモニオデオン」。

 サウンドも(改めて聴いても、ドラムの響きなど、なんかいい、と感じるのです)、4オクターブの音域を巧みに生かして歌う、彼女の歌い方も。 
 ありきたりな言い方ですが、オリジナリティに溢れたアルバム、といま聴いても感じます。
 一緒に収められた、コンポーザー兼プロデューサー外間隆史さん作のミニ・ストーリーも楽しい。

 なかでも、どれか1枚、と言われたら、やっぱり「ハルモニオデオン」かな。 
 楽譜を持っていたのでキーボードでも良く弾いていました。「時の駅」とか「空色の帽子」とか「僕の森」とか、イントロから印象的なピアノの活躍する曲が多かったですし。

 そのころの未森さんの歌の世界観はかなりファンタジー色が濃い。まさに彼女だからこそ歌える世界観とも思えます。
 どの曲からも物語がひとつ生まれそう。

 たとえば、「ふたりの記憶 ~Man&Iron」のテーマは、有機体と無機体との交流、かな。
 かつては飛行気乗りの若者だった年老いた男と、飛行機の翼であり、そしてそのむかしは草むらを転がされる空き缶でもあった、彼の作ったロボット。
 どことなく稲垣足穂や、たむらしげるさんの世界なども彷彿とさせられ。

 歌詞のなかの“僕”と“君”は、かならずしも男の子と女の子ではないのでは?と思えます。
 たとえば、「時の駅」は、近未来のジョヴァンニとカムパネルラ、あるいは、長野まゆみさんの作品のなかの少年たちの物語、のようにも読めます。
 (このアルバム中の曲ではありませんが、「風の吹く丘」の“僕”と“君”。このふたりも、私は少年同士と解釈しています。そのほうが物語が拡がってみえるので) 

 「M氏の幸福」のM氏、一見孤独で変わり者にも見えていながら、でも彼は幸福なのですよね。きっと。

 ミュージカルの一場面のような「街角」。フレッド・アステアのステップも浮かんできそう。間奏の楽隊(バンド、にあらず)ふうの演奏も童話的な雰囲気があって。これは、街じゅうに“幸せ”の灯りをともす男の物語。

 このアルバムで多くの曲に詞を書いている工藤順子さんの歌詞にはよく“バス”が登場します。“クルマ”でも“電車”でもなく、“バス”。
 「山行きバス~道草ノススメ」。道草大好きな私としては、土曜日の晴れた午後にはバスに乗りたくなってしまいそうな1曲。

 聖歌隊のナンバーのようにも聴こえる、多重録音のア・カペラで歌われるタイトル曲「ハルモニオデオン」で、ラストは締めくくられます。(楽器とコーラスで構成されたヴァージョンの同曲も3曲目に収められています)

 アルバムうしろのクレジットを眺めるのもまた楽しい。
 佐橋佳幸さん(現在はギターデュオ山弦メンバー)がさりげなく?参加していたり、イントロのホルンの音色が印象的な「暮れてゆく空は」のストリングス・アレンジが、溝口肇さん(「世界の車窓から」などの音楽を担当)だったことに気づいたり、マスタリングされたのが信濃町のCBS/SONYスタジオらしく、ああ、たしか、ラランデ邸へのお散歩途中に通りかかったことがある、あのスタジオかな~?と思ったり。
 そういうなんてことない、ちょっとした発見もできて。

 これを聴いていた時期、母の看護などで個人的にはけっこう大変な思いをしていたりもしたのですが、このアルバムにはじつは当時ずいぶん助けられていたのかも、そんなことも思った1枚です。 

季節

アンズ開花

 庭のアンズが咲きました。3月中旬に咲いたというのは、おそらく、いままででいちばん早い記録。こんなに早く咲いた年は過去にはなかったです。

 アンズが咲いてから1週間後には桜(ソメイヨシノ)が(かならず)咲く、という図式が私の頭のなかにはあります。経験的にずっとそうだったので。
 このところ寒気が戻っているからどうかな? とも思いますが、でもたぶん、まもなく桜も咲いてしまうでしょう。例年より2週間ぐらい早いんじゃないかな。

 古めのポラロイド写真風に加工してみました。モドキなので、まぁ仕上がりはイマイチかなぁ。
 ポラロイド写真の独特の風合いとか色味が好きです。が、ポラロイドを持っていないので。(かつては持ってたのですが、壊れてしまったのです。ちなみに私が持っていたポラロイドは、写真が、正方形じゃなくて、長方形に現像されて出てくるものでした) 

 私がいま所有しているポラロイドは、ピンホール写真用のものだけ。それはまだじゅうぶんには使いこなせていないな。^^; フィルムがあんまり安くないので…。

 おっと、ここでヘンな言い訳をしてしまった。(苦笑)

 デジカメだけではなく、できればもっとオモチャなカメラでも遊んでみたいです。
 アナログな写真も大好き。

小物

桜キャンドル

 友人からの東京土産。先々週のランチの際にもらったものです。
 灯すと、桜の模様がゆらゆら揺れて、見つめているだけで落ち着きます。
 
 河津桜のような早咲きの桜なのだと思いますが、もう桜をあちこちで見ています。お散歩や病院の行き帰りなどに。 

 木蓮もすでに咲いているし、菜の花も満開。ヒュウガミズキ、黄梅、スノーフレーク、ムラサキハナナ、ヒヤシンス…今年はどの花も早いですね。やっぱり。

 耳鳴りがうっとうしくても、ひととの関係になんとなく傷つくことがあっても、春はやって来るのだな。
 春待つ心を楽しもう。素直に嬉しく春を待とう。

本・音楽・映画など

コモンリー・ユニーク

 音楽を聴くときは、耳鳴りが鳴っていないに越したことはないものよ。やっぱり意識のなかに耳鳴りのことなどないほうが、こころから音楽は楽しめるよ。

 そんなことを思ったのは、最近、ザ・リアル・グループの「コモンリー・ユニーク」を聴いたとき。
 耳鳴りの気になり方で、音楽への感じ方がまったく違って聴こえたので。
 
 安定感のある確かで完璧なコーラスワーク。アレンジなどとっても凝っていると思うのだけれど、でもけっして技巧をひけらかすようなコーラスじゃなくて。ホッと心安らげる、それでいて耳に小気味いいパフォーマンス。
 そんなヴォーカル・グループ、まさに名前のとおりの“リアル・グループ”。素敵な、おとなの、コーラス・バンドです。

コモンリー・ユニーク コモンリー・ユニーク
ザ・リアル・グループ (2006/10/11)
スパイス・オブ・ライフ
この商品の詳細を見る

さんぽ・たび

神保町さんぽ

 歯科クリニックの日。
 もう半年ほどこちらに通っていながら(といってもひと月に1度、あるいは数ヶ月に1度ほどなので通院回数はたかが知れていますけれども…) いままでしみじみ徘徊したことなかったなぁと思い、お膝元の神保町を歩いてみることに。

 まずは、さぼうるでランチ。古くからある、わりと有名な喫茶店。なので名前だけは知っていましたが、入るのは初めて。岩波ホールのすぐ近く。トーテムポールが目印の、薄暗い山小屋風のお店。ランプの灯りがいい感じでした。窓ごしにゼラニウムかな、椿かな、咲いているのが見えて。ちょうどお昼時だったのでとっても混んでおりました。

 ランチのあとは白山通りに出て、ぶらぶらと。ちょっとお目当てのお店があったので、お散歩しつつ探してみることに。
 路地裏にあって、かつこじんまりしたお店なのでわかりにくかったのですが、やっと見つけました。(家に帰ってからお店のサイトも見つけました)
 古い外国の絵本や、小物雑貨などがテーブルや棚いっぱいに並べられている可愛らしいお店。2階はカフェになっています。
 年代物の鍵とか紙袋、文庫本サイズの布製ブックカバー、古い外国の切手、クラフト作家さんの手作りピンブローチやネックレス、ミニチュアフクロウたち(これは非売品でした)…可愛いものが盛りだくさん。
 いちばん心惹かれたのは、「おまめ」というシリーズものの豆本かな。NHKの「ゆるナビ」のようなテイスト? 薄いブックレットですが、手作り小物とかお散歩の記事とか、ちっちゃなこだわりを感じる本でした。
 小さな天使やボタンの飾られた月のブレスレット、これにも心惹かれたけれど、結局きょうは見るだけ。また今度ね。 

 お店からさほど遠くないところには、カトリック神田教会も。デジカメがあれば良かったな。古びた静かな佇まいの石造りの教会でした。(ま、どんな建物かは、教会のサイトで見てくださいませ) 敷地内で花をつけていた樹、早咲きの桜? のように見えたのですが…。

 神保町界隈には、ほかにもいろいろ発見があって。おもしろく歩けました。筆屋さんを見つけたり。神保町に隣接した猿楽町の謂れとか。夏目漱石の通った小学校もこの界隈近くにあったらしいです。

 きょうは白山通りをほぼまっすぐ水道橋駅まで歩いてみましたが、御茶ノ水方面に向かったり、なんなら秋葉原のほうまで歩いてもいいなぁと思ったりもした散歩でした。また次回機会があったらそうしてみようと思います。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。