星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々雑記

香り

 春告げ鳥というと、普通はウグイスのことを指すのでしょう。でも私にとっては、アオジも春を告げてくれる鳥。
 まだウグイスの声は聞いていません。そのかわりアオジが群れて飛んできて、リリリと細い声でさえずっています。目立たない鳥なので、アオジたちに気づいているひとはあんがい少ないのかもしれない。市街地にもわりと普通にやって来るし、べつに珍しい鳥って訳じゃないのだけれど。

 庭の梅が満開です。ひと枝切って、玄関の花瓶に挿してみました。
 いい香り。でも、何かがちょっと違う。
 外で嗅いでいるときにはただ甘い匂いとしか感じなかったのに、より狭い室内の空間で嗅ぐと、梅の実の酸味に通じる“すっぱさ”のような感覚が、その香りのなかにもかすかに含まれていることに気がついたのです。新発見だな。

 ところで。
 香りの成分に、インドールというのがあります。
 じつは糞尿臭をもつとされる成分なのですが、これがうんと薄められると花のような香りになり、香水には欠かせない成分となるのです。すごく不思議。

 何が良いことで何が悪いことかなんてそう簡単には言えないってことが、じつはたくさんあるのかも、と思うのです。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。