星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車

ひまわりフェスティバル&筑波山

 例によって、自転車でポタリングした記録です。(走ったのは昨日)

 明野ひまわりフェスティバルが開催されているというので行ってみました。

himawari
 筑波山を背景に東京ドームほどの広さのひまわり畑が拡がっています。

himawari2
 ここのひまわりは多くが八重咲き。ゴッホの描いたひまわりみたい?
 ひまわりだけでなく、キバナコスモスもいっぱい。
 ジニア(百日草)もいっぱい。

sunflowers
 世界のひまわり展も開かれていて、いろいろな種類のひまわりが見られました。太陽、ボヘミアンラプソディ、サンダウン、テラコッタなどなど。

 向かいの宮山ふれあい公園では、まだ朝早いうちだったので模擬店の準備中。

abenoseimei
 明野は陰陽師・安倍晴明ゆかりの地。猫島というところで生まれたとされています。なので、展示館には晴明関連の展示もいろいろ。 
 漫画家・岡野玲子さんの晴明イラストもありました。
 茅の輪くぐりが陰陽道と関係のある行事だったことを初めて知りました。勉強になります。

 さて、ひまわり畑を後にして、筑波山方面へ向かうことに。

 むかし1度だけ行ったことのある薬王院へ行ってみようと思いました。

yakuohin 
 境内の説明書きによると、延暦元年(782年)最仙上人の開いた天台宗の寺院、ということです。三重塔があります。これは18世紀ごろ建てられたもののようです。仁王門も見ごたえがありました。
 ここは椎尾という地区ですが、その名の通り、寺の周囲には樹齢500年とも言われる椎の樹がたくさん生い茂っています。

michishirube
 この辺は関東ふれあいの道のコースにもなっています。 駐車場には椎の実がたくさん落ちていました。クヌギの実も。
 御幸ヶ原というのは、ケーブルカーの発着所や回転展望台のある、筑波山山頂のことです。(地図上での筑波山の標高877mというのはここではなく、女体山山頂の標高です)
 酒寄駅は、もとの筑波鉄道の駅で、いまは存在していません。廃線になった鉄道は、いまは、つくばりんりんロードというサイクリングロードになっています。

tsukushiko
 麓まで降りると、つくし湖です。ここは霞ヶ浦用水事業の人工湖。
 そのほとりにある、土日・祝日だけ営業している、つくし亭で手打ちそばを食べました。隣りのおみやげ物売り場で、手造り柚子マーマレードと、途中のおやつと思って生姜棒を買いました。(でもあとで袋の裏を見たら、生姜棒は大子町の製造でした ^^;)

 りんりんロードをすこし走り、筑波休憩所に。
 そういえば、ロープウェイの駅のあるつつじヶ丘のほうには1度も行ったことがなかったなぁと思い、ちょっと行ってみようかなと。べつに坂好きなわけでもないのに、なんでそういうことを思いつくかなと半ば自分にあきれつつ。(~_~メ) ←自転車では、ということで、歩きでだったら、坂はべつに苦ではありません。

kaeru
 筑波神社へ行く分岐点の御土産物屋さんの店先で白桃ソフトを食べました。そのお店の前にある電話ボックスと大鳥居。

 しかしきょうの陽射しはとても強くて、太陽はかんかん照り。
 結局、風返峠までは上りましたが、あまりの暑さに、それ以上上る気がなくなりました。(苦笑) それにカメラもバッテリー切れ。上に行っても写真も撮れそうにないし。というわけで、つつじヶ丘まで行くのは断念。またの機会に。

 ダウンヒルは気持ちよかったですが。あっという間にもとの筑波休憩所に。

 それでも、まだ帰宅するには太陽が高い。せっかくここまで来たのだから、いっそのことつくばセンターまで行ってみようか、などという気になって。

 事前には知らなかったのですが、つくばではお祭りイベントが開催中でした。エキスポセンターへ向かう通りは、普段は静かなところですが、たくさんの人でごった返していました。フリーマーケットが開かれていたようです。生バンドの演奏なども。

 途中のコンビニで買った、冷凍フルーツの乗った、カップの練乳アイスを食べつつ、池の前のベンチでしばし休憩。
 夕暮れのなか、帰途につきました。

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

未分類

夕暮れのグリムス

グリムス4
 グリムスのなかの時計は、現実の時計と連動しているのですね。
 日暮れ時にキャプチャーしたので、夕暮れのグリムス画像になりました。
 発芽からきょうで51日め。葉っぱが6枚に増えております。
 なにか動物の出るキーワードもあるらしいのですが…。








nonaカフェ

水切りヨーグルトとバナナのキャラメルソースがけ

水切りヨーグルトキャラメルソースがけ
 きょう作った簡単デザート。
 キッチンペーパーを敷いたザルにヨーグルトをあけて一晩置いておくと、クリームチーズのような味わいに。
 輪切りにしたバナナを添えて、あらかじめ作っておいたキャラメルソースをかけて出来上がり♪

 ★キャラメルソースの作り方
 
 1. 砂糖250gと水大さじ2を小鍋に入れて中火にかけます。かき混ぜたりせずに、しばらくそのままで。
 2. 砂糖が茶色に色づいてきたら、少し鍋をゆすって、色を均等に色づかせます。
 3. 濃いめの茶色になったら火をとめます。
 4. 熱湯130mlを少しずつ加えます。あくまでも少しずつ。でないと、熱いソースが飛び跳ねて、やけどするので。
 5. そのまま冷ましてできあがり。

 瓶に入れておけばソースは保存がききます。バターソテーしたリンゴにかけたり、アイスクリームにかけたりしてもおいしいです☆

季節

処暑

 昨夜、今年初めて秋刀魚を食べました。擂ったダイコンを添えて。
 
 それにしても、鮮魚コーナーにかかっていた垂れ幕。“新物生さんま入荷しました”。何度目にしても、「新生物」って読んでしまう。^^;

 まだ8月というのに、野菜コーナーではサツマイモやサトイモが幅広く並べられ始めたし、果物コーナーには葡萄にナシにみかんにいちぢく。店頭はもう秋の装い?

 このところ、庭では夜鳴く虫の声が急に大きくなりました。エンマコオロギのようにはかなげにかそけく鳴くのではなくて、金属的な…コイツは例のアオマツムシか…? 

 以前だったら、処暑が来ると、昼間は真夏の暑さでも、夜はすぅっと扇風機要らずに涼しくなったものですが。最近はちょっと違う気がします。

 きょうは、新たな芝刈り機を導入し、1ヵ月半ぶりに芝を刈りました。(芝伸びすぎちゃった~)
 すると、コオロギがあっちからもこっちからも飛び出してきて。なんだ、コオロギ、ちゃんといるじゃない。アオマツムシじゃなく。でも芝刈ったおかげで隠れ家奪っちゃったかな。

 ところで、芝刈り機をしばらく動かしていたら、また火を噴いたのには…。(@_@。 買ったばかりなのに壊れた?!と思ったら、さいわい機械には異常なし。ただし、延長コードがショートして、ぷっつり分断されておりました。(-.-)
 いったいどうしてこうなる?! 負荷のかかる操作してるつもりはないのに~?! なんだか芝刈り機使うのが怖くなっちゃったなぁ。

さんぽ・たび

7年前のさんぽ日記

 パソコンのなかにある、あまりにも未整理の古いファイルをひっくり返していたら、むかしのおさんぽ日記が出てきました。
 ブログ以前の、ウェブ日記に載せていたものです。普段の日記とはべつに、おさんぽの記録だけをしるした日記でした。
 日付は、2002年11月27日、となっています。

 日光網膜症になりそうなほど西ばかり向いて歩いていました。
 昨日に続いて晴れてよい天気。
 夜、星を見るのにはこんな日が最高。だけどある程度雲が湧いていたほうが夕焼けの写真を撮るのにはいいのにな、などと思いつつ歩いていました。現金なものです。

 犬を散歩させている人とよくすれちがいます。
 そう、犬がいるというのは散歩の口実としては最適です。そうなると、独りでただわけもなく歩いているのがなんとなく奇異に感じてしまうのは、おかしなものです。

 同じ道を行くのは能がないので、昨日とは違う南のルートを開拓。昨日の道よりさらに広々しています。
 面白い造りの住宅を発見。『僕の叔父さん』というフランス映画の、“叔父さん”のアパートを思い出したりしました。

 ランナーズ・ハイという言葉がありますが、それにならえばウォーカーズ・ハイですね。歩いているとそれだけでハイになれる。脳内活性化物質が放出されているに違いないなぁ、と思います。一銭もかからないでハッピーになれるなら、こんないいことはないね~。

 それにしても、毛糸のコートやフリースのズボンのすそにいつの間にやら、草の種がびっしり!帰ってくると、どこでこんなに?!と思うほどくっついています。ブラッドベリの『使者』という短編の犬みたいです。ちょっと払ったくらいではなかなか取れません。
 植物の静かでしたたかな戦略にも舌を巻いてしまう散歩なのでした。


 ふ~ん、こんなこと書いてたのか。(笑) わたしらしいと言えば、わたしらしい、かも? 
 この日のことは覚えています。読んだら思い出しました。とても天気の良い、晴れた夕方のお散歩でした。

 それ以前から、散歩はしてはいたのですが、2002年…たぶん、このころから、わたしは意識して習慣的におさんぽをするようになったのでした。それがいまも続いているんだな、と思うと、ちょっと感慨にふけったりもしてしまうのであります。

小物

ハイテクゴマ

ハイテクゴマ1
 昨日の戦利品?のひとつです。(またガラクタが増えたね、と笑われる? ヒヒ)

 内部にボタン電池を入れて、軸を右にひねると、硬い台の上でなら2~3時間(柔らかい台だと1時間ぐらい?)廻り続けるという独楽です。
 廻りながら、発光ダイオード(LED)が七色に変化します。





ハイテクゴマ2
 色の変わり目もきれいです。写真ではあまりきれいに撮れませんが。

 1度廻すと、安定して廻り続けます。ほとんどぶれたりもしません。どういうしくみになっているんだろう?
 
 1個で廻していてもそれなりにきれいですが、ちょっと寂しい?^^;
 2つ廻して、喧嘩ゴマにしたら、もうちょっと楽しめるかも。

 ただお値段がね…。わたしは同時に2つは買えなかったです。(ためらわず買える方もいらっしゃるでしょうが) それはまた次回、ということで。

さんぽ・たび

根津さんぽ

 私用で東京・神保町へ。11時で用は済み、あとは帰宅してもよかったのですが。(笑) せっかく東京まで出て来て、それではあまりにも…なので、あとはお散歩でもして過ごそうと思い、ではどこへ?と考えた結果、上野に行ってみることにしました。

 なぜ上野が浮かんだかというと、夏期だけ限定の和カフェ、蓮見茶屋が不忍池そばにオープンしているはずだったから。

 上野はいやというほど(でもないか^^;)お馴染みの街ではあるのですけれど。
 上野近辺の谷中・根津・千駄木あたりを称して“谷根千”(やねせん)と呼びますが、今回はちょっと根津神社の界隈をお散歩してみようという目論見もあって。よく知っているところなのに、意外といままで歩いたことがなかったからです。

 で、神保町から地下鉄・半蔵門線で錦糸町へ。JR線に乗り換えて、錦糸町から秋葉原へ。秋葉原から上野へ、と思ったのですが、隣りの御徒町駅に来たとき、あ、そうだ、久しぶりだからあそこへ寄ってみよう、とふと思い、途中下車。
 (乗り降り自由のフリー切符を持っているので、こういうことが可能です)

 あそことは、科学のお店サイボックス。理科道具や科学オモチャ、実験セットなどを扱っているお店です。

 前に1度行ったことがあるだけだったので、場所はうろ覚え。それでちょっとうろうろしてしまいましたが。(おかげで天体望遠鏡&双眼鏡の店や、自転車の店を発見。ペールグリーンのビアンキのロードバイク、良かったなぁ♪)

 街角のおいもやさんと郵便局を目にしたとたん、ピピッとシナプスが繋がって(^^)、やっとお店にたどり着くことが出来ました。
 
 前になかったようなものも置いてあるなぁ。目にするものがみんな興味惹かれるものばかりで。目移りしちゃう。ここでしばし物色です。
 モルフォチョウの標本いいなぁ、だの、心臓の血管や人体模型のTシャツはあんまり着る勇気ないけど、元素周期表のTシャツはちょっと着てみたい…だの、思ったりしつつ。

 さて、サイボックスでの物色も済み、食事も済ませ(カムカムのジュースというのをサービスでいただきました。カムカムはアマゾン流域原産のフルーツでビタミンCが豊富なんだそう。ちょっとアセロラに似てる?)、いよいよ不忍池へ。

 池のほとりにある下町風俗資料館。これまでにも何度も通りかかっているのですが、まだ入ったことがなかったので、これを機会にと思いきや、きょうは休館日。
 月曜だからだね。残念。

 資料館を通り過ぎて歩いて行ったのですが、蓮見茶屋が見つからず。あれ?もしや今年はやっていないのかな?
 諦めのいい?わたしは、それなら先へ急ごうと、公園の池之端門から不忍通りに。
 
 そのまま道なりに行けばいいのだけれど、なぜだか足が言問通りを曲がって弥生坂のほうへ。(笑)
 東京大学(工学部?)の塀に沿って歩いていると、こんな碑が。

yayoishikidoki
 弥生式土器発見の地はここだったんですね。(このあたりの住所は弥生町)

 横断歩道を渡ると、東大農学部の敷地。塀越しに覗いてみると、ブルーベリーがたわわに実ってる♪ おいしそ~。桑の木もある。お蚕さんを飼っているとか?

satohachiro
 根津に向かうべく路地から路地へ歩いているうちに遭遇したのがこちら。
 サトウハチロー旧居跡。「ちいさい秋みつけた」の歌に出てくるハゼの樹もこのあたりにあったらしい。

saka
 そしてこんな坂道にも出くわします。さすが坂の多い文京区。
 赤く塗られた道は写真ではそれほどの勾配に見えないかもしれませんが、実際は隣りの坂と同じくらいの傾斜があります。

 木造の教会(根津教会)があるかと思えば、ひそやかな細道にお洒落な何かの工房があり。モダンなマンションがあるかと思えば、昭和初期のような古い家屋がひょっと出現し。

sentou
 年代モノの、こんな銭湯の煙突にも出くわし。(山の湯という銭湯) なんというか、懐かしい匂いが漂っています。薪のお風呂のような? 
 あたりには染物屋さんあり、お向かいは表具屋さん。かと思えばお洒落なアロマテラピーのお店があったり、一見店とはわからない、月夜と眼鏡という名のお店(小川未明の世界か?)、猫好き歓迎のこじんまりしたカフェ。

 なんだかワクワクするような場所が次から次へと立ち現れてきて、わたしを楽しく惑わします。この界隈の雰囲気、好きかも。歩いててほんとに楽しいところです。

nezujinja
 根津神社にたどり着きました。大きな神社です。
 楼門と本殿の漆を塗りなおすとかで、工事の足場が組まれていました。

otomeinari
 隣りの乙女稲荷。
 「千と千尋」か、はたまた「電脳コイル」か?! 奉納された朱塗の鳥居の列また列。

 しばし境内をお散歩。ところで夏目漱石が座ったという石はどれだったのかな?

gongenzaka
 根津神社の隣りには、こういう急坂も。
 たぶん以前にこの坂は自転車で下ったことが。道標には「権現坂・S坂」。
 東京ではこの手の坂には事欠きませんね。

 さて、根津の路地散歩を満喫したので、上野公園に戻ります。

hikousen
 不忍池上空に飛行船発見。東京に来るたび、飛行船に出遭うね♪ 
 「耳をすませば」で、雫が飛行船を見て「きょうはいいことありそう」と言うシーンがありました。わたしもまったくおんなじ気持ちになります。飛行船大好き。いくつになっても、子どもだね。(^^)

 と、そこで、今年はやっていないのかもと思った蓮見茶屋に遭遇。わたしが場所を勘違いしていただけだったのでした。

hasumijaya2
 店内の様子です。(午後4時までは和カフェで、夜の部は飲みものとお弁当の店に変わります)

hasumijaya1
 前回は抹茶と和菓子のセットをオーダーしましたが、今回は蓮見パフェにしてみました。
 ハスの葉と花で埋め尽くされた不忍池を見ながら、しばし休息。いっぱいに開いた窓から気持ちのいい風が入ってきます。

 あぁ、きょうもいい散歩ができた☆ ほぼ10キロ(19807歩)のお散歩でした。

自転車

わたしと自転車

 昨年は初盆だったので、精神的にどこかバタバタしてました。初盆が済むまではまるっきり落ち着かなかったです。(組内で同時に7軒初盆だったりしました)

 今年は静かなお盆でした。

 自転車であちこち出かける余裕?もできましたし。

 というか、この1~2年、わたしを精神的に支えてくれたのが自転車だった気がします。身辺の慌しさ、持病の耳鳴りがあっても、なんとかわたしがこうしてやって来られたのは、自転車があったからだ、と、大げさでなく思うのです。

 走っているときは、風の心地よさに身を任せていられる。空の広さや青さだけに酔っていられる。そして無になっていられます。いや、実際は、頭のなかで、いろいろな考えごとが巡っているとしても、です。

 そういう時間を、自転車がくれたことで、わたしはなんとか精神的にヘコミ過ぎずにここまで来られたような気がします。
 
 自転車は、ただの遊び道具なんかじゃなくて、わたしにはもっと“精神的にだいじなもの”なのかもしれません。
 むかしから自転車は好きでしたが、いまは好き以上のものになっている、と感じています。

blogram投票ボタン

 

自転車

夏の朝自転車で走るならこの時間帯☆

 5時半に目がさめたので、6時前、走り出しました。
 空は快晴。いままでの梅雨空まみれの夏をここで取り戻すかのような、ほとんど雲ひとつない上天気! こんな日に走らないなんて、まことにもったいない。

 早朝だし、週末だし、国道もクルマはほとんどおらず、快適♪
 風が気持ちいい~。空気も爽やか。そんなに汗もかきません。
 
 しかしみなさん早起きですね。犬のお散歩、ジョギング、ウォーキングの方がけっこうおられました。
 サイクリングロードで出遭った自転車は、クロスバイク1、マウンテンバイク1、ロード6、小径車1でした。やっぱりロードに乗ってる方が多いんですかねぇ。みなさん走りながら会釈したり挨拶したりしてくれました。

 きょうも仕事日なのが悔しいなぁ。こんなにいいお天気なのだから、お休みだったら、ぜったい1日走りに行ってましたね。

 しかし、夏の時期に走るなら、やっぱりこの時間帯だとつくづく思いました。
 明日も早起きして、走ろうかな!

blogram投票ボタン

さんぽ・たび

地図

 地図を見るのが好きです。
 
 散歩や自転車で出かけるときはほとんど地図は持たないのですが。荷物はなるべく少ないほうがいいので。(予習で地図を頭に入れて行くだけ) 現地で迷うかもしれないけれど、迷ったときは迷ったとき。それも楽しみのうち。
 いまはナビとか便利なものもあるけれど、そういうものには敢えて頼らない。そういうものに頼りすぎないほうが、おさんぽは面白くなる。

 以前は、出かけるときはいつも、国土地理院の2万5千分の1の地図を必ず持っていました。それでずいぶん地図の見方も出来るようになりました。(それでもときどき方向音痴だけどね ^^;)

 地図を眺めるのは、家にいるときの楽しみです。お、こんなところにこんな施設が?!という驚きや、行ってみたかった場所がこんなところに、という発見も。

 つい最近も、青山霊園に忠犬ハチ公のお墓を見つけました。
 世田谷には暗渠になった川が多い(たいてい緑道になっている)、なんてことにも気がつくのですな。

 ここはどんな道だろう? 坂道だな、きっと。どんな風景が見えるのかな?

 いろいろ想像して楽しみます。のちに実際の場所を歩いてみると、想像通りだったり、違ったり。想像通りでも違っても、どっちでもいい。どっちにしても楽しめます。

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。