星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんぽ・たび

富士五湖周遊

 昨日、富士五湖をめぐるバス旅に行ってきました。
 山中湖や河口湖には行ったことがあっても、精進湖や本栖湖といったマイナー?な湖には行ったことがなかったので、こういう旅も面白いかもと思いました。しかも、山梨側から静岡側までぐるっとめぐって、富士山を違った角度から見られるというのも魅力でした。

 今回の旅にはバスガイドさんが付いていて、都内を走っているあいだ、とてもハイスピードな説明が聞けました。お客さんたちは右を見たり左を見たりめまぐるしく頭を廻してました。(笑)というのも、都内には見どころポイントが多いというのもさることながら、土曜日にもかかわらず首都高がまるで渋滞していなかったからです。あ~忙しかった。^^;

 み~ぎに見える競馬場~ ひ~だり~はビール工場~ 
 中央フリーウェイを通って一路山梨へ。何度も通っている中央高速ですが、深大寺がすぐこの高速沿いにあったことなど、ガイドさんのおかげで初めて知ったことがいくつもあって、いろいろ面白かったです。

 都内を通過している頃にもすでに富士山は見えていました。が、空は一面の曇り模様。、え、1日こんな天気のまま?と思っていたのでしたが。山梨県に入るころにはすっかり快晴の空に戻っていました。

 1年365日のなかで、富士山がきれいに見える日というのは意外に少なく、3分の1ほどの日数に限られるそうです。しかも、どこにも雲がかかったりせず裾野まできれいに見える富士山を見られるのはとても珍しいこと、とガイドさんも添乗員さんも口をそろえて言っていました。
 高速からもすでに裾野まできれいな富士山の姿がくっきりと見えていて、この日はホントにラッキー・デーだったらしいです。

 やがて山中湖に到着。

fujisan1.jpg
 ここは筑波山より標高の高いあたりですが、風は少しあったものの、思ったほど寒くはなかったです。うっすらとところどころ氷の張った湖面にはワカサギ釣りの舟が出ていました。

yadorigi.jpg
 周囲の樹々にはヤドリギがいっぱい。このあたりにはレンジャクがたくさん棲んでいるのかも。
 ときどき、大きな雷鳴のような音が。自衛隊の富士山演習場から響く爆音なのでした。

 次に向かったのは河口湖。以前、夏のラベンダーまつりのときに、湖岸をお散歩したことがありますが、そのとき歩いたのはおもに河口湖大橋を渡った対岸でした。そちら側からだと、湖に映る富士山を見ることができるのでしたが。
fujisan2.jpg

kawaguchiko.jpg
 河口湖畔。

kitaharamuseum.jpg
 「なんでも鑑定団」でおなじみの北原照久さんのミュージアムはこの近くに。時間が許せば見学もしたかったけれど。このポスターの右隅に、たぶんあるだろうなと思っていたクシー君を見つけて、ちょっと感慨にふけっていたわたしのことはおそらく誰も知らないでしょうね。

 ふたたびバスに乗車。車中でお弁当を食べ、左手に西湖と青木ヶ原樹海を眺めつつ、その近くの野鳥の森公園で開かれている樹氷まつり会場へ。
fujisan3.jpg
wadaiko.jpg
 1月30日から開催ということで、始まったばかりの催しなのでしたが、あいにくの暖かさのせいか、肝心の氷の彫像はみんな半分解けてしまっていました。でも、ここからの富士山もきれいでした。

 市場にはまったく出回らない、年に1度ここでしか食べられないというヒメマスの塩焼きにはちょっと心惹かれました。
 和太鼓コンクールで最優秀賞をとったという中学生たちの演奏も披露されていました。

 次に向かったのは精進湖。富士五湖のなかでいちばん小さな湖。たぶん夏でもしずかな場所ではないかなと思わせられるところでした。
fujisan4.jpg
 ここから眺める富士山は、前方にある大室山を抱いているように見えることから、“子抱き富士”とも言われるそうです。

motosuko.jpg
 最後に、本栖湖。ここも静かな湖です。湖の後ろを振り返ると、富士山が見えます。
 湖の周辺はなんだかゴロゴロした土で、歩きにくかったなぁ。
 旧五千円札(一葉さんではなく、新渡戸稲造さんの)の富士山はこの対岸から撮られたものらしいです。

 西湖、本栖湖、精進湖はむかしはひとつの大きな湖だったものが、噴火による溶岩流で3つに分かれてしまったのだそう。でもいまでも地下では水脈が繋がっているとか。

 富士山の西の麓をぐるりと回り、静岡県境を越え、朝霧高原へ。車窓からパラグライダーで飛んでいる人を見かけました。牧場やキャンプ場も多いこの高原を抜ける道は、裾野まで見える雄大な富士山を眺められて、クルマのドライブにも自転車のファーストランにも、どちらにも気持ちがよさそうです。

 午後の陽射しと車内の暖房のせいでついつい眠気に襲われて、気がついたころにはバスは東名高速に入るところでした。
 そこからも都内に入るまではまったく渋滞はなし。首都高に乗ってすこしだけ渋滞したものの、そんなに大したことはなく。今回は予定時間よりずっと早めに帰宅できました。

 おまけ画像。
skytree.jpg
 東京タワーのあとを引き継ぐ、建設中の夕ぐれの東京スカイツリーです。
 車窓から撮ったので、写りはどうかな?って感じですが。いましか撮れない写真かなということで。


blogram投票ボタン

 

スポンサーサイト

自転車

日本がいちばん寒かった日

 りんりんロードを走って以後、少々咽喉の具合が咳っぽくて。寒いし、ここしばらくは冬眠かな~と思っていたのですが、きょうはしばらくぶりに乗ってしまいました。クロスバイクで隣町の某大型スーパーまでお買い物。

 以前そこで買ったフリースのプルオーバーと、化繊のスパッツが、安かった割にはとっても暖かくて。とくにスパッツは、ほかに何もはかなくてもそれだけで風も通さず、寒くならない優れものでした☆
 で、それをまた買い足したいなと思ったわけです。

 ところが。ありゃりゃ?! 売り場の陳列はもうすっかり春なのでした~。^^; 

 ここで帰ったら、ただの無駄足みたいだったので、ふと思い出して、以前からちょっぴりマーク?していた自転車ショップに行ってみることに。

 そこでディグリーザーと潤滑スプレーを購入。ついでに自転車にボトルゲージをつけてもらって。調子の悪かったブレーキを見てもらうと、ワイヤーが途中で折れているということで(これまた、ありゃりゃ^^;)、交換ということに。

 オーナーさんもとても親切で、メンテの仕方もしっかり教えていただき、得した気分で帰路につきました。


 さて、話はまったく飛びますが。
 明治35年(1902年)の1月25日は、北海道の旭川で“氷点下41℃”という気温を観測した日だそうです。今朝のラジオで聞きました。これは富士山山頂で記録されたいちばん寒い気温よりさらに3℃も低い気温とか。
 いったいどんな寒さだったのか。想像もつきません。体験したいとも思わないですけど。(~_~)

blogram投票ボタン

 

本・音楽・映画など

BSで大貫妙子ライブ

大貫妙子コンサート 寒さのため、パソコン部屋に入るのもなかなか億劫で、1週間もご無沙汰でした。

 夕べBS-2で大貫さんのJCBホールでのアコースティックライブの放送があり、珍しく深夜まで起きて1時間半たっぷりと見入っていました。

 幕開けは「Monochrome & Colors」。なかなか渋いjazzyな曲からの始まり♪ 
 楽器編成は、ギターやドラムに弦が入ったりしているのが、ならでは、です。
 そういえば。ピアノのフェビアン・レザ・パネさん。大貫さんのアルバムにはもちろんですが、教育TVのフランス語講座にもチラッと出演されてたことがありませんでしたっけ?

 アコースティックライブはもう22年間も続けてきたそうです。(こんなに長く続くとは、と大貫さんご本人も言っていましたが)
 きっかけは、クラシック専門のホールとして知られるサントリーホールでのコンサートを依頼されてしたライブだったとか。

 余談。わたしも1度だけサントリーホールに行ったことがありましたねぇ。たしか妹の合唱コンサートのときに。(第九だったかな?) いまのところ、後にも先にもサントリーホールへ足を踏み入れたのはそのときだけですが。(笑) 音の響きかたがほかのホールとは段違いな心地よさだったことを、ふと思い出しもしました。

 あいだに挟まれたお客さんへのインタビュー映像のなかには、高校時代から聴いてきたというカップルや、毎年楽しみにして来ているのという女性の方も。
 思い返してみると、アコースティックライブではないのですが、わたしも大貫さんのコンサートには過去3回ほど行ってます。ひとりのアーティストのコンサートに3回、というのはわたしにしては多いほうですが。
 数年前に洗足学園の学園祭に行ったときのゲストが大貫さんで。あのときはとってもいい席で、思いのほか演奏時間も長くて。たっぷり聴けて嬉しかったのでした☆

 「黒のクレール」や「夏に恋する女たち」のような懐かしい曲も新アレンジで。
 わたしの記憶違いでなければ、「黒のクレール」は、「海辺のポーリーヌ」という映画に触発されて書いた曲、といつか大貫さんがラジオで言っていたような?(そう言えば、「海辺のポーリーヌ」のエリック・ロメール監督はつい最近お亡くなりになったのでしたねぇ…)

 画面にはときどき客席の表情も映っていました。少々高めな年齢層?(笑 とはいえ、なかには、小学生?と思しきお客さんもいて)ですが、お客さんの表情がみなとても良い感じ。どこか遠い目で。(^^)
 大貫さんのコンサートに行ったときは、わたしもあんな表情で聴いてたのかも。

 メロディやコード進行に独自のものがあって、ときには歌うのが難しいという声も聞く大貫さんの楽曲ですが、声域や声質が似ている(と自分で思っていて)大貫さんの歌はむかしからなんとなく歌いやすかった。
 もちろんキーボードで弾いたりも。「ピーターラビット」や「色彩都市」や。
 ん~、懐かしいね。

 時代に媚びない音楽、時を経ても古びない音楽がある、と思います。大貫さんの曲の数々はそんな音楽のひとつだとあらためて感じました。

 
blogram投票ボタン


自転車

りんりんロードほぼ往復

 昨日、朝とても冷え込んでいて、家の喋るエアコンにまたもや「-2℃」とか言われたんですけど。1週間も乗っていなかったので、なんとなく身体がうずいて。

 土浦までりんりんロードを走りました。
 行きは2時間で行ったのに、ほぼ同じルートを帰りはなぜか3時間半。
 北西の風が強かったんです。すっかり阻まれてしまいました。
 ギアを3段も軽くしてたのに、ペダルが全然軽くない…。
 おまけに、お昼をちょっと食べ損なって、いくらかハンガーノック状態に。
 その脇をロードバイクの男の方たちがスーーーッと抜けて、みるみる先へ遠ざかる。あ~れ~置いてかないで~~って感じ。どうしてわたしだけスピード出ないの?!
 
 ところが、筑波休憩所に着いたら、あれ?風は?というくらい風が吹いてない。そんなことってあるんですかね。(・・?

 3時ごろようやく遅いランチにありついて。エネルギー補給。

 カメラも持っていったのですが、寒くてなんだかリュックから出すのも億劫で。撮ってません。(~_~メ) 

 懲りました。もうこんな寒い日には乗りません。(~_~)

blogram投票ボタン


季節

この冬いちばんの寒さ

 家のエアコンは喋って室内の気温&外気温を教えてくれます。今朝7時、外の気温が「マイナス2度です」と言われました。このエアコン設置してから1年半ぐらい経ちますが、「マイナス」と言われたのは初めてのような。
 むろん、この冬いちばんの寒さなのでしょうね。

 家のなかの水道も、蛇口をひねると水は出るものの、多少ゴツゴツいってました。なかで少し凍っていた模様。(庭の水道だとお昼頃になるまで出ないこともあります)
 とはいえ、むかしは水そのものがまったく出なかったことも。
 毎日毎日寒さが厳しいので、ほんとに暖冬?とか思ってしまいますが、むかしのほうがやはり今よりもっと寒い冬だったのだと思います。

blogram投票ボタン

 

自転車

宇都宮まで

 今年も、ますます、“ほぼ自転車日記”になりそうな、りんご通信です。

 自転車で宇都宮まで行ってきました。

utsunomiyaeki
むろん電車では何度も行っている宇都宮ですが、自転車で行ったのは初めてです。思ったほど遠い感じはしなかったです。

 一般道を通って行こうと思っていたのですが、途中で田川サイクリングロードに出くわし、急遽変更でそこを辿って行くことにしました。そのまま道なりに行けば駅前そばまで行けるはず。

 が、途中で新幹線の高架橋に出くわしたら(Maxとつばさの連結した新幹線が通過していきました)、そっちへ行きたくなって、また急遽ルート変更。(まったく気まぐれなサイクリングだ^^;)

 天気図を見たら等圧線も緩やかだったので、風はそんなでもないかと思っていたのですが、出発してみたら、先日ほどではないものの、やっぱり西風強し。ほとんど向かい風の中を走るハメになりました。気温の寒さよりも強風のほうがキツイ。(~_~)

image2
 サイクリングロード途中で。
 遠くに目立っていた建物は自治医大? 途中通りかかった上三川町の田んぼでは、どんど焼きの準備が。

image4
 筑波山がどんどん遠ざかる代わりに、日光連山がだんだん近くなってくるのも、楽しい風景でした。
 宇都宮近辺の鬼怒川自転車道はけっこう整備されている感じ。

utsunomiyajoushikouenn
 餃子は食べなかったかわりに、宇都宮城址公園でひと休み。これは清水門というらしい。階段で登っていけて、展望台になっているようです。城門の中は芝生の広場になっています。

 今回は、ここは前にも走ったことがあるなと思う道にいくつも遭遇。1度でも走ったことのある道は、けっこう記憶に残っているものですね。 

blogram投票ボタン

日々雑記

新年のお客さん

猫たち 庭に猫のお客さんが現れました。

うちの近所には猫がけっこう多くたむろ?しているのですが、この子たちはいままで見かけたことがない新顔です。

どこから来たのかな? きょうだい? 首に赤と青のおそろいの鈴のついた首輪をつけているので、飼い猫だろうとは思うのですが。

 さて、例のマイ・バイクのパンク。
 リム打ちやっちゃったかな、と思ったのでしたが、調べてみたら原因はガラスでした。ちいさな尖ったガラス片がタイヤに刺さっていました。うまく避けて通っていたつもりなのに…。

 年じゅう走っているとよくわかるのですが、なんであんなにガラス片って落ちているのでしょうか?! 最近の容器はペットボトルが多いと思うのに、なぜか案外ガラスも落ちているのです。どうも腑に落ちないのですよね…。

 いままで自分ではやったことがないのですが、パンク修理の手順はなんとか頭には入っているし、できるかなと思って修理セットを買ってきたのではありました。

 1本目のタイヤレバーを差し込んでビード(タイヤの縁)を出したところまではよかったのですが。2本目がどうしても入らない。テコの原理でやればいいのだと頭ではわかっているのですけれどね。20分ぐらいもからかっていたでしょうか。悪戦苦闘の末…諦めました。寒いなかでそれ以上、タイヤと格闘している元気がなくなったので。(-.-) 
 
 結局、昨日、知り合いの自転車屋さんへ持っていきました。
 さすがプロです。あっという間に直していただき、ついでにチェーンもピカピカにしてもらいました。
 それに乗って帰ったら、こんなに違うかな、というくらい走りが快適に。メンテナンスは大事だなぁと思ったしだいです。

 それで嬉しくなって、ついつい走ってしまいました。ちょっとですが。
 強い、なんてもんではない、北西の風が吹きまくりでしたが。でも昨日は気温は3月並みに暖かでした。

 風のせいで筑波山はいつになくクッキリと、手が届きそうなくらい近くに見えました。しかし日光連山はぼやぼやと湧いた雪雲に隠れてまるで見えず。
 横殴りの西風でした。西に向かって走るとイギガデギダイ(息ができない)。
 吹きっさらしの田んぼの中の農道を走ると、あれれれれという間に、道の真ん中まで自転車ごと持っていかれる始末。^^; はぁ、すごい風でした。

 それでもなんだか楽しく乗れたので気分はよかったです。

 それにしても、パンク修理そのものよりも、タイヤを外すことのほうが難しいですね。なんとかじぶんで出来るようになりたいものですが。タイヤを外すときのコツって、なにかあるのかなぁ?(・・?

blogram投票ボタン



日々雑記

新年早々…

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

今朝、目覚めてラジオのスイッチを入れると、アナウンサーか気象予報士の方かわかりませんでしたが、昨日の天気について話しているのが耳に入り…。
「関東は風も穏やかで…」
一瞬、はぁ?となったのでした。

昨日はたしかに晴れてはいました。が、朝から晩まで一日じゅう風吹きまくりで寒かったの何のって…という天気だったからです。(わたしのいちばん苦手な典型的冬の天気パターン(-.-))
あの風のどこが穏やかだったと?!

で、きょうの予報はといえば、北西の強い風が吹く、ということだったのですが。
あにはからんや、風もなく、一日穏やかな冬晴れでした。(-.-)

このごろ天気予報の精度がずいぶん上がった気がする、と思っていたのですけれど。
関東、とひと口に言っても、ひとくくりにはできないのですよね、やっぱり…。
おんなじ関東だからと言って、東京とこちらの天気は、いつも同じじゃないのです。

あ、なんか、年明け早々文句を垂れてる?
んー。でも十把一絡な予報がちょっと気になったので。


ここで話題は変わります。
マイ・バイク、どうやら後輪がパンクした模様です。
先日ふと見たら、あろうことか、硬くてしかるべきタイヤがフニャフニャになっていたのでした。年末にそれで買い物に行ったときにはなんともなかったのになぁ…。

大きな穴が開いたというわけではではなさそう。エアポンプで空気を入れると、入ることは入るからです。ちゃんとパンパンになります。そしてちゃんと乗れたりもします。
が、30分も走ってくると、もうフニャフニャです。途中で乗り心地の違和感も感じました。あー違う違う、こんなんじゃないっ!というくらい、タイヤの違和感は身体でわかります。

こりゃぁ、紛れもない、パンクですね。(~_~メ)
リム打ち、やっちゃったんでしょうか。空気圧には重々気をつけていたつもりなのに。(だから街なかの段差はいやなんだ…)
まだ買って1年も経ってないのに…トホホ。
やっぱりママチャリの太いタイヤと違って、スポーツバイクの細身の高圧タイヤはパンクしやすいのですね。それもよくわかってはいたつもりだったけれど。う~ん、ぐやじぃ。

しかたありません。パンク修理セット買って来ました。明日はちょっと修理に挑戦してみることにします。ただし、パンク修理はじぶんではいままでやったことないんですけど…。(苦笑) さて、どうなりますことやら?!(~_~)

blogram投票ボタン

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。