星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんぽ・たび

三鷹・調布さんぽ

 昨日、友だちとひさびさに東京へおさんぽに行きました。お天気はあいにくの曇り空。気温も上がらず、肌寒い陽気でしたが。

 三鷹に行ったのは、2年前の秋、友人とジブリ美術館へ行って以来。
 前々から訪ねたかった国立天文台。今回のおさんぽのいちばんのお目当てです。

 受付で見学申し込みをし、ワッペンをもらい、見学コースへ。

 その前に、天文台に昨年併設された“星と森と絵本の家”を見学することに。
 大正時代に天文台の官舎として使われていた建物を復元保存して、絵本館としてオープンしたものです。

10-5-29tenmondai2.jpg
 部屋数もあって、廊下も長く、なかなか立派な建物だったのではないでしょうか。
 双眼顕微鏡の置かれた理科室(旧・台所)や月の部屋(月にちなんだ絵本がいっぱい♪)、床の間に日食の掛け軸のかけられた日本間(旧・客間、次の間)、書斎、おもちゃ室、ひみつの?展示部屋(旧・物置)など…。

 まるで「トトロ」のサツキとメイがこっそりどんぐりを植えていそうな広いお庭が見える廊下には、1日ごとの月の満ち欠けの写真が並び、その日の月齢がわかるように“今日の月”の表示があったり。トイレのドアにさりげなく飾られた織り姫・彦星のお人形もかわいい。
 お楽しみがそこここに発見できるしかけです。
 ホッとできる空間でつい長居をしてしまいました。

 天文台内に戻ります。絵の講座生なのか、スケッチをする方たちをあちこちで見かけました。

10-5-29tenmondai3.jpg
 ここは第一赤道儀室。天文台のなかでも最古の建物だそうです。太陽黒点の観測や太陽の写真撮影をおこなっていた場所です。カール・ツァイス製の口径20cm屈折望遠鏡が設置されています。
 錘を利用して望遠鏡を一定の速度で動かすしくみをつかって太陽を追尾していたそうです。

10-5-29tenmondai4.jpg
 アインシュタイン塔へ向かう道。(左) 実際はもっと暗くて、明治神宮の森のようでした。
 アインシュタイン塔。(右) 一般相対性理論を太陽の観測によって検証する目的で建てられた、ドイツにあるアインシュタイン塔と同じ機能と構造をもっているので、そう呼ばれるようになった太陽塔望遠鏡です。
 外壁のコンクリートは、昭和初期に流行したスクラッチタイル(釘で引っ掻いて筋模様をつけたタイル)で装飾されています。

10-5-29tenmondai5.jpg
 天文台での研究をパネルや模型で展示した展示施設もかねた天文台歴史館(大赤道儀室)。
 65cmのレンズをはめた屈折望遠鏡が圧巻でした。筒の長さは11mあるそうです。いまは使われていませんが、ほんの10年ほど前までは現役で活躍していた望遠鏡です。(いまでも使用可能)
 ドームは木製なのですが、建物が造られた当時、ドームを作る技術が建設業者にはなく、船大工さんたちのちからを借りて作られたとか。
 床はエレベーター式になっていて、上下できるので、望遠鏡がどんな向きになっていてもラクに観測できるしくみだったそうです。むろんいまは動きません。

 4次元デジタル宇宙シアターなどもありますが、日にちが決まっていて予約が必要です。次回はそれも見たいものです。

 天文台を後にして、わたしたちが向かった先は調布飛行場。位置的には、天文台のすぐ隣りですが、少々歩きます。天文台通りはなだらかで整備された坂道。自転車で走っても、お散歩をしても楽しそうな道です。

調布飛行場
 柵越しに見る飛行場。(左) ここから飛び立てば、伊豆大島へはたった25分で着く近さ。飛行機の共同オーナーになることもできるのです。
 隣りの味の素スタジアム。(右) そういえば、三鷹の街にはFC東京の旗が街灯にはためいていました。

プロペラ・カフェ 
飛行場隅にあるプロペラ・カフェ。飛び立つ飛行機を見ながら食事を楽しめる、アメリカン・ダイナーふうなカフェです。厨房のフライパンにも飛行機が。カフェの窓ガラス越しにも格納庫内の飛行機を見ることができます。

 飛行機の模型の展示販売もされています。キー・ライトにもなるかわいいプロペラ機のホルダーをおみやげに。

 さんぽの締めくくりに、野川に沿った小路を通って、NHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」でもお馴染みの深大寺へ。鬱蒼とした木立の続く参道、あたりにはたくさんのお蕎麦屋さんが軒を連ねています。

鬼太郎茶屋
 お目当ては鬼太郎茶屋。鬼太郎キャラクターの面々がお出迎え。目玉おやじのクリームあんみつをいただきました。

 東京なのに東京に来た気がしない、とは友人の弁。たしかに。このあたりは緑が多く…というより、街が樹々に包まれている感じ。
 ゆったりとした通り、せせこましい感じのない住宅街…三鷹周辺は住みやすそうなところだと思いました。

web拍手

スポンサーサイト

nonaカフェ

梅ジュース作り

梅 今年はなぜか梅が鈴なりです。(アンズはまったく実をつけていないのに…) 
 そこで、最初は梅酒を作ろうかと思ったのですが、もっと簡単な梅ジュースを作ってみることにしました。

 梅酒を作るときのような大瓶は要らないと思ったので、100円ショップで300mlぐらいの小瓶を買って来ました。
 それに洗ってヘタを取り、エキスが出やすいようにフォークでところどころ穴を開けた梅と、同じ重さ分のてんさい糖を入れて。作業はそれだけ。あとは、砂糖の浸透圧で、シロップがあがってくるのを待つだけです。ときどき壜を揺すって、だいたい2週間~1ヶ月も置いたら、できあがっていると思います。

 飲むときは水や炭酸などで割って。
 今年はお試しのつもりなので、この程度の量にしてみましたが、うまくいったら、また次回もやってみようかな。来年も梅がなったら、の話ですけれど。

blogram投票ボタン

本・音楽・映画など

りすうか&サイエンス・カフェ

 大好きな自転車も雨の日には乗れません。でもおさんぽの楽しみはあります。雨が降っていても、本降りでなければ、なおかつ気が向けば、雨のなかを歩くこともわたしは厭わないので。というわけで、近所の本屋へ出かけてみました。そこで見つけた2冊です。

おはよう奥さん増刊 りすうかvol.1 2010年 07月号 [雑誌]おはよう奥さん増刊 りすうかvol.1 2010年 07月号 [雑誌]
(2010/05/18)
不明

商品詳細を見る

 よく文科系・理数系と分けたりしますが、その線はどこで引くのだろう?と思うことがあります。まぁなんとなくは判るけれど。でもよく考えると判らないのです。

 計算に強くない、本で数式を見るとページを飛ばしたくなる(苦笑)わたしは、明らかに理数系とは言えないのだろうけれど、でも学校の教科のなかでいちばん好きだったのは理科だったのでした。(どうしてなのか理由はわかりません) それはいまも変わっていなくて、だからこんな雑誌を手にとって見てしまうのでしょうけれど。
 わたしのようなひとは、意外と少なくないんじゃないかと思ったりもするのです。

 一方では、理科離れが進んでいるとか言われたりもしていますが…。
 理科って何の役に立つのかわかんない、って言う人がいましたが、日常生活のいろんな側面でいちばん役に立つのは、理科だと思うんだけどなぁ?(役に立つから好き、だったわけではないけれど…)
 
 「科学」と「学習」が休刊になってしまったニュースを聞いたときは、軽いショックを覚えたものですが。(笑) 代わりに、さりげなくこんな雑誌が出ていたのですね。読者対象は小学生高学年だと思われますが。学研の雑誌なので、往年の「科学」と「学習」を彷彿とさせる匂いがそこここに溢れています。(^^) なつかしの?青赤の立体メガネを使って眺める昆虫のページなどもあるし。

 目が思わず釘付けになってしまったのは、「この先生に聞け!」コーナーに登場している小森栄治先生。
 まだパソコンを始めてまもなかった頃、当時中学校の教諭だった先生の運営されていた理科のホームページにお邪魔して、お送りしたメールにお返事をいただいたこともある、あの小森先生だ!と驚いたり感激したり。バックアップもしていなかったため、パソコンのクラッシュとともにもはやその記録が失われてしまったのがいまさらながらなんとも残念なのですが。
 というか、先生の記事を見て、そんな記憶も甦ったのでした。

 しかし、この雑誌は「おはよう奥さん」の増刊なのか…。っていうか、「おはよう奥さん」って、学研が出していたんですねぇ。

サイエンスカフェにようこそ!―科学と社会が出会う場所サイエンスカフェにようこそ!―科学と社会が出会う場所
(2009/08)
滝澤 公子室伏 きみ子

商品詳細を見る

 サイエンス・カフェの存在は以前から知ってはいたものの。1度は実際に行って参加してみたいなぁ!

 雨のおかげで、いい本に出遭えたような気がします。

 (つぶやき)
 理科が好きだった理由をわからない、と書いたけれど、ほんとうはそうでもありません。理科って“感動”の教科なのだと思います。

blogram投票ボタン

自転車

筑波への道

 日曜日も快晴。土曜日に100km乗ったばかりで、また次の日にも長距離乗ろうなんて、思いもしなかったのですが。6月になって雨ばかりになったら乗れないかもしれないし…などと考えたら、用事もほったらかしで行ってしまいました。

10-5-16asahitouge1
 つくばりんりんロードの藤沢休憩所から表筑波スカイラインへ。朝日峠を経て、不動峠へ、さらに風返峠へ、そして筑波山神社登山口へ降りて、りんりんロード筑波休憩所まで。
 (そう言えば、ずうっとむかし、八郷方面から不動峠に出てきたこと、あったっけなぁ)

 坂道、ではなくて、山道、のコースは、やっぱりわたしには難易度高し。上りの半分は押して歩いていたような…。

 自転車を漕ぐより、歩いたほうが断然速いです。(笑) 自転車が軽いため、押して歩くのもべつに苦ではありませんが。もともと歩くのも山登りも嫌いではないしね。(普段、積極的に山を歩こうとはなかなか思いませんが)
 もうすこし勾配が緩いアップダウンの道だったら、まだなんとか行けそうだったのになぁ。

10-5-16saka
 上っているときはそれほどに感じないのに、ふと後ろを振り向くと、かなりの勾配だったりすると、こんな急坂だったの?!とちょっとびっくりします。^^;

10-5-16paraglider 
 パラグライダーが何機か飛んでいました。
 朝日峠でたまたま出遭った、東京からドライブに来たご夫婦とすこしお話をしました。“関東の清水寺”と呼ばれる西光院へ行ってきたそうです。奥さんは去年グアムでスカイダイビングを体験してきたとか。旅の記念に、と一緒にカメラにまで収まってしまいました。

10-5-16asahitouge2
 朝日峠展望公園を、すこし散歩してみました。野鳥の森で、ウグイスやキビタキやヤマガラの声を耳にしました。よ~く鳴いていました。ハルゼミの声もしていました。

 公園の展望台からの眺めは良かったです。空気は少し霞んで、霞ヶ浦もうっすら。でも風が気持ちよくて、しばらくそこでお昼寝していたいくらいでした。

10-5-16kasa
 芝生広場で寝転ぶと、太陽の周りに、虹色のハロー(暈)が見えました。

10-5-16tsukubasan
 不動峠から風返峠へ向かう途中に見えた筑波山。
 ときどき爆音を立てて吹っ飛ばしていくクルマが何台か。ああやって走るのが面白いの?(・・? あれじゃ、道端に黄色の木苺がなっているのも、あたりの林でヤマガラの声がするのもわからないだろうな…。

blogram投票ボタン

自転車

大谷観音と宇都宮市森林公園

 4ヶ月ぶりに宇都宮まで走りました。
 毎年10月におこなわれるサイクルロードレース、ジャパンカップの舞台でもある、宇都宮市森林公園まで行ってみたかったのです。

 道際にいろいろな樹の花を見つけます。
10-5-15blossoms
 桐の花、野生の藤、栃木県に入ると栃の花(宇都宮市内の道路には赤い栃の花の並木が続いていました)、ニセアカシアの花、なぜかおまけの(帰りに走った)鬼怒川自転車道。

 森林公園に行く前に、大谷観音に寄り道しました。学校の修学旅行などで来ていても良さそうな場所なのに、これまで1度も来たことがなかったのです。なのでぜひ寄りたいと思っていました。
10-5-15ohyakannon
 ジャパンカップを題材にした自転車レース・アニメ「茄子2~スーツケースの渡り鳥」にも登場する大谷平和観音。第二次大戦の戦没者の慰霊と世界平和祈念のために岩肌に刻まれた26mあまりの観音像です。

10-5-15ohyaishi
 ほかにも、天狗の投石とか、親子がえるとか、いろいろに名づけられた不思議なかたちの石が見られます。

 大谷周辺は、走ると右に左に大谷石の奇石群が拡がっていて、圧倒されます。
 2000万年前、日本列島の大半が海中にあったころ、火山の噴火によってうまれた火山灰や軽石が堆積してできたのが大谷石で、その地層の分布は宇都宮市中心街にまで達しているそうです。石材としては古墳時代から利用されていたのだとか。

10-5-15ohyasiryoukan
 平和観音からすこし先に行くと、大谷資料館があります。ここでは地下採掘場跡が見学できます。ここは一見の価値がありますよ~。すごかった。そして寒かった。(年平均気温は7℃だそうです) 
 お米が余った年には政府米の備蓄にも使われ、いまでも野菜や果物、ワインや日本酒の貯蔵庫に使われているそうです。ときにはコンサートなどもおこなわれることがあるようです。

 それから、いよいよ森林公園に向かいました。大谷観音や資料館でだいぶ時間を食ったので、森林公園に着いたときはもう走る時間がなくなっておりました。
 というか、帰りにちょっと寄りたいところがあり、森林公園内を走っているとそこへ寄る時間がなくなりそうだったので。

10-5-15shinrinkouen
 でも、公園入口から森林公園までの道のりがけっこうあって、そこもかなりのアップダウンだったので、それでもうけっこう堪能した気分に。(笑)
 というわけで、ジャパンカップのコースは走りませんでしたが、ほんのさわりだけ。^^;

10-5-15cafe
 帰りに寄りたかったというのは、宇都宮市内の閑静な住宅地にひっそりとあるカフェ。ずっと以前から存在だけは知っていたのに行ったことがなかったので。(ちょっとわかりづらい場所にあるため)今回はぜひにと思って。

 アフタヌーン・ティー・セットをオーダーしました。色も香りもステキなオリジナル・ハーブ・ティーと、ケーキ(くるみ&ドライフルーツのケーキ・よもぎ?のスコーン・ごま?のポルポローネ)のセット。
 ゆったりと女性ジャズ・ヴォーカルが流れる店内は自分の家のように和めて、午後のひと時、ホッと過ごせました。

 楽しい自転車さんぽでした。(5月15日記)

blogram投票ボタン

nonaカフェ

さくらはちみつ

 口に含むと、たしかにほんのり桜の香りがします。
 少しずつ少しずつだいじに味わいながら食べています。

 ランチを食べに自転車で益子まで行った折に、とある雑貨屋さんで買ったモノ。
 オーガニックがコンセプトのお店で、服や食器などの生活雑貨も置いてある一方、有機米や豆、野菜、手作りパン、などを売っているお店でした。

 ほかにちょっと惹かれたのは、たんぽぽキャンディ。
 たんぽぽのコーヒーというのは以前飲んだことがありますが。(たんぽぽの根っこを掘ってくれば、じぶんでも作れます) それに近いような色をしていたので、キャンディもきっと、たんぽぽコーヒーのような味がするのでは?と踏んでいます。





10-5-14yamanoshokudou.jpg10-5-14yagi.jpg
 ランチを取ったのはこんなお店。はちみつを買った雑貨屋さんの斜向かいの、短いけれど、けっこう急斜面な坂道を登ったところに建っています。
 お店のマスコット?のヤギもいます。(この子は女の子のようです)
 同じオーナーさんによるお店なので、こちらもメニューはオーガニック。(雑貨屋さんの店内も一部カフェになっています) ここで流れていたBGMがとても心地よくて。旋律があるようなないような、たゆたうような。音楽というより、自然の音を聞いているような。食事時に流すのはこういうのがいいなぁと思いました。

10-5-14pond.jpg10-5-14noborigama.jpg 
 雑貨屋さんのそばの池。カモがわずかに泳ぎ、ゴイサギが昼寝をしていました。
 この日は陶器市が開かれていて賑わっていましたが、このあたりは人影もなく静か。
 せっかくなので、自転車を置いて、益子の町もすこしおさんぽ。とある陶器のお店で、登り窯を覗かせてもらいました。

blogram投票ボタン

季節

木陰で読書

木蔭で読書
 5月に入ってから耳の具合がすこし良いです。思えば去年もそうでした。
 暖かくなると、耳鳴りがラクになる? (そう言えばねぇ、お風呂に入ったときとその後のしばらくのあいだは耳鳴りがすこし遠のく気がすることが多いのも気になるのです) なぜ?

 TCI(耳鳴り訓練器)をしなくてもいい感じで推移している、ということは、耳鳴りはしているけれど、生活にはほとんど支障を感じることもなく、我慢のできるレベルということ。本を読みたい気持ちにもなる、ということ。

 そういうわけで、午後から気持ちよく晴れたこともあって、ひさびさに図書館へ。カードを新規にしてもらって、さっそく借りることに。8冊も借りて来てしまいました。

 木陰での読書は、この季節ならではのお楽しみ。
 実際のところは、本を読んでいるあいだに、アリンコや緑色の小蜘蛛が服や手のうえに這ってきたり、ときにはテーブルのうえに毛虫を見つけたりしてしまうわけですが。(なので、虫の苦手なひとには向かない読書態勢でしょう)
 吹いてくる風は爽やかです。
 きょうは緑茶をお供に。

blogram投票ボタン

小物

3Dパズル 月球儀

3D 月のパズル
 3Dパズルです。組み立てると、月が1コ出来上がります。台座つきなので飾っておけます。

 たしか、つくばエキスポセンターのショップで購入したものだったように思うんですが。もうだいぶ前のことなので、よく覚えていないのです。

 耳の調子の良いときに作ろうと思って、ず~っと放って置いたのでした。パズルのように集中力を要するものは、耳鳴りが頭のなかでわんわん鳴っているようなときには出来ないので。

 60ピースしかないのに、意外に難しかったのは、立体だったからではなく、月の表面がどこを切り取っても、おんなじような模様だから、でした。(立体かそうでないかは、パズルの難易度にはあまり関係ないように思います)

 “海”と呼ばれる部分のたくさんある、月のいつも地球を向いているほうは、まだワケがわかります。模様がヒントになってくれるので。月のオモテ半球は、案外サッサと組めました。が、月の裏側は少々やっかいでした。裏側は、写真でもあんまりなじみがないし。
 でも、あるところが嵌るとパパッと連続して、繋がる部分がわかることがあって。面白かったです。

 3Dパズル、またやってみたいです。地球儀の3Dパズルっていうのはないものかな? なんなら火星儀や木星儀でもいいけど? 土星儀は…難しいかな?


(追記)調べてみたら、あるみたいです。地球儀も火星儀も木星儀も土星儀も。

blogram投票ボタン

日々雑記

きょうは1日ペンキ塗り

 庭用の木製テーブルと同じく木製の長いす2脚、それに窓下のラティスを2つ、チョコレート色に塗りました。つや消しで、なかなかいい感じに仕上がったと思います。(自画自賛)

 伯母さんから仰せつかった塀のペンキ塗りがイヤだったトム・ソーヤーは、わざと楽しそうにペンキ塗りをするという策略を打って、通りかかった友だちにペンキ塗りをさせたうえにオモチャまでせしめてしまうのだけれど、わたしは、ペンキ塗りは、けっこう好きです。塗り絵も好きだけど。わたしにはほとんどどちらも同じ感覚かもしれない。(笑)

 もうひとつ塗り替えようと思っている、背もたれ付きの木の椅子は、赤にしようかなと思ってます。最初は、元の色と同じ白にしようと思っていたのですが。
 いつか「世界ふれあい街歩き」(NHK)を見ていたときに、登場した、とあるお宅のお庭のいすが、カラフルでとても可愛かったので。あ、こんなペイントの仕方もあるんだ♪とヒントをいただいたので。

blogram投票ボタン

自転車

渡良瀬遊水地~ふたたび4県またぎ

10-5-3watarase
 いままでなぜか自転車では行ったことのなかった、渡良瀬遊水地へ行ってみることにしました。
 遊水地にはたぶん日陰が少ないだろうと考えて、夏になる前に行きたかったのです。

 以前、古河駅まで行こうとして、結局行けなかった、といういわく付き?の道を行きました。今回はすんなりたどり着けました。前回なぜ駅にたどり着けなかったのかは、謎です。(・・?

 古河駅から西へ辿ると、渡良瀬川を渡る三国橋への道。なぜかクルマが異常な混み具合。連休だからでしょうか?

 渡良瀬遊水地は、茨城・栃木・埼玉・群馬の、4県にわたる広大な遊水地。東京ドームが700個入る大きさだとか。釧路湿原みたいだ~と思いましたが、実際、釧路湿原に次ぐ広さを誇っているそうです。
 4県境が接しているので、またまた4県またぎができるなぁと思いました。(笑)

10-5-3hyoushiki
 古河は茨城県ですが、ここはもう埼玉県です。で、もうほんのちょっと行けば、群馬県です。
 
 まずは休憩もかねて、道の駅きたかわべに。こじんまりとした道の駅でした。ちなみに、北川辺町は埼玉県。(埼玉のはずれ、です)

10-5-3chokusennkyori
 同じ敷地内にあるスポーツ遊学館の展望スペースにはこんな張り紙も。
 東京駅までの距離が意外に近いと思いました。あれ?日光までとほぼ同じ距離だ。

10-5-3suiba
 空気がカラッとしているせいか、気持ちよく走れます。土手にはスイバ(スカンポ)や、紫の濃いアザミがいっぱい。
 
10-5-3watarasecr
 どんどん走って、藤岡町(栃木県)近辺にまでやって来ると、こんな表示を発見。
 このままここをず~っと行ったら、足利(栃木県)を通って、桐生(群馬県)まで行けるのねぇ! 
 むろん、今回は渡良瀬遊水地を走りに来たので、桐生には行きません。^^;
 でも、“いつか走るルート”にこれも加えることにしました。

10-5-3spacia
 東武日光線の電車が来るのも見えます。スペーシアが通過。

10-5-3watarase2
 遊水地のなかを、縦横無尽に走ってしまいました。クルマがほとんど来ないので、ストレスフリーで気持ちよく走れます。オオヨシキリやウグイスやヒバリの声があちこちからしています。

 右写真の砦のような建造物はウォッチングタワー。大型双眼鏡も備えてあり、遊水地が一望できます。ハイカーやバードウォッチャーも多し。空気が澄んでいると、遠くに富士山も見えるそうです。

 遊水地内にレンタサイクル施設が4箇所ほどあるので、自転車に乗っている人も多いです。もちろん自前の自転車の人も多し。あらゆる種類の自転車を目にできます。珍しいリカンベントの方も1名見かけました。

10-5-3watarase3
 谷中湖。対岸に見える、道の駅の、スポーツ遊学館。そこから走ってきたのでした。
 ヨットもウィンドサーフィンも気持ち良さそうです。

 以前、JRの「駅からハイキング」イベントで歩きに来たことはあるのですが(野木駅~古河駅まで歩く途中に、遊水地の土手を散策)、こんなに気持ちのよいところだったと感じたのは、自転車で走ってみたからこそ、のような気もします。
 渡良瀬遊水地、またそのうちに来ようと思いました。(5月3日・記)

blogram投票ボタン

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。