星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本・音楽・映画など

『夏至祭』~6月のズミの物語

夏至祭 (河出文庫)夏至祭 (河出文庫)
(1994/05)
長野 まゆみ

商品詳細を見る

 「夏至の日には『夏至祭』を読むことにしている」と言った友だちを真似て、わたしも今年の夏至には『夏至祭』を読んでみることにしました。

 『夏至祭』は、長野まゆみさんの小説。作者あとがきによれば、これは『野ばら』という作品の初期形なのだそう。(登場する少年たちが同じ)

 過去に何度か読んではいても、読み終わってしばらく経つと、小説の細部をすっかり忘れてしまったりするのがわたしの常。

 で、今回改めて気づいたのでしたが。
 この物語を導いていく少年、月彦の家から程遠くないところには天文台があるらしい。飛行場もあるらしい。街には路面電車が走り、周囲にはけっこう急な坂道も、深い林もあるらしい。そんな場所を月彦はよく自転車で走っています。

 道に青梅のかをりがしてくるとじきに月彦の家だ。東に天文台の丸い屋根が見える。その上空で飛び立ったばかりの単葉機が灯を光らせた。

 天文台の頂上で紅玉(ルビー)が点滅していた。飛行場の格納庫にはいくつもの翼とエンジンが眠っている。

 などという描写を読むと、最近どこかで見たような風景だなとニヤニヤ。むろん、“あのあたり”に路面電車は走ってはいない、のではありますが。

 そして、この物語には、ズミ(小説のなかでは“棠梨”と漢字で表記されています)が登場するのでした。
 月彦の出遭う、ふたりの不思議な少年、黒蜜糖と銀色。彼らが失くした“羅針盤”。それを持ってでしか、辿り着けない場所の舞台装置として。

 そんなこともやっぱり忘れていたのですが。(読んでいる途中で思い出しましたけれども)

 でも忘れていたおかげで、物語を改めて新鮮に味わいなおすことができたような気もします。 

web拍手
スポンサーサイト

さんぽ・たび

ズミに逢いに行く

 6月といって、思い浮かべる花は何でしょうか? アヤメ? アジサイ? たしかにアヤメもアジサイもそうなのですが、わたしが6月が来ると思い浮かべるのはまずズミです。どうしてかあまりメジャーな花とは思われていないように感じるのがすこし残念ですが…。

 ズミの季節です。そして、ズミと言えば日光、です。(奥日光は、たぶん日本でいちばんズミのたくさん咲くところ、と思っています)
 ここ2年ばかり法事の準備などで行くことができなかったので、今年こそは、と思っていました。
 というわけで、先日自転車で出かけたばかりの日光へふたたびお出かけ。もちろんこんどは自転車ではなく、電車で。やっぱり速いね、電車は。(当たり前だ)
 
 また日光に行ったのぉ?!と思われるかもしれませんが。このあいだ自転車で走ったのは日光のほんの街のなかだけ。今回の行く先は奥日光なので、同じ日光と言ってもまったく違います。戦場ヶ原の標高はおよそ1400m。日光の街なかとは標高差800mほど。筑波山ひとつ分ぐらい上に行くってことですから。

 バスでいろは坂を上り、中禅寺湖を経由して、戦場ヶ原まで。多くの人は赤沼バス停というところで降りていきますが、わたしはもうちょっと先の光徳まで。

 奥日光と言えば、わたしには、冬にクロスカントリースキーをしに来るところ、でした。冬のイメージが強かったのです。そこで久しぶりに夏の光徳を見てみたくて、そこまで足を伸ばしたというわけです。

10-6-17okunikkou.jpg
 バスを降りたとたん、全身が大音響に包まれました。あたりの森では、たくさんの鳥の声もしています。(カッコウ・ホトトギス・ウグイス・シジュウカラほかのカラ類・センダイムシクイなどが鳴いていました) が、それらを全部かき消してしまうようなものすごい唸り。南アのサッカー・サポーターの吹きならすブブゼラも顔負け?!の音……いや、声なのでした。声の主はハルゼミ。
 これが6月の日光の森の音なんですね。

10-6-17koutoku.jpg  
 光徳牧場。牧場のなかで滑ったこともあります。牧場のまわりも、スキーのコースになります。
 むかし、ここの売店で食べたアイスクスリームの味を思い出しました。まだハイ・シーズンではないので、売店は開いてないようでしたけど。

10-6-17koutoku2.jpg
 光徳温泉アストリア・ホテル。ここでスキーを借りて滑ったことも。ホテルの周囲がクロカンのコースになっています。

10-6-17koutoku3.jpg
 せっかくなので、茶屋のある三本松まで、冬はクロカンのコースになる森のなかの道を行ってみることに。夏でも冬でも、ここはとても静かな道。

10-6-17zuminomichi.jpg
 光徳付近にはなぜかあまり多くないズミが、三本松に近づくにつれてしだいに多くなるので、そろそろ茶屋も近いなとわかります。(左)
 しかし、ひと気のない道で、こういう看板に出くわすと。^^;(右)

10-6-17kokudou120.jpg
 ズミ並木の続く、戦場ヶ原沿いの国道120号線。

男体山とズミ
 ズミと男体山。

 今年は春先寒かったので、例年なら6月初旬が盛りのズミの開花はいくらかずれ込んでいると聞いてはいましたが。わたしの予想よりは、花の盛りはいくらか過ぎた感じのズミが多いかな?という印象。
 でも、まだほとんど蕾でこれから咲き始め、というものも。樹によって咲き方がかなりまちまち。
 そこが、クローン育ちのために時期が来れば一斉に咲きそろう、ソメイヨシノなどとはまったく違うところですね。

ズミ
 満開、に見えますが、これでもすこし盛りは過ぎたズミです。
 歩くたびに、風に乗ってズミの花びらが舞い散り、甘い香りが漂ってきます。

ズミ2
 こんなふうに一部蕾の赤みがまだ残り、これから咲き始め、という頃のズミが、わたしはいちばん好きです。

 ズミをたっぷり楽しんだあとは、中禅寺湖まで戻って、イタリア大使館別荘記念公園に行ってみることに。湖畔から片道2キロほど歩きます。
 ここが公園として整備され公開されてまもなくの頃、1度寄ったことがあるのですが、そのときは閉館時間間際に行ってしまったため、あまり落ち着いてなかを見学することが出来なかったので。

10-6-17taishikan3.jpg
 大使館別荘の概観はこんな様子。

10-6-17taishikan2.jpg
 2階の寝室から見た中禅寺湖。

イタリア大使館別荘
 この別荘は、アメリカ人建築家アントニー・レーモンドの設計により、昭和3年に建てられたものだそうです。内装・外装に杉の皮を用いたりして、和と洋の調和した美しい建物です。


 PS1 帰りのバスで第一いろは坂(下り専用)を下りていく途中、小さな鹿を目撃。こんなところにも鹿が出てくるんだ~と吃驚。やっぱり日光には鹿が多いらしい。
  
 PS2 日光へ行った翌日、「戦場ヶ原でワタスゲが見ごろ」というニュースがNHKで流れていました。インタビューされていた小学生たちの青い帽子に見覚えが。別荘を見学したあと、歌ヶ浜から乗った遊覧船で出会った子たちだわ。国分寺だか八王子だかの小学校だったような。そうか、あの子たちは戦場ヶ原のワタスゲを見てきたんだな~。

web拍手

本・音楽・映画など

赤い風船

赤い風船/素晴らしい風船旅行 [VHS]赤い風船/素晴らしい風船旅行 [VHS]
(1993/04/21)
パスカル・ラモリス

商品詳細を見る

 新聞のTV欄をなにげなく見ていたら、WOWOWの番組表に「赤い風船」の文字を発見。
 うっわぁ、なつかし~~♪
 WOWOWで「赤い風船」なんてやるんだ~。うちのTVでは映りませんが。(契約解除しちゃったしぃ…)
 
 でも、待てよ。わたしはたしかビデオを持ってたんだよなぁ。あれどこかにあるはず…。
 探しました。出てきましたよぉ。ちょっぴり埃を被って。^^;

 映画館で観たことがあるわけではありません。なにしろ制作が1956年というから、半端なくむかしの映画です。知っている人はあまりいないかもしれない。いや、映画が大好き、というひとなら、知っているかも? 
 
 わたしがなぜこの映画のことを知っているかといえば、子どものころ、父が取っていた8ミリ映画制作雑誌の記事で、「赤い風船」とラモリス監督のことを読んだことがあったからでした。
 このビデオではカップリングされているらしい「素晴らしい風船旅行」という映画はTVで観たことがあって知っていたので。すぐに、あぁあの監督、と思いました。(わたしが所有するビデオでは「赤い風船」と「素晴らしい風船旅行」はカップリングになっていません) 
 どちらのお話にも登場する主人公の少年を演じているのは、ラモリス監督の実の息子さんです。(といっても、いまはいいオジサンなんでしょうねぇ…)

 「赤い風船」は30分ほどの短編です。セリフもほとんどなかったように思います。映像が詩のように流れていく映画、とでも言いますか。「素晴らしい風船旅行」は長編ですが、こちらも映像詩といった趣です。どちらも映像を楽しむ映画だと思います。

 むかしの映画を観るのも好きですが、こういう作られ方の映画って、最近はほとんどないように思うからかもしれません。
 きょうはちょっと予定があるから観られないけれど。せっかく探し出したビデオです。あとでじっくり観ることにしようっと。
 
 そう言えば、「赤い風船」は、いわさきちひろさんがかつて絵本にしています。それもわたしは持っていたはずですが…。

あかいふうせんあかいふうせん
(1968/12)
ラモリス

商品詳細を見る

 検索してみました。
 あぁ、この本ですね。うん、これもなつかしい~。

PS うわぁい、こんなページも見つけちゃった♪

web拍手

日々雑記

gremz ワールドカップ記念

gremz ワールドカップ記念
 ひさびさにgremzの樹を覗いてみたら…。

 最初、なんで花火? なんでサッカー?と思ったわたし。
 そうとう疎いね。^^;
 あ、いま気がついたけど、発芽からちょうど100日目なんだ。
 

 この樹は2本目。
 1本目はとっくに巣立ちました。
 たぶん冬の終わりか春先だったような気がするけれど…。
 あまり体調(耳鳴りの状態)が良くないころで、はっきり覚えてもいない。(-.-)




grems2
 調べてみたら、こんな画像が出てきました。
 ちゃんとキャプチャーしてあったようです。 
 これが大人になった1本目の樹。
 やっぱり冬だったんですね。

 2本目の樹はどんな具合に育つだろうな?









web拍手

自転車

初めてのセンチュリーラン~日光へ

 センチュリーラン(またはセンチュリーライド)とは、100マイル(160km)の完走を目的に走ることです。自転車イベントとしてよく行われているものですが、今回のはオフィシャルなイベントではなく、あくまでもわたしの個人的走行。
 
 ほんとうはセンチュリーランのつもりはなかったのです。机上の計画では120km走程度と想定していたのですが。走ってみたら想定外になってしまった、というのがホントのところ。 

 120kmですらわたしには未知の距離だったので、それだけの体力・気力があるかどうか、そんなことが自分にできるかどうか、1度だけのお試し、というつもりで走ろうと思いました。それには暑い真夏になる前がいいだろうし、梅雨に入る前のほうがいい、それならいましかないか…ということで、急遽決行。

 目的地は日光にしました。電車や車でしか行けないと思い込んでいた場所、自転車で行けるなどと思ったこともない場所だったから、あえて、です。
 
 出発は朝7時すこし前。
鬼怒川自転車道
 新4号バイパスへ抜けるために鬼怒川を渡ります。ところが渡ろうと思った真岡の砂が原(いさがはら)橋が老朽化のため通行止めで(去年までは渡れました)迂回しなければならなかったので、次の橋まで鬼怒川自転車道を走行。霧が湧くように出ていました。カッコウの声が清々しく響いていました。

 砂が原橋のひとつ北の橋(鬼怒大橋?)を渡り、上三川町で新4号パイパスへ。バイパスに沿って続く歩行者・自転車道は広くて走りやすいです。
 この新4号沿いに来年4月道の駅しもつけ(仮称)がオープンするようです。大きな看板が出ていました。

 休憩のために4号バイパスを外れて、宇都宮駅東口に。電車で来るときはいつも西口しか利用したことがないので、おなじみの駅でもなんだか新鮮。きれいに整備されている駅前でした。

国道119号線
 駅の西に廻って、大通りから119号線(日光街道)へ。日光へ行くといったらこの道。
 宮環(宇都宮環状線)とぶつかるあたりから、一般道なのに高速道路化しています。(北関東道への接続との兼ね合いでそんなふうに変えられたのかな?) 原付バイクや自転車、歩行者は通れません。高架橋の下に続く舗装路を辿ります。舗装はきれいだし、クルマの路線と分かれていることで、かえって走りやすい道でした。

日光街道
 快適なその道もいつしか終わり、119号線は普通の国道に。でもこんな感じなので、クルマには注意が要りますが、涼しく走れる箇所もありました。

 しかし、冒頭に書いたように、わたしにはひとつ読み違えが。それは日光までの走行距離。宇都宮市内の道路標示に日光までの距離が示してあり、合算すれば片道60kmほどの行程と踏んでいたのですが…。これが誤算だったわけです。
 11頃には着くだろうと思っていたのに、日光に着いたときには正午も廻っておりました。

日光駅
 まぁでも無事に到着です。東武日光駅です。
 走りながら日光連山が見た目にもだんだん低くなっていったのでそれなりの標高を上がってきたのだということはわかりましたが、ここまで坂を上っている感覚はほとんどありませんでした。宇都宮からはず~っとゆるゆるな坂道を上ってきたのだなと思いました。(帰り道でそれがよくわかりました。宇都宮市内に入るまで、ほとんどペダルを漕がずにすんだからです)

 ちなみに写真左下がJR日光駅。
 東武日光駅に比べて、あまりひと気がありません。趣きのある駅舎なのになぁ。駅前周辺はいま全面的に建て替え工事中です。大きなビルもできるようです。そのうち、様変わりするのかもしれません。
 (JR日光駅に併設された天皇陛下専用の貴賓室の公開が9月30日まで行われているそうです)

 せっかく日光に来たのだもの、少しは何か見物して帰ろうと思いました。そこで、子どものころに1度連れて行ったもらった記憶のある裏見の滝まで行ってみることにしました。

神橋
 日光山内の玄関口に当たる神橋です。平成の大修理がなされて、きれいになりました。かつては将軍などだけが渡ることのできた橋ですが、いまは一般のひとでも渡って見学できます。

 日光の街なかでは、はっきり坂だとわかる上りだけが続きます。途中でクルマから「がんばれ~」の声が飛んできました。スピードに乗らずに漕いでいるわたしがツラソウに見えたのでしょうか。ツラカッタのは脚ではなくて、べつのところでしたが。オトメ?がそんなこと恥ずかしくて口に出せまへん。(~_~)

国道120号線
 途中の標識。中禅寺湖まではこの距離です。ただし、いろは坂を上らねばなりません。近いような遠いような。^^;

クリンソウ・オダマキ・マムシ草
 裏見の滝への途中で見かけた植物たち。
 クリンソウ、オダマキ、マムシグサ。

裏見の滝
 裏見の滝。むかしは滝を裏から眺められたといいますが、崩落があったためにいまはできません。(子どものころ訪れたときは、滝を実際裏から見たように思ったのですが。記憶違いかなぁ??)
 かの松尾芭蕉も、奥の細道への旅の途中で立ち寄って、ここで句を詠んだそうです。

日光杉並木
 おしまいに。日光といえば杉並木。(花粉症発祥の地とも言われていますが…)
 保存林になっているところを、帰りに一部通ってみました。実際はもっと鬱蒼として暗い感じです。

 センチュリーランはさすがに半端な距離ではないなと思いました。(苦笑) 疲れました。でも行こうと思ったら行けるものだなとも思いました。ひとつの自信にはなった気がします。
 たぶんもう、自転車で日光へ行こうと思ったりはしないでしょう。でも終わってみれば、これも記憶に残る旅になるのでしょう。

 (6月6日・記)


 PS あとから気づいたら、6月6日は“測量の日記念日”のイベントがあるので、国土地理院(つくば市)へ行きたかったんだっけ。忘れちゃってた。(^^ゞ

blogram投票ボタン

自転車

筑波縦走の道

 朝から雨がザンザン降り。雷はゴロゴロ鳴ってるし。
 きょうは自転車は無理ね…と思っていたら、昼ちょっと前から晴れ出しました。あれ、行けちゃう?
 気づいたときには自転車を外に出していました。

 前からちょっと確かめに行きたいところがあったのです。麓から見えると気になっていた場所。

 坂の始めからいきなり勾配13%という上曽峠を途中で曲がると、筑波連山を縦走するように走る林道があり、そこを上っていくと辿り着くのですが。さて…。

10-6-5douhyou
 ここがわたしの行きたい場所。
 気温は暑くもなく寒くもなく、走りやすそうですが。

10-6-5uwaso
 坂は阪神タイガースみたいな縞々模様で、キツイです。ヒ~。(>_<)

10-6-5kinokoyama
 やっと分岐点に着きました。向かうのはきのこ山方面です。こんな林道を通っていきます。

10-6-5hangglider
 ここは関東ふれあいの道にもなっているようです。
 途中にパラグライダーの離陸基地が何箇所か。
 で、もう少し行くと、ハングライダーの離陸基地。このあたりは足尾山(標高628m)です。すご~く眺めがいい! 
 空を見ると、パラグライダー・ハングライダー合わせて10機以上は飛んでいたでしょう。
 ハングライダーが飛び出していくのを眺めつつ、しばし休憩。

10-6-5ashiojinja
 途中の道標。一本杉峠を目指します。(左)
 この先100mほどのところにお宮があるようです。(右) 
 足尾神社は足の病を治す神様としての信仰がある神社で、信者が草履やわらじを奉納する風習が生まれた、と言われています。

10-6-5egonoki
 走っていると、ところどころに道に白い花びらが落ちているのに気がつきます。止まって上を見ると、エゴノキが。(英語では“japanese snowbell”というんです) タニウツギも。

10-6-5powerwindtukuba
 モーターの唸るような音で目的地に近づいたのがわかりました。
 風力発電の風車です。このあたりは丸山。
 麓から見るといつも2機見えるのに?と思っていたら、しばらく走るともう1機も見えてきました。きょうはひとつしか動いていないみたい。
 自由民権運動発祥の地の記念碑?(むかし加波山事件というのがあったのを思い出しました) 近くには花崗岩の採掘場もあります。

 あとは加波山を抜け、麓へと降りるばかり。
 しかし途中で空模様が怪しくなってきました。雷の音も聞こえる。降ってくれるなよ~~と思いつつ、麓へ。

 やっと麓へ辿り着いたものの、そこで雨が降り出しました。あれれ、けっこう大粒だ。どんどん強くなりそう。

 思わず飛び込んだ小さな雑貨屋さんで雨宿り。雑貨屋さんの店先のひさしがかなり大きくて、ラッキーでした。雨脚が冗談でないほどひどくなって、またしてもザンザン降りになったからです。おまけに雹も混じってた~~。
 山道で大雨に遇わずに済んで、ほんと良かったなぁ~~。

 20分ほど待っていたら、雨は小止みになって、空にはふたたび太陽が。

10-6-5rainbow
 振り返ると、いま下りてきた山が見えました。あそこから下りてきたんだ~。
 さらにラッキーなオマケ♪ 主虹のうえのほうにももうひとつ虹が見える二重虹でした。というか、主虹の下に、さらにうっすらと虹があって、じつは半二重虹だったの。(写真で判るかしら?)

 道路標示でここが県道64号線だということはわかったものの、どんどん麓を目指して下りてただけで、どこに出るのかまったく頓着なかったため、ふと、このあたりはどのあたり? わたしは何処?状態に。
 
 まもなく、どうやらここは笠間市内らしいとわかったのではありますが。
 雨引観音(旧真壁町)のほうに下りるつもりだったのにな。ちょっと遠くへ来ちゃったねぇ。(笑) ま、いっか。
 実際のところは、笠間市と桜川市(旧真壁町も含む)の境辺りらしいと走るうちにわかりましたが。

 県道64号は新しい道路なのか、舗装がきれいで走りやすかったです。あたりの景色もいいし。いい道でした。
 国道50号線に出て、帰路につきました。

blogram投票ボタン

日々雑記

ペピーノ

10-6-3pepino.jpg
  


 南アメリカ原産の植物。熟した実の見た目は黄色のトマトのよう。大きさや触感もトマトに似ています。
 花はナスに似ています。(トマトもナス科ですよね) こんなふうに紫の筋が入った頃が食べごろとか。

 デパ地下では1コ700円もする高級フルーツなのだそうです。
 味は…そうねぇ、薄味のメロン、に近いかな? あんまり美味しくない、という意見もあるようですが、ちゃんと熟した実ならば、まずいとは思わないです。(咽喉がイガイガしてしまうので、メロンはほとんど食べられないわたしなのですが、ペピーノは食べられました) サラダに加えたり、ジャムにしたり、ベーコンと炒めたりしても良いようです。
 でも700円出して買おうと思うか、というと、そのへんは微妙です…。^^;

web拍手

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。