星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車

渡良瀬川自転車道を行く

 室内18℃ 外気温11℃(6:00a.m.)
 1週間前とは20℃近くも違う気温。ちょっとさぶい。それでも天気は上々でした。
 5月に渡良瀬遊水地に行った際に見かけた渡良瀬川自転車道(桐生足利藤岡自転車道というのが正式名称?)をいよいよ走るチャンスかもと思い、出かけました。

10-9-26watarase
 360度見渡す限りほとんど雲のない遊水地。でも今回はここは素通り。

 遊水地を走ったときにも寄った道の駅きたかわべで休憩してから、自転車道へ。コースの始まりは、藤岡町(栃木県)の東武日光線の鉄橋の橋げたをくぐったあたり。

 4県(茨城・埼玉・栃木・群馬)境の接している地域なので、すぐに群馬県の板倉町に入ります。

10-9-26glider
 ここにはグライダーの基地がありました。
 
 やがて栃木県の佐野、群馬県の館林を過ぎ、ふたたび栃木県の足利へ。

カスリーン台風の記録
 昭和22年9月、カスリーン台風の際に関東の広い地域で1000人以上もの人が亡くなったそうです。足利市内だけで300人もの犠牲者が。その記憶をとどめるためのモニュメントが越水現場となった場所に建てられていました。

渡良瀬橋
 森高千里さんの歌でも有名な渡良瀬橋。(じつはわたしはあんまり曲自体を聴いたことはなかったのですが…)

織姫神社
 自転車道は一部一般道の脇道になっていたり、道路と交差していたりします。
 渡良瀬橋を過ぎてすぐの織姫交差点から伸びているまっすぐの道に目を向けると、織姫山の上に建つ織姫神社が見えました。1200年の歴史を持つ神社です。

 途中、自転車道が突然途切れたようになって進路を見失ってしまうところがありました。表示はあるにはあるのですが、小さいので見落としがちです。もう少し目立つような表示が欲しかったです。
 (自転車道の舗装がなくなって、対岸へ渡らなくてはならない箇所があったり、道なりに行ってしまうと行き止まりにぶつかったりするところもあります。とくに進路表示があるわけではなく、あっても消えかかったりしていて、これもわかりづらいです。わたしは数回違う道を進んでしまいました。帰りに気がつきました)

10-926myougisan
 やがて桐生に到着。妙義山がこんなに近い!

10-9-26meijikan
 桐生に来たら寄ってみたいと思っていたところがありました。桐生明治館という、もとは群馬県衛生所だったところです。展示室の資料に寄れば、衛生所(兼医学校)として使われた期間はとても短く、さまざまな用途に転用されていった建物のようです。
 貴賓室にあった2脚の赤い椅子は、この建物とは直接の関連はないものの、大正天皇とのちに昭和天皇が桐生に訪れた際に使用されたものとして桐生市に保管されていたものだそうです。
 急ならせん状の階段がちょっとコワかった。^^;

10-9-26meijikan2
 明治期のいろいろな生活道具の展示も。
 なかでも興味深かったのはオーディナリー型自転車。サドルはわたしの肩ぐらいの高さがありました。これってどうやって乗るのだろう? 見た目不安定そうだし、乗りにくくはないのでしょうか? ペダルは木製でした。

10-926tea
 珈琲館という喫茶室でお茶セットもいただきました。サツマイモのクリームが使われていて、ちょっと変わっているけれど美味しいアップルパイでした。
 「蓄音機をおかけしましょうか?」と係りの女性が、手回し蓄音機をかけてくれました。遠いむかしのメリケンな音がしました。

桐生の街の崖の家々
 桐生でもう一箇所行ってみたかったのは、聖フランシスコ修道院。地図を眺めていて偶然見つけた場所ですが。
 桐生の街なかになぜかひとところだけ山の斜面に家々が密集している不思議な場所がありました。地図からすると、おそらくその丘の上にあるのではないかと思いました。
 でもそこに寄っている時間はどうやらなさそう。またの機会にと諦めました。

10-9-26clouds
 もと来た自転車道の逆コースを辿っているうちに、一転にわかに掻き曇り、ではないですが、天気が怪しくなり始めました。空にはレンズ雲も飛び、上空の風の強さを物語っていましたし。

 案の定、東の風がだんだん強く吹き始めました。ひょえぇぇ~~、もろ向かい風。(~_~メ) 朝のうちは風なんてすこしもなかったのに。
 足利あたりからペダルがぐっと重くなり、ギアを軽くしても巡航速度17km/hにがた落ち。あ~漕いでも漕いでも進まないっ!!

 去年とは違って、今年はこれまで風にたたられることがほとんどなかったので、油断しておりました。坂より風のほうが数倍疲れる~~。(>_<)

 夕方過ぎにはこの風攻撃に加えて、やがて雨攻撃も。
 
 おまけに誤算だったのは、幹線道路の国道旧4号が思いのほか暗かったこと。街灯も少なく、足元がほとんど見えません。怖いので、路側帯の狭い車道は避けて、歩道を通ることにしましたが、この歩道がまた狭いうえに路面がガタガタ。側溝に蓋しただけのところも多くて走りづらいこと走りづらいこと。

 むろんわたしはしっかりライトを点灯してましたとも! しかし、逆走・無灯火の自転車が怖いので、スピードも出せません。(実際そういう自転車がこの日も少なからずおりました) 雨降りの夜なのに、意外に歩いている人も多く、それでいて反射材など身につけている人はまずいません。
 
 あなたからはわたしが見えていても、わたしからはあなたが全然見えていないんです!
 向こうから来る方々はそんなことはまるで想像してもいないのでしょうか。
 
 走っているうちにレゴの腕時計をどこかに失くすし。

 まぁ無事に帰ってはきましたけれども。疲れました。(>_<) 今年いちばん疲れた走行でした。

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

さんぽ・たび

こんどはバス旅

 昨日、行く先不明のミステリーツアーに参加してきました。
 上から順を追って撮っています。写真から、だいたいどこを走ってきたか、わかるでしょうか?
 2日前に見たばかりのスカイツリーをまた見ちゃいました。(笑)
10-9-20mysterytour

10-09-20mysterytour2
 フェリーにも乗りました。

10-9-20mysterytour3
 2300段以上もある山の階段を登って下りて、こんなところにも行きました。

10-9-20mysterytour4
 最後に海からの夕陽を。
 遠くに見える町はヨコハマです。ランドマークタワーが見えました。

blogram投票ボタン
 

さんぽ・たび

友だちと東京散歩

 友だちとひさびさの東京散歩。

 渋谷からコミュニティバスに乗ってまずは代官山まで。小回りのきく小型のバスが路地を縦横無尽に走ります。
 渋谷・代官山付近は東京の山の手ならではの起伏に富んだ地区。閑静な住宅街に16%という勾配もあって、ちょっぴりジェットコースター気分も。徒歩より高い視点で街並みを眺められるし、路地好き・坂道好きにはかなり楽しめること請け合い。

 代官山交番前の旧朝倉家住宅を見学。撮影は禁止でしたが、ここは一見の価値ありです。
 東京府議長や渋谷区議会議長も務めた朝倉虎治朗氏によって、大正時代に建てられた和風住宅。関東大震災の際にも瓦1枚破損しなかったという堅牢な建物。部屋数も多く、建築の細部もみごとで、見どころ満載。
 崖の斜面を利用したお庭も素晴らしく、東京の真ん中にあるとは思えないほど。モミジが多く、紅葉の時期はさらに美しいことでしょう。

10-9-17rabelais
 その後、フランス料理のお店でコース・ランチ。とくにお魚料理が美味しかった~♪

 ヒルサイドテラスのお店や図書館を覗いたり、エジプト大使館やデンマーク大使館のある旧山手通り沿いをブラブラとお散歩。

10-9-17sarugakuduka
 古墳も発見。東京の真ん中に古墳ですよ~。
 塚まで覗けず、入口の鳥居だけを撮りましたが。
 「6~7世紀ごろに死者を埋葬した古墳」と言われているそうです。猿楽塚といって、このあたりの地名、猿楽町の名前の源でもあるとか。

10-9-17nihonbashi
 その後、友人のリクエストで日本橋まで。裏路地の茶カフェで抹茶もなかをいただき。

10-9-17skytree
 さらに、おのぼりさんらしく(笑)建設中のスカイツリーをのぞむべく浅草へと向かいました。

10-9-17sumidagawa
 夕風が涼しかった隅田川の夕暮れ。

10-9-17omatsuri
 浅草ではちょうどあちこちの町内でお祭りが行われていて。いろいろな通りから笛や太鼓の音が。細い路地の真ん中に盆踊りの輪が出来ていたり。

 自転車もいいけれど、こうして自分の脚で街を歩くのもとっても楽しい。1日まるっと楽しめた小さな旅でした。

blogram投票ボタン
 

nonaカフェ

三つ編みパン

三つ編みパン
 なんとなくパンが焼きたくなるときがあります。
 気持ちがぼうっとする日とか、雨の日とか…。

 パン焼き器ではなくて、じぶんの手で生地をコネコネして、オーブンで焼くのが好き。

 パン焼き器をもともと持っていないからですが。
 パン焼き器を買おうという気もないので。
 手作り至上主義派ではないつもりですけれど。(出来合いのだって美味しいものはあるし)
 ひとそれぞれでしょうが、パン焼き器だと自分で作った感が希薄になりそうで。

 スポーツにはそれほど関心はないのですが、もしも好きなスポーツがあったなら、TVで“見る”よりは、じぶんで“やりたい”派です。
 パン焼きもそれと同じです。blogram投票ボタン
 


自転車

千本松牧場&もみじ谷大吊橋

 自分の脚で、自転車で、はたしてどのあたりまで遠くへ行くことができるか、ということに、目下わたしの興味があるのだと思うのです。だからそこへ1度行ければ満足で、同じコースを2度は走らないと思います。
 なので、こういうチャレンジはたぶんいまのうちだけ。
 さらにもっと遠くへ行きたくなったら、輪行になるだろうなと思うし。

 今回のトライは、千本松牧場まで行けるかどうか、でした。温泉地として有名な塩原への道の途中にある牧場です。
 例によってMapionのキョリ測で計ると、日光へ行くよりも距離が近いようだったので。(でも実際の走行距離は日光へ行ったときよりずっと多くなってしまったのはなぜ?^^;)

 今年の冬、御料牧場のある高根沢町まで走った際に、距離板の「那須塩原51km」という表示を見たときから考えていました。なんだか走れそうな感じ、と思えて。

 高根沢まで国道408号を北上、そこから国道4号線(旧4号)へ。

10-9-11rout4
 4号線は4車線化の工事がところどころで進んでいます。日本の大動脈輸送路とも言える幹線道路なのに、意外にそのへんの近所の道路と変わらない。(笑) 古い国道だから? 
 でもすでに4車線化されたところは、自転車もとても気持ちよく走れる道に変わっています。4号全線(東京~青森)を4車線化するとしたら、時間もお金もだいぶかかかることでしょうけれど。

10-9-11yunokashiobara
 千本松牧場の先10kmほど行ったところに、道の駅「湯の香しおばら」があり、またそこからさらに3kmほど行った先には塩原ダムのもみじ谷大吊橋があります。せっかく行くのだからというわけで、牧場へ行く前にそちらにも寄ってみることに。

 湯の香しおばらの売店には、なぜかバルタン星人がいました。(じつはその向かい側にはウルトラマンも) ちょうど10時ごろで小腹も空いたので、ここで梅まんじゅう(大きな梅が丸ごと入っていました)とつぶ餡のゴマまんじゅうをおやつに休憩。

 ところで、湯の香しおばらを出てすぐのところには急坂が立ちふさがっています。暑かったこともあって、あんな坂を上がっていかなきゃ行けないのかぁと、気持ちが萎えそうになったのですが。行ってみて上れそうになかったらそこで諦めてもいいから、と思い直して走り出しました。
 上ってみると、いちばん軽いギアを使わなくても上れたので、意外に行けるものだと思いました。

 しかし、この道は塩原温泉郷へ向かう道だけあってクルマが多いのです。乗用車はもちろん、観光バスも。それだけじゃなく、大型トラックの類もなぜか多く。
 なのに、道幅は広くもなく、歩道は無いし、路肩すらほとんど無い。つまり、後ろから大型が来ても逃げ場がないんです。1箇所ちょっとだけ広くなっていたところには一面大粒の砂利が敷いてあり、タイヤが滑りそうになるし。(~_~)
 観光県の栃木にしては、こんな道路って?という感じです。

 じつは、わたしはバス旅もたまにするので、この道(国道400号)は何度か通ったことがあります。でもバスに乗っているときには、こんな道路だったとは気がつきもしませんでした。木陰の多い山道で、歩いても気持ちの良さそうな道なのですが。できれば歩行者にも自転車にも優しい道にして欲しいものです。

10-9-11momijidaniohtsuribashi
 もみじ谷大吊橋は「全長320メートルで無補剛桁歩道吊橋としては、本州一の長さ」だそうです。こころなしかあたりの空気も澄んでみえました。こんなに暑くても、もう紅葉の始まっているモミジが1本。

 最後は目玉の千本松牧場へ。
 カフェレストランでグリルランチを食べてから、牧場内のサイクリングコースへ。貸し自転車を借りることも出来ます。性能のいいミニベロを借りている人が多かったようです。

10-9-11senbonmatubokujou
 サイクリングコースはこんな林のなかに続いています。千本松というだけあって、松の木がたくさん。コナラなどの落葉樹の道も。

10-9-11shiitakesaibai
 シイタケ栽培もされています。

10-9-11houbokujou
 那須連山を望む牧場。牛たちも暑いのでしょうか。屋根のある場所に固まっています。

10-9-11bessou
 途中にあった古い洋館。牧場の創始者、松方正義の建てた別荘だそうです。

10-9-11oteuenomatsu
 昭和天皇のお手植えの松も。大正12年8月に植えられたらしいです。
 
 帰り道はR400を南下。ペダルを漕がなくても自転車が勝手に進んでしまいます。行きにはあまり気づかなかったのですが、牧場までずっとゆるゆる勾配の長い坂道だったようです。この感じは日光街道に似ているかも。

 牧場から最寄の東北線・西那須野駅に行って、自転車を畳んで帰る、というのが取るべき手段だよねとは思うものの、いまだ輪行に自信のないわたしはひたすら道路を南下。

 塩原付近とは違って、下った先の新R400は道幅も広く、自転車も走りやすかったです。
 R294はアップダウンが多いし、キツイ坂もあるので、坂の少ない、もと来た4号に出たかったのですが、道路の気持ちよさについ大田原あたりまで走ってしまい。結局は294で帰る羽目に。

 あ~疲れた~。^^; でも終わってみれば、今回も1日フルに活用した自転車旅だったように思います。
 
そばはちみつ
PS おみやげに買ったそばの花の蜂蜜。独特の香りとコクがあって、ちょっとやみつきになりそうです。

blogram投票ボタン

自転車

毎年恒例の

 つくばにあるKEK(高エネルギー加速器研究機構)の一般公開に行きました。ちょっと早い到着だったかなと思ったオープン時刻の9時ごろでさえ、構内はもうたくさんのお客さんが。家族連れも多い。

 今回は、放射線を観察する霧箱を作ったり、ニュートリノに関する講演を聴いたりして、1日があっという間に過ぎました。施設から施設へ廻るのに忙しくて?今回は写真はほとんどなし。毎回のことですが、構内のすべての施設を見ることはなかなか至難の業です。いつもわりとじっくり見てしまうので。

Belle検出器
(Belle検出器、これは昨年の一般公開のときに撮ったものです)
 小林・益川理論の正しさを確定したBファクトリー筑波実験棟のBELLE検知器はすでに解体作業が徐々に始まっていて、これが見納めかなと思ったのでとりわけじっくり見てきました。(昨年夏には天皇陛下・皇后様も見学されたそうです。手すりに写真が貼ってありました)
 4年後には、性能が50倍Upという新装置が稼働する予定とか。

10-9-5kekgoods
 今回のお土産。
 素粒子のぬいぐるみ(素粒子の性質ごとに大きさや重さが違うのです)が可愛かったものの、今回は売店でのお土産はゲットしなかったので、すべて無料でいただいたものばかり。
 霧箱教室で作った霧箱に(アルコールとドライアイスがあれば永久に観察に使えるのです)、2010年版(毎年デザインが違うので)キーホルダー、素粒子カンバッジ、色鉛筆、とくに陽電子の軌跡を写した乾板のしおりなどは、KEKならではのグッズではないかなと。

10-9-5mttsukuba
 帰り道の筑波山。

10-9-5cosmos 
 小貝川ふれあい公園にも寄りました。
 ちょうどひと月前、筑波宇宙センターに行った際に寄ったときには何も咲いていなかったのに、今回はコスモスがかなり咲いていました。暑くても秋、でしょうか?

10-9-5yau
 そこからすこし行った先に、下妻市出身の詩人、横瀬夜雨の詩碑を発見。何度となく走っている道なのに、これまではまったく気がつかなかったのですが。
 ほんとに目立たないところにあるので、あらかじめ場所を知っていない限りは、気がつく人のほうが少ないんじゃ?

 あろうことか、そこから走り出してすぐ、自転車にトラブル発生。これまで快調に走ってきたのに。(あぁ、でも行きの途中じゃなくて良かった…)
 後輪の具合がおかしいことに気づいて点検してみるも、タイヤに何か刺さった形跡も見つからず…。
 まだこの先走らなきゃいけないのに…と思っても、近所に自転車屋さんはたぶん、ない。(~_~)
 そのまま低速でゆっくり乗って帰るしかありません。

10-9-5nashisoftcream
 それでも、去年の夏に食べそこなった、梨ソフトを食べに道の駅しもつまに寄るのだけは忘れず。パンクだろうがなんだろうが、これはオミットできず。
 写真だとわかりづらいですが、うっすら緑がかっています。食べたときの梨の細かな果肉の食感と香りが美味しいソフトでした。(べつに、梨のジェラートというのもあります。昨年味わったのはそちらでした)

 
 PS 自転車屋さんで見てもらうと、パンクではなく、目立たない判りづらい部分でしたが、タイヤが裂けているとのことでした。ガ~~ン…。(>_<) こうなればタイヤ交換しかないのでした。
 タイヤサイズが特殊なので、すぐには交換できず、少し時間がかかるとのこと。自転車屋さんにマイ・バイクを預けてきました。

 しかたありませんね。このクロスバイクに乗り出してまだ1年半ほどしか経っていませんが、日本列島を縦断して、さらにおつりが来るくらいの距離をすでに乗ってきたのですから。タイヤ交換すべき時期だったのでしょうね。

blogram投票ボタン
 
 

日々雑記

寒天でごま豆腐

ごま豆腐
 わたしの寒天ブームは当分終わりそうにありません。(笑)
 デザートばかりではなんなので、寒天でおかずになりそうなものも作ってみました。
 
 練りごまと豆乳(調整豆乳でないもの)で作るごま豆腐。
 本来ならごまを丁寧にすり鉢ですって作るのでしょうし、寒天は使わないかもですが、本式の作り方をする時間はわたしにはないので。
 のばしためんつゆを回しかけてわさびを乗せて。
 よそうときにちょっと崩れちゃったけど。(^^ゞ
 
 冷たい豆乳茶碗蒸し、なども考え中。
 寒天でもっともっといろいろ作れそうです。

blogram投票ボタン
 

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。