星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節

1984年の記録

 この冬は平均気温が平年より3℃ほど低いのだそうです。平均気温が3℃低いと言ったら、かなりの低さに思えますが…。
 1984年以来のことだそうです。
 やっぱりラ・ニーニャ現象のせいかな。

 11年周期だったはずの太陽活動の周期が微妙に狂ってきているようだし。地球も影響を受けて、寒冷期に向かってしまうのか?? 寒いのキライだから、それはイヤだなぁ。(~_~;)

 むかしからメモ程度の日記をつけるのが習慣づいていたので、1984年の記録も残っているかと過去のノートを繰ってみました。

 「1月19日(木) 朝から雪。積雪10㎝強。」
 「1月22日(日) 午前中、雪。」
 「1月31日(火) 朝から雪。積雪15㎝以上。」
 「2月17日(金) 午後、雪が降り始める。」
 「2月18日(土) 積雪25㎝! 長靴がもぐってしまう。」
 「2月26日(日) 雪。」
 「3月10日(土) みぞれ降る。」 
 
 とにかく、雪の記述が多いです。言っておきますが、ここは関東地方ですからね。
(あれ?!いま気がつきました。日付の曜日が今年とおんなじだ。しかも、この年もうるう年だ(*_*))

 そして3月12日になって、「庭の東側の梅、やっと咲きだす。ひと月遅れの開花だ。」
 例年ならば遅くとも2月の半ばには咲いているはずなので。

 それでも、5月7日や8日のメモには、「夏日」という記録が。

 この年は、ずいぶん“鳥”に出逢った年でもあったらしく、5月にはアオバズク、エゾムシクイ、センダイムシクイ、コサメビタキ(?)などを見た記録が。
 探鳥会に出かけたりしたわけではなく、ぜんぶ庭で見た鳥です。
 わたしにとっては、鳥の当たり年だったようです。

 書いておいてみるものだなぁ、などとちょっと思っています。


  blogram投票ボタン  

スポンサーサイト

本・音楽・映画など

ウィンター・ライト

 冬になると聴きたくなる曲のひとつ。

秘密の花園 [DVD]秘密の花園 [DVD]
(2010/04/21)
ケイト・メイバリー、ヘイドン・プラウス 他

商品詳細を見る

 「秘密の花園」という映画のエンディング・テーマでした。(原作は、「小公子」や「小公女」でも有名なアメリカの作家バーネット)

 映画を観た時は、リンダ・ロンシュタットが歌っている、なんてちっとも気がつかなかったのだけど。
 ロックっぽいものを歌っていたころの彼女からは想像もできないくらい、きれいなファルセットを聴かせてくれるので。彼女のオリジナル・ナンバーです。

 クリスマスの音楽のような、讃美歌みたいな曲だなぁといまでも思います。歌詞もちょっと讃美歌っぽいような気もしますし。


 こころは叫び
 こころはくじけ
 雨に呑みこまれて

 誰が知るでしょう?
 人生がうつろに
 虚しくなって行くなど

 冬の光に包まれて
 さまよいながら
 悪者も 分別のある者も
 救済を証言する
 そして人生はまた最初から始まる

 いま あなたを包む澄んだ空
 愛の影があなたを取り巻くでしょう
 この夜じゅうずっと
 
 たそがれに光を放つ星よ
 わたしに真実を語っておくれ
 希望がささやくなら
 わたしはついてゆきましょう
 あなたもまた わたしを愛してくれるあいだは

(訳・nona)
  
 サラ・ブライトマンがカヴァーしていて、こちらでこの歌を知っている人のほうが多いのかも。というわけで、サラ・ブライトマンのヴァージョンで。
 サラ・ブライトマンのアレンジは、ほとんどリンダ・ロンシュタットのヴァージョンを踏襲していると思います。



  blogram投票ボタン  

今年は金環食の年

 「星と自転車」というタイトルが泣きそうなので?、ちょっとは星の話題も書きましょう。

 今年、日本で起こる天文現象で、いちばん話題になりそうなのがこれですね。
 
 起こるのは5月21日の朝です。
 めったに見られない天文現象ですので、その日が晴れることを祈りたいです。
 
 朝6時過ぎから欠け始めて、金環食の始まりは7時半ごろ、それから5分くらい金環食が続きます。
 月曜日ですから、通勤・通学時に遭遇する方が多いかもしれませんね。

 太陽の9割ほどが欠けるので、あたりの空気もすこしスーッと涼しくなって、暗くも感じるかも。

金環食
 きれいな指輪のようにみごとな金環が見られそうなのは、東京です。金環食が起こるのは、金環食帯と呼ばれる帯状の地域ですが、このちょうど中心線上を通るのが東京なので。
 おもに関東から九州の太平洋側がこの地帯に入っています。そのほかの地域では部分日食として見ることができます。

 なお、日食を見るときは、かならず日食グラスをかけて見るようにしましょう。
 
 余談ですが、その翌日はいよいよスカイツリーの開業日ですね。

  blogram投票ボタン 

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。