星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本・音楽・映画など

ひこうき雲~ユーミン

 「エヴァンゲリオン」の庵野秀明監督が主人公の声を担当していることでも話題の、ジブリ最新作、宮崎駿監督の「風立ちぬ」。
 宮崎監督が好きだという、同名小説の作者・堀辰雄氏と、零戦や旅客機YS-11の設計にもかかわった堀越二郎氏へのオマージュにもなっているようです。
 (YS-11っていえば、その技術を受け継いだ会社が折り畳み自転車を作ってるって、知られているかな?)

 ジブリ作品の特徴と言えば、空飛ぶシーンと自転車のシーンが多いことだと思ってるんですが。(笑) 今回は正面切っての、ヒコーキ映画?
 宮崎監督の作品ですので、ただのヒコーキ映画でないことはもちろんでしょうけれども。

 できれば、TVで「トトロ」を観て「子どもだましかと思ったけど、そうじゃなかった」と言っていた父に、この作品を見せたかったな。
 なんか、そんな気がするのです。
 “ヒコーキのひと”だったから。(そう、“飛行機”じゃなくて、“ヒコーキ”と書きたい) パイロットだったとかいうわけではないけれど。

 埼玉県所沢の航空記念発祥館ではいま、堀越二郎氏の生誕110周年を記念して、「堀越二郎の生涯」展が、そして堀越氏の出身地、群馬県藤岡市の藤岡歴史館でも、「堀越二郎の軌跡」展が開催中です。
 
 そう言えば、堀越二郎氏が誕生した年に、ライト兄弟は初めてキティホークにて空を飛んだんですね。

 ユーミンが「荒井由実」だったころに書いた(彼女のファースト・アルバムでした)、「ひこうき雲」が映画主題歌として採用されているとか。
 「ひこうき雲」を書いたときユーミンは高校生だったんですよね、まだ。

 アレンジ終盤になんとなくキャロル・キングを感じて、ちょっと懐かしさも。




  blogram投票ボタン

スポンサーサイト

本・音楽・映画など

水のマージナル~PSY・S



 梅雨明け以来30℃超えが当たり前みたいな毎日ですね…。
 というか、35℃超えか。(笑)
 でも、きょうはいくらか空気に涼がありました。(蒸し暑さはあったけれどね)

 ほんとうは“夏”が来る前の、“初夏”の歌かな。
 でも夏になると、聴きたくなる歌です。
 ヴォーカルのチャカさんの声質が好きなんですよね、また。
 歌詞も好き。

 子どものころを思い出すような、こんな夕暮れの風景に出逢いたいなと思います。

  blogram投票ボタン

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。