星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

甘酒づくり&あんずジャム

14-6-22甘酒  麹で甘酒(甘麹)を作りました。塩麹が流行ってましたが、料理で使うには、個人的には甘麹のほうが使いやすい気がして。
 お砂糖代わりに甘麹を使うと、優しい甘さに仕上がります。

 炊飯器でおかゆを炊いて、そこに麹を入れ、保温しながら4~5時間ときどきかき混ぜて置けばできあがり。と、塩麹よりも作りやすいし。

 冬に飲むことの多い甘酒ですが、俳句では夏の季語だそうで、もともとは夏の飲み物だったようです。
 栄養豊富で、“飲む点滴”とも。
14-6-22あんずジャム しばらく何年も実をほとんどつけなかったアンズの木が、今年は再び少しだけ実をつけて、これも落ちて来るのを拾って、ジャムに。4~5個もあれば、市販の300円ぐらいのジャムひと瓶くらいの量にはなります。

 庭の枇杷も、今年は夏至を待たずに落ち始め、拾っては洗って冷蔵庫に入れているのがもう、大きさはさほどでもないですが、数はたくさん。いずれコンポートにしようかな。

 例年のごとく、赤紫蘇ジュースも作りました。

 6月は毎年なにかと手作りをする機会の多い月になっています。

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

季節

桑の実ジャム

桑の実ジャム  先日自転車でお出かけした際に、自宅から5kmほど離れた場所の道路わきに偶然見つけた大きな桑の木。
 
 そこは典型的な田舎の道ですが、わりと交通量の多い道路。
 なのに、道端の桑の木になんて目をとめる人はいないらしく。
 どの枝にも実がたわわ。収穫された形跡すらありません。
 誰も桑の実なんかに興味はないのか。
 目を付けるのは鳥か、またはわたしのようなもの好き食いしん坊だけってことか。
 
 これは食さなくてはいけないだろうと。
 自転車を止めて、桑の実をほうばることしばし。
 おかげで、両掌は紫色。もちろん、あとで手を洗うことはできましたが。

 まだまだ実は採りきれないほどなっていて、どうしてもジャムを作りたいな~という気持ちが抑えられず。
 ふたたび後日、同じ場所に。
 こんどはぬかりなく?ジッパー付きの大袋持参で。

 たっぷり実を収穫させていただきました。
 500gぐらいは採ったかと思ったのですが。
 家に帰って計ると300gでした。
 それでも中鍋に入れて半分くらいの量にはなりました。

 重さの6割のお砂糖と煮ました。あとレモン汁を少々。時間は15分くらいでしょうか。
 もう少しお砂糖控えめでも良かったかもしれませんが。
 まぁ保存のためもあるので。
 と言っても、量が多いわけではないので、保存する前に食べきってしまうでしょうけれど。

 ジャムは煮過ぎると、冷めた時に固くなってしまうので、ゆるいかな?ぐらいのところで煮るのをやめておくことがベスト。

 なかなかいい具合にできあがったと思います。自画自賛。


blogram投票ボタン


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。