星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々雑記

花火大会

 昨夜は、常総きぬ川花火大会に行ってきました。お弁当も作って。
 東京に住む弟が誘ってくれたので。
 県内だけど、いままで1度も見に行ったことがなくて。今回初めて。
 弟は今回3度目とかで、ずいぶん詳しい。
 というか、かなりの花火好きらしく、日本全国あっちこっちの花火大会を見に行っているらしい。

 想像以上にレベルの高い花火大会というか、とっても堪能しました。
 七日の月が花火と共演してたし。 (この月がまあるくなったら十五夜だ)
 日本人で良かったな♪

 ドリカムはあまり聴かないけど、大会でもかかっていたので、この曲を。



 歌詞にも出てくる夏の大三角が、頭の上できれいに輝いていました。

 朝のうちは雨だったけれど、午後から奇跡のピーカン。
 今週ずっとお天気が冴えなかったから、よっぽど日ごろの行いがいいのかな?と思う晴れ女でありました。

blogram投票ボタン

スポンサーサイト

季節

もう夏終わり?

 立秋前にもう、ツクツクボウシが鳴き始めてたし、うろこ雲がいっぱい湧いている空を何度も見たし。
 わたしの観天望気によれば、今年は秋が早いのかな~とはうすうす思ってはいましたが。
 ついに、先日羽毛布団を引っ張り出してしまいました。8月に羽毛布団だなんて、これまでの夏には1度もなかったと思いますが…。
 最高気温が25℃行かなかったりしますから。今朝の気温はとうとう20℃切っていました。
 
 先日は彼岸花が群れて咲いているのも見つけてしまったしねぇ。(ひと月早いよ)

 いくらなんでも9月になれば、残暑は戻ってくるでしょうが、8月は寒いまま終わるかな。(^_^;)

 太平洋高気圧の張り出しが弱く、関東では連日35℃超えの暑い日々でしたが、ほかの地方では雨続きでしたね。それも尋常ならざる雨で。
 いつもの8月なら西日本の外を大きく回って進むはずの台風が四国を横断なんかしていったのも、太平洋高気圧が弱かったせいですね。

 学校の理科の授業で印象に残ってる気象用語のひとつが“湿舌”でした。
 天気図で、暖かい湿った空気が舌のように伸びている部分のことです。(試験にも出た気がするな)
 上昇気流で水蒸気が運ばれたりして出来るものですが、これが前線と結びついて、豪雨を降らせることがあるわけです。
 太平洋高気圧が弱かったことで、それが西日本に流れ込みやすかったのもあるのではないでしょうか。

 わが家の周辺ではそんな豪雨は降らなかったのですが、日本全体を見れば、1時間に100mの雨がザラだった気がします。
 タイヘンな豪雨だというのはわかっても、1時間に100mと言うだけではピンと来ないところもあるかも。それはドラム缶50本分の水がいっぺんに降り注ぐ、ということです。少しは想像しやすいでしょうか。

 家の周囲を川や山に囲まれている地域に住んでいたら、その辺を意識して、早めに避難も必要かもしれませんね。集中豪雨は夜中に降ることが多いので(去年の伊豆大島でもそうでしたよね)、大雨警報や土砂災害警報が気象庁から発表されたら、まだそんな大した雨じゃないと思っても、明るいうちに避難や避難準備をしておくことも大事かも。
 たとえ大雨が空振りに終わっても、「あぁたいしたことなくてよかった~」で終われると思うし。

blogram投票ボタン

自転車

ホテイアオイを見に

 栃木県大平町(いまは栃木市に入ってるのかな?)にホテイアオイが見事に咲いてる場所があると聞いて、ちょっと行ってみることに。

14-8-23ホテイアオイ
 
 咲いてはいましたが、全体から見れば、一部咲きぐらいだったかな。花が見ごろを過ぎたのか、これからなのか、それとも今年の生育があまり芳しくないだけか…。

14-8-23ホテイアオイ2

 公園などではなくて、個人の農家の方が休耕田を利用して育てています。
 ホテイアオイは冬には枯れてしまうのですが、冬季は室内に苗を移して管理し、春に水田に植え付けるそうです。繁殖するまでの雑草取りが一苦労だそう。

 近くに東武線が走っているので、鉄道マニアも撮影に訪れるとか。
 わたしの好きな雅系(江戸紫)のスペーシアが通過。
14-8-23スペーシア
 
14-8-23シオカラトンボ
 シオカラトンボがいっぱい飛んでいました。

 帰り道では彼岸花の群れも見つけました。今年は早いのかな?

 そんなに走るつもりではなかったのに、予定より30kmオーヴァーになってしまった勘定。どういうわけか途中で道を間違えたらしい。(-_-;) 
 帰宅してから地図を見たら、ずいぶん遠回りコースを通っていたことに。初めてのルートというわけじゃないのに、どうして間違えたのか…キツネにつままれたような気持ち。 
 ま、そういうことはこれまでも何度かあるのでしたが。(笑)

 行きには南寄りの風だったのが、帰りには北東の風に。天気が悪くなるのかな、と思ったら、1時間ほど寄っていたカフェ・レストランを出たときに、小雨が。早い天気の変わり様でした。

blogram投票ボタン

自転車

同じ12時間を使うなら

 「1日にネットを12時間するのが日課だった」というひとの新聞記事を読んで。
 人それぞれだとは思いますが、同じ12時間を使うなら、わたしなら自転車に乗ってる方がいいな。
 それだけの時間があれば、日帰りで日光へも行って来られるし、スカイツリーへも行って来られる。(日光へ行った時は裏見の滝を見学し、スカイツリーの時はおしなりくんに遭ったっけ)
 いまだったら、自走より輪行を選びますが。(笑)

 たいていの道には入っていけるから、見知った地元でもまだまだ知らない道を発見できる。
 え?ここは軽井沢?!というような森も見つけてしまうし(そこだけ見ればね(笑))。ヒグラシの声が天から降るようだったり、ウグイスもまだきれいに歌ってるのが聞こえる。

 自転車好きでよかった~、とつねづね思うことが多いです。 
 平均血圧も脈圧もいまだに高校生並みなのは、ひとつには自転車のお陰だと思ってるし。(よく血圧の高さばかりが気にされるけど、さらに大事なのはこっちだと思うんだなぁ) 耳鳴りだけは相変わらずだけどね。(ノД`;)
 もっとも、わたしは、“健康のために”自転車に乗ってる意識は、これっぽっちもないのではありますが。



 曲はSFアニメ「老人Z」(大友克洋・原作)のエンドロールに使われていた小川美潮さんの「走れ自転車」。


blogram投票ボタン

本・音楽・映画など

太陽とアイスクリーム

 

  野見祐二さんのアレンジなんだね~。(あらめてクレジットを見て)
 ジブリ・アニメ「耳をすませば」でも音楽を担当。あの作品で、このひとのシンセの音好き♪と思ったのでした。
 うまく言えませんが、野見さんのシンセサイザーにはちょっと独特のカラーがある気がして。

 この曲の冒頭は意外に?ロック・アレンジ。でもハープシコード風の音はシンセかな。

 歌詞のなかの「しなやかに 泳ぐフォームは ダリル・ハンナかしら」のフレーズは、もちろん映画「スプラッシュ」を踏まえての、でしょうね。

 ダリル・ハンナ…そう言えば、「ブレードランナー」のレプリカント役もやってたっけな。
 
blogram投票ボタン

本・音楽・映画など

本2冊

 イギリスの児童文学や童話は、子どもの頃からずいぶん読んで来た、と思っていたのだけれど、先日友だちと観に行った「思い出のマーニー」はわたしの記憶には全くなく。
 岩波少年文庫にもむかしから入っていたのにね。
 で、作者のジョーン・G・ロビンソンについても、まったく知らないと思っていたのでしたが。

 しかし、わが家にこの本があったのです。(が、現在は行方不明)

おはようスーちゃんおはようスーちゃん
(2007/09)
ジョーン・G. ロビンソン

商品詳細を見る

 小さい本ですが、赤い表紙の装丁が印象的で、忘れっこない本でした。
 で、作者はジョーン・G・ロビンソンなのでした。

 未知の作者ではなかったってことね。しかし作者名が印象に残らなかったのはなぜかな…?

 それに、本自体、どこにいってしまったんだろう?


 本と言えば、もう一方はコミックですが。
 大好きな「海街diary」の6巻目が発売になりました。
 サブタイトルは、「四月になれば彼女は」。
 と言えば、もちろん、この歌ですね。



 実写映画化されて、来年初夏には公開されるとか。配役ももう決定してるようです。
 原作がステキなので、良い映画になるといいな。(実写化されたがゆえにイメージ壊れる、ってことが往々にして無きにしも非ず、というのが、杞憂に終わりますように)

blogram投票ボタン

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。