星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本・音楽・映画など

赤い風船

赤い風船/素晴らしい風船旅行 [VHS]赤い風船/素晴らしい風船旅行 [VHS]
(1993/04/21)
パスカル・ラモリス

商品詳細を見る

 新聞のTV欄をなにげなく見ていたら、WOWOWの番組表に「赤い風船」の文字を発見。
 うっわぁ、なつかし~~♪
 WOWOWで「赤い風船」なんてやるんだ~。うちのTVでは映りませんが。(契約解除しちゃったしぃ…)
 
 でも、待てよ。わたしはたしかビデオを持ってたんだよなぁ。あれどこかにあるはず…。
 探しました。出てきましたよぉ。ちょっぴり埃を被って。^^;

 映画館で観たことがあるわけではありません。なにしろ制作が1956年というから、半端なくむかしの映画です。知っている人はあまりいないかもしれない。いや、映画が大好き、というひとなら、知っているかも? 
 
 わたしがなぜこの映画のことを知っているかといえば、子どものころ、父が取っていた8ミリ映画制作雑誌の記事で、「赤い風船」とラモリス監督のことを読んだことがあったからでした。
 このビデオではカップリングされているらしい「素晴らしい風船旅行」という映画はTVで観たことがあって知っていたので。すぐに、あぁあの監督、と思いました。(わたしが所有するビデオでは「赤い風船」と「素晴らしい風船旅行」はカップリングになっていません) 
 どちらのお話にも登場する主人公の少年を演じているのは、ラモリス監督の実の息子さんです。(といっても、いまはいいオジサンなんでしょうねぇ…)

 「赤い風船」は30分ほどの短編です。セリフもほとんどなかったように思います。映像が詩のように流れていく映画、とでも言いますか。「素晴らしい風船旅行」は長編ですが、こちらも映像詩といった趣です。どちらも映像を楽しむ映画だと思います。

 むかしの映画を観るのも好きですが、こういう作られ方の映画って、最近はほとんどないように思うからかもしれません。
 きょうはちょっと予定があるから観られないけれど。せっかく探し出したビデオです。あとでじっくり観ることにしようっと。
 
 そう言えば、「赤い風船」は、いわさきちひろさんがかつて絵本にしています。それもわたしは持っていたはずですが…。

あかいふうせんあかいふうせん
(1968/12)
ラモリス

商品詳細を見る

 検索してみました。
 あぁ、この本ですね。うん、これもなつかしい~。

PS うわぁい、こんなページも見つけちゃった♪

web拍手

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/1013-e269cc9e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。