星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nonaカフェ

びわジャム

枇杷ジャム びわジャムを作りました。

 裏庭には鳥につつかれて落ちたびわの実と種がいっぱい散らばっています。 
 鳥たち(おもにムクドリ)が食べ残した樹のしたのほうに残っていたものを10個ほど取ってきました。

 ちいさなホーロー鍋に皮をむいたびわと、その半量の砂糖を入れて、弱火でコトコト。煮崩れてきて、種が実から離れてきたら、種は取り出します。アクが出てくるのでそれは丁寧に取り除きます。
 アンズならば実に甘みが少ないのでレモン汁は足さなくてもいいのですが、びわは実自体がかなり甘いのでレモン汁も途中で足します。 

 それで15~20分ぐらい。あまり煮過ぎると、冷めたときに固くなってしまうので、ゆるゆるかな、ぐらいのところで火を止めるとうまく行きます。全部を煮崩さないプレザーブ・タイプにしました。
 たった10粒でも、市販のジャムひと瓶ぐらいの量は軽くできるのです。

 びわのジャムって、市販で見かけたことはないので、けっこう珍しいような気がします。家で作ればどんなジャムでもできちゃうね♪

 今年は梅ジュースも作ったし(もう全部飲んじゃいましたが)、毎年恒例の赤紫蘇ジュースも作ったし、友だちにもらったドライ・ローズヒップ(バラの実)でバラの実ジャムも作ったし…。

 ジャムを煮たりシロップを作ったりラッキョウを漬けたり。梅雨時は保存食作りの時期と言えるのかも。梅雨時の、家にこもってするこういう作業がけっこう好きです。

 あとは、生姜シロップでも作ろうかな。これがあると、ジンジャーエールにもできるし。
 
 保存食というわけではないけれど、6月30日の夏越の祓えにつきものの和菓子、水無月も作りたかったのだけど、これはできなかったな。また来年。

blogram投票ボタン

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/1018-5c7d1fed
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。