星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんぽ・たび

箱根バスツアー

        晴れた空の下を
       バスは山へと向かって 走るよ  

             「山行きバス~道草ノススメ」(歌・遊佐未森)より
 

 昨日は、まさにそんな気分でのバスツアー。行く先は箱根。これ以外にないだろうというわけで、この日のテーマソング?は、同じく未森さんの「箱根」。(これはインスト曲)
 (余談ですが、「箱根」の入っているアルバム「ブーゲンビリア」はちょっぴり“神奈川”な匂いがして、懐かしいです。もと神奈川県民としては。歌の舞台が、鎌倉だったり湘南海岸だったりするのがわかるので)

towers.jpg
 西の遠方へ向かうとどうしても湾岸線や首都高を通るので、イヤでも出遭うことになる(笑)スカイツリー。先月初め、わたしが自転車で向かった時には470mでしたが、さらに30m近く伸びていますね。
 東京タワーの間近も通過します。あまり長時間は狙っていられないので、車窓から撮るのはなかなか難しい。

 箱根は修学旅行のコースでした。わたしにとっては、もしかしたらそのとき以来?、という箱根行きです。

 紅葉の時期でもありますし、あまりにも有名な観光地ですから、道路の渋滞は覚悟してましたが、案の定、非常に混んでいました。普段から交通量は多いところだと思いますが、ETCの週末割引が始まってから、土日はさらにそうなったようです。

mikanen.jpg
 箱根へ向う前に、湯河原のみかん園でちょっぴりみかん狩り。みかん畑で30分食べ放題、という設定でしたが、食べ放題と言われても、実際はそんなに食べられるわけもなく…小さめみかん6個でギブアップでした。(そういえば、勝沼の農園での桃食べ放題のときは1個がやっとだったっけ…)
 有料で詰め放題の網の袋の口いっぱい、みかんを詰め込んでいる人もいました。

lemon.jpg
 とあるお宅の裏には、レモンもたくさん生っていました。
 みかん園への途中の道の大きな排水溝からもうもうと湯気が上がっている場所がありました。近づいたらすごくあったかい。温泉?! さすが湯河原~。
 旅は何に感動するか分からない。(^^)

driveinn.jpg
 湯河原パークウェイという有料道路を通って、湯河原峠へ。あまり意識になかったのですが、ここは神奈川と静岡の県境なのでした。
 湯河原峠ドライブインで休憩。まだあったんですね、ドライブインって。いまどきは道の駅ばかりかと思ってたけど。そういえば小田原でも1軒、ドライブインを見かけました。

peak.jpg
 ドライブインの裏手から望んだ富士山です。けど、あんまり富士山のように見えない?

haokonetouge.jpg
 ドライブインからほど遠くないところに、道の駅箱根峠という、こじんまりした道の駅もあります。
 その近くには、箱根旧街道が。この道標のすぐわきに、旧街道の下り口があります。

 箱根周辺はどこを通ってもほぼ渋滞でしたけど、芦ノ湖周辺はさらに渋滞してます。まぁ当然かな。

ashinoko.jpg
 箱根に来れば芦ノ湖に寄るのは必然的にセット、のような気もしますが、わたしはおそらく芦ノ湖は初めて。あらためてハッと気がつき。TVではよく芦ノ湖の映像を見るので行ったつもりになってた?(笑)

ashinoko2.jpg
 遊覧船に乗りました。海賊船も運航していますが、乗ったのは普通の遊覧船。芦ノ湖の標高は723m、周囲は19.9kmだそうです。(記念写真撮影用のお立ち台の前に書いてありました)
 富士山も顔をのぞかせていますが、ここでもちょっとだけ。TVに映るときはいつももっとよく富士山も見えていた気がしたので、少々消化不良? 絶景ポイントからは微妙にずれていたのかな?
 湖畔にある黒い建物群は、箱根の関所跡。

sekisho.jpg
 ここが関所へ至る石畳の入り口。ちなみに隣りの黒い建物はトイレです。
 両側にお土産物屋の並ぶこの石畳の奥が関所の門。
 
eva.jpg
 わたしがいちばんウケたのは、お土産物屋で見かけたコレ。「ネルフ謹製温泉饅頭」。そういえばエヴァンゲリオンと箱根は切っても切れない関係でしたねぇ。
  
 芦ノ湖を後にして渋滞の道路に戻ります。あぁここは箱根駅伝のコースだっけね~と思いつつ、国道1号線を下ります。
 いつか自転車の番組でプロボクサーの内藤大助さんがロードバイクでこの道を登ってましたが。TVで見た時は、天候も悪かったし、とってもキツそうだったのですけれど。なんか意外にもなだらかに見えて。思ったほどでは、なんて思ってしまいました。(いや、むろんキツイことはキツイのでしょうけれど) もっと急勾配を想像していたからかな? う~ん、筑波山の道のほうがキツイ感じだなぁ…。
 
route1.jpg
 杉並木は日光だけじゃないのですね。(車内の蛍光灯が写りこんでしまってますが)
 右はススキで有名な仙石原。晩秋でなかったらススキの波がもっと銀色に光って見えるのかも。

 つぎに向かう先は御殿場。高原リゾート施設「時之栖」(ときのすみか)。ここにあるウィンター・イルミネーションを見ようという趣向です。

 芦ノ湖から御殿場まではそう距離があるわけではありません。が! なにしろ渋滞しているので、車がなかなか進みません。こりゃ自転車で行くほうが速いでしょ…。

 すっかり陽は暮れてしまいましたが、御殿場の町が見えてくると同時にドーンと大きな富士山が姿を現しました。

 2時間かかってやっと目的地に着きました。

 時之栖のイルミネーションは、7色の発光ダイオードのトンネルが数百メートルにもわたって続いています。かなり長いです。眩しいです。

P1030014.jpg
 こんな感じに撮れましたが。実際目で見た感じと写真に撮った画像はかなり違います。
 写真のほうが幻想的かも?(笑)でもなかなかきれいでした。

P1030024.jpg
 トンネルを外から見るとこんな感じ。
 LEDの飾りを取り去ると、ここは桜の並木らしいです。かなり太い樹がありました。桜にとっては大丈夫なのかな、このライトアップ? なんて思うのは、無粋なんでしょうねぇ…

tokinosumika.jpg
 園内を撮ってまわりました。
 第2会場では、フランスのベルサイユ宮殿で行われているのと同じ光のショーがあるということでしたが、別料金なので、外側からちょっと覗くだけ。そのイルミネーションの一部らしい、星の王子さまが上半身だけ見えました。

P1030053.jpg
 光のドームのそばにテント屋台が並んでいました。せっかくなので、駿河湾のブイヤベースとケバブのサンドイッチを食してみました。美味しかったですヨ。

 帰り道の東名高速でも渋滞している個所がありました。海老名SAに着いたときは22時頃だったかと思います。(まだ神奈川だよ…) 
 首都高から先はほぼ渋滞は無しでしたが、しかし。
 いつか伊豆の初島に行った時もそうでしたけど。今回もやっぱり帰宅は深夜を回ったのでありました。

 
PS この週末、土・日そしてきょう、と、いつになく耳鳴りがかなり遠のいていて、すごくいい具合です。願わくばこれがずっと続いてほしい~~。

 blogram投票ボタン

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/1063-ce4b58ad
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。