星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスモプラネタリウム渋谷

 あぁ、そのうち渋谷に行かなくちゃ!
 
 子どものころから親しんでいた、五島プラネタリウムがなくなってしまったときは、ほんとうにショックだったのでしたが。
 あれから9年。新しいプラネタリウムがふたたび渋谷に誕生しました♪

 もちろんプラネタリウムがある場所は全国にたくさんあります。
 でも、やっぱり、いちばん思い入れの深い渋谷に、またプラネタリウムがあって欲しかったのです。

 最近のプラネタリウムの多くがそうであるように、新しく生まれ変わった渋谷のプラネタリウムも、当然、最新鋭・最新式のデジタル投影機を備えているのでしょうね。ドームに映し出される星の数もスゴイことになっていて。それはそれで素晴らしいことですね。でも、渋谷のプラネタリウムにはそれだけじゃない星空を期待したいと思ってしまいます。

 むかしの素朴?な投影機のことも忘れたくないし。それは単なるノスタルジーと言ってしまえば、そうなのかもなのですが。

 五島プラネタリウムで使われていたツァイスの投影機、どうなったのかなぁとずっと気になっていました。
 無くなってしまったわけではなくて、閉館後、渋谷区に寄贈され、管理・保管されていたようです。そして、このたび投影機の展示保存委員会の募金が実を結んで、文化総合センター大和田に移されることになったそうです。(その12階がプラネタリウム)
 めでたい話です。
 
 「田舎の山に行って見上げたような自然な星空、を表現するには、デジタル投影機はまだ光学投影機にはかなわないのです」
 ラジオで聞いた、元・五島プラネタリウム解説員の方のお話にも、なんだか妙に安心?したわたしです。


 ついでに余談。
 「星ナビ」という天文雑誌を出しているアストロアーツのサイトをひさびさに覗いてて、ふと思い出しました。
 「星ナビ」の前身雑誌だった「スカイウォッチャー」が出ていた頃、読者投稿欄に投稿して、ステッカーをいただいたんだっけなぁ、と。
 何を書いたのかは、もうまったく覚えていないのですが。ステッカーは色褪せて、すっかり擦り切れちゃっていますけれど、いまでもわたしの双眼鏡にしっかり張り付いています。(笑)

 そうそう。五島プラネタリウムには「ザバネタリウム」という企画もありましたっけ。ザバダックの曲を使った星空投影番組を鑑賞するというものだったのですが。(どなたが考えついたのか、いま思っても、信じられないような企画) また、そんなプラネタリウム観賞会があったら楽しいのにな。

  blogram投票ボタン

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/1067-71a96a1c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。