星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳鳴りノオト

中村勘三郎さんの耳の病

 歌舞伎俳優の中村勘三郎さんが“尋常ではない耳鳴り”に襲われて、“特発性両側性感音難聴”と診断され、緊急入院されたというニュースを知りました。

特発性両側性感音難聴…大変な病ですね。悔しさ、辛さ、お察しします。

“突発性”ではなく、“特発性”。突難(突発性難聴)とはべつの病です。

 最初の症状は昨年秋ごろだったそうで、ビタミン剤などを投与して様子を見ていたそうですが、改善されなかったようです。

 軽い耳鳴りなら、ビタミン剤で治るものもあるかもしれませんが、症状が重いとビタミン剤ぐらいではどうにもならないのですよね。
 わたしは、それを自分で経験済みです。

 “特発性”は「原因不明」という意味だそうですが(だから難病指定になってるんですね)、耳の病では原因の分かるものよりわからないもののほうが多いんじゃないでしょうか?
 わたしの耳鳴りだってなんで起こっているのかいまだに不明です。

 耳の病気は厄介です。機械で病巣そのものが見えるわけではありませんしね。

 耳鳴りくらい何、と思っている人が多いのですが、“尋常でない耳鳴り”…こればかりはほんとうに、経験してみなければ到底分かるものではないでしょうね。(-.-)

 blogram投票ボタン 

-6 Comments

ミッチ says..."勘三郎さん・・頑張りすぎかなぁ"
今日の耳鳴りは小さいほうかなぁ。
大腸内視鏡の組織検査の結果まだでません。
多分、潰瘍性大腸炎です(国指定の難病)
症状は超軽傷です。(健康診断のおまけ)。

潰瘍性大腸炎と耳鳴りどっちかひとつ治してくれるとしたら耳鳴りです。勘三郎さんがんばれ
2011.02.09 01:23 | URL | #- [edit]
nona says..."Re: 勘三郎さん・・頑張りすぎかなぁ"
>ミッチさん
そうですねぇ、勘三郎さん忙しすぎて
疲れがたまってしまったのかも…。
ストレスから耳の病を発症してしまう人も現代では多いのでしょうね。

このところず~~っと耳鳴りが“尋常”じゃなかったのですが
やっとすこしおさまってきてくれました。
また戻ってしまうのかもしれないけれど…。(-_-;)

>潰瘍性大腸炎
病名は耳にしたことはあります。
これも難病だったのですね。

耳鳴りは精神的に休まらないことがツライですよね。
ミッチさんは夜耳鳴りで眠れないということはないでしょうか?

勘三郎さんも少しでも良い状態に回復できると良いですね。
2011.02.09 21:59 | URL | #- [edit]
ミッチ says...""
寝れない時ありました、今も。気になる時はヘッドホンの音量大にして酒の力をかり(酒大好き)いつのまにか……(耳鳴りは右耳だけです)

とにかく「昔の耳(自分)には戻れない」と思いこむとイライラです。
耳鳴り発症後、子供が生まれ(現在1歳10カ月・偶然にも私と誕生日が一緒)、落ち込んでられません(目標100歳まで生きる)
でも事実耳鳴りは仕事にもかなりこたえます。
潰瘍性大腸炎も耳鳴りストレスからかなぁ


2011.02.10 01:17 | URL | #- [edit]
sono says..."私も耳鳴りになった事がありますよ"
私も耳鳴りになった事がありますよ。
特に寝る時に「グアン・グアン」と音がしてなかなか寝れないんですよね。
あと、車を運転していて交差点を曲がる時に、体が横滑りする感覚になったりしましたね~。
私の場合は自転車に乗るようになって、ヒルクライムのトレーニングをするようになってからは、耳の血流が良くなったのか耳鳴りはなくなりました。
毛細血管が発達して、心拍数が少し下がるぐらいトレーニングをすると効果があるのかもしれませんね。あと、耳鼻科でやってもらった鼓膜のマッサージも良かったような気がします。
2011.02.10 22:32 | URL | #X.Av9vec [edit]
nona says..."Re: タイトルなし"
>ミッチさん
やっぱり不眠の時がありましたか。
気になると、耳鳴りをカバーするために音量上げがちになってしまいますよね。
でもくれぐれも上げ過ぎには気を付けてくださいね。
ヘッドホン難聴なんていうのもありますので。

> とにかく「昔の耳(自分)には戻れない」と思いこむとイライラです。
わかります。
ほかのひとにはそれがわからないから、なおさらイライラが助長されるような。
でもお子さんのためにも落ち込んでばかりはいられないですよね。
お子さんとお誕生日が一緒なんですね♪
それはちょっと嬉しいですね☆

耳鳴りで死ぬことはないのだから、頑張らないといけませんね。
(と自分にも言い聞かせて)

わたしもしばらく耳鳴りのために仕事ができないときが続きました。
でも結局は、治療費のためにまた仕事を探したようなものでした。

> 潰瘍性大腸炎も耳鳴りストレスからかなぁ
精神的に繊細な方が患うのかも…。
2011.02.11 16:48 | URL | #- [edit]
nona says..."Re: 私も耳鳴りになった事がありますよ"
>sonoさん
はじめまして。コメントありがとうございます。

sonoさんも自転車乗りでいらっしゃるのですか?
大きな耳鳴りのご経験もあるのですね?
それが治ったというのは素晴らしい話です。
(希望をもらえるようなお話ありがとうございます)

自転車に乗っていて耳鳴りが遠のいた、という経験はないのですが、
お風呂に入って暖まると、
耳鳴りがいくぶん小さくなる時があります。
血流も関係あるのだとしたら運動は良いのかもしれないですよね。

> あと、車を運転していて交差点を曲がる時に、体が横滑りする感覚になったりしましたね~。
そういえば、そんな感覚にも覚えがあると思いました。
車ではないのですが、朝起きるときにちょっと頭がふわふわとなるような
ヘンな感じになっていたこともありました。
いまはそういう感覚はありませんが。
2011.02.11 17:03 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/1111-9cafd2e4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。