星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳鳴りノオト

聴覚過敏はないと思っていたけれど…

 夏がもう終わったかのように急に涼しくなってしまいました。(このまま夏が終わってしまう、とは思えませんが)
 あんなに鳴いていた蝉の声もぱったり止んでしまったようです。すこし残念です。

 蝉うるさい、と思う人もいるでしょうけど、わたしのような耳鳴り持ちには、蝉の声に助けられているというひとも少なくないと思うのです。
 アブラゼミの声のようにジージーいう耳鳴りにとっては、あの蝉しぐれがちょうどいいマスキング効果を発揮してくれるからです。(キーンという金属音系の耳鳴りには、蝉しぐれのマスキング効果はないかもしれません)
 これがミンミンゼミの声ではまったく効果ゼロなのですが。

 わたしだけのことかどうか、よくわかりませんが、ミンミンゼミの声は、逆に、耳の中で共鳴したようにヘンに響いて、ひじょうに心地よくありません。とくに左耳がダメです。近くで鳴かれると耳を押さえないではいられなくなります。ミンミンゼミの声は1匹でもかなり大きいですから。

 耳鳴り持ちではあっても、聴覚過敏はないと思っていたのですが、アブラゼミもあまりに蝉しぐれが大合唱だと、耳に響いてしまって聴覚過敏状態になるのだと、この夏思い知りました。

 普段、デパートとかスーパーとか、人の声や音楽のがやがやした場所で、そういうふうになったことはないのですが。
 (聴覚過敏があまりにひどいと、子どもの甲高い声やちょっとした食器のカチャカチャいう音も耐えられないというひともいます)

 ただ、かなり前、とある場所で集まりがあったとき、その場のあまりにも激しい騒々しさに、耳がパンク状態になって吐きそうなほど気持ちが悪くなり、一刻もその場から逃げだしたくなったことがありました。
 いま思えば、あれも聴覚過敏状態だったのだと思います。
 激しい、と思っていたのはたぶんわたしだけで、ほかのひとには、そのぐらいの騒々しさは別に、耳に負担でもなんでもなかったのだと思いますが。
  
 そういえば、むかしから、電話は右耳でしか取ったことがありません。左耳に受話器をあてると、人の声が響いてしまって、不快になるからです。

 ところで。
 耳鼻科で一般に良く言われている、難聴と耳鳴りはセットで起こる、という説明には、わたしはこのごろますますちょっと懐疑的になっています。

 お年寄りでかなり耳は遠くなっても、まったく耳鳴りなどにはなっていないという人は普通に多くいるでしょう?
 逆に、耳の聞こえには全く問題ないのに、耳鳴りだけがうるさくてたまらないというひともたくさんいます。(わたしのように)
 というか、病院やネット上で知った耳鳴り持ちの方には、むしろそういうひとのほうが多かったような気がします。耳鳴りと10年以上付き合ってきての、それがわたしの耳鳴りに対する印象です。 

blogram投票ボタン  

-2 Comments

ミッチ says...""
僕は銭湯の露天風呂の滝の音で耳鳴り撃退ですよ。最近また悪化ぎみです。心に余裕があるとき逆に気になります。
過敏症もよくありますね、先日、野球観戦でうざくてまいりました
2011.08.21 21:19 | URL | #- [edit]
nona says..."Re: タイトルなし"
>ミッチさん
銭湯に露天風呂の滝があるのですか♪
滝の音もいいですね。
日光の龍頭の滝の脇の道を歩いているときは、
耳鳴りが気にならなくてラクでした。
近所の川の堰でも、水音で耳鳴りがまぎれて心地いいです。

ミッチさんの耳鳴りもやはり波があるようですね。
聴覚過敏もありますか?!
野球観戦の楽しさも半減してしまいますよね。(~_~;)
2011.08.21 23:33 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。