星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nonaカフェ

栗の渋皮煮・みょうがの甘酢漬け・くるみ味噌・バジルソース…秋は忙し

栗の渋皮煮
 夏の恒例が、しそジュースづくりだとしたら、秋の恒例は、栗の渋皮煮づくり。

 栗を買ってきて、1度は炊かないといられないのが栗ごはん、または栗おこわ。
 全部の栗は使わないので、あまった大多数の栗は、渋皮煮にします。こうすると保存も利くので。そのまま食べたり、アイスクリームに添えたり、ケーキに焼きこんだり。色々使えます。

 いつもは砂糖で煮てブランデーで風味づけ、というのがわたしのレシピ。ですが、今年はそこにほんの隠し味程度にお醤油を加えてみました。ワインで風味づけするレシピもあるようなので、次回はそれもためしてみようかと思います。

 ちょっと手間はかかりますけれど、季節になればやっぱり作りたくなる定番です。

 先日自転車で出かけた茂木で、青ゆずとともに買ってきたたくさんのみょうがは甘酢漬けに。例年なら庭の片隅にたくさん出てくるみょうがが、今年はなぜか不作だったので、ちょうどよかったのでした。
 甘酢に漬けると、みょうががほんのりピンクに染まるのがなんともきれい。

 そして、田楽などにつけて食べるとおいしいくるみ味噌も、今年は作ってみました。八丁味噌をベースに。

 今年は庭にバジルもたくさん育ったので、バジルソース(ジェノベーゼ・ソース)もこれから作るつもり。霜が降りてダメにならないうちに。パスタに和えるのはもちろん、イワシにこのソースを乗せて焼いたりするのも美味しいのです。

 というわけで、秋はいろいろ作らなくては、なのでけっこう忙しいです。こういう作業はとても楽しいですけれど。
 でも、これも耳の調子が良ければ、の話です。


blogram投票ボタン  

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/1159-b5a80b4f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。