星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本・音楽・映画など

奇数マニア?

 どうも変拍子や奇数拍子・転調の多い曲が好き…という“ヘキ”がある気がします。
 そう、これはまさに“癖”? 
 わけもなく多用されるのは問題だけれども、適材適所に変拍子や転調の登場する曲は“快感”です。(笑)

 ザバダックやら、「FF」の植松さんの曲に惹かれるのも、だからなのかも!と、ふと思い。

 そういえば、ほかのアーティストにはそれほど多いとは思われない、簡単な?3拍子の曲も、ザバダックや植松さんの作品にはわりと見受けられて、しかも“名曲”が多い、のでした。

 いや、べつに変拍子や奇数拍子の曲を“求めて”聴いていたということはないので。たまたま好きなミュージシャンにそういう拍子の曲が多かった、ってこと……でしょう。

 変拍子って、どこかプログレの匂いがしますしねぇ。またプログレか。(笑)

 ほかにも、キリンジやら、新居昭乃さんやら、菅野よう子さんやら、バカラックの曲…などが好きなのも、もしかしたら根っこはおんなじかも。たぶん同じ。(^^)  
 谷山浩子さんとか、ピアノの中村由利子さんとか…ほかにもいろいろいるので書ききれませんね。

 書いてたら聴きたくなった。



 たとえばバカラックの「プロミセス・プロミセス」(歌/ディオンヌ・ワーウィック)― もとはミュージカルの曲。60年代の曲なのにこのオシャレ感。(管アレンジがヘンリー・マンシーニっぽくも聴こえたけど(^^)) 
 この時代のポップスで変拍子、けっこう珍しいというか新鮮な感覚だったのでは? 印象に残るメロディだし。やっぱりメロディメーカーだなぁ、バカラックは。誰にでも書ける、という曲じゃないですね。 



 そしてザバダックの初期のインスト曲「ポーランド」。こちらは5拍子。5拍子と言うと、ジャズの名曲「テイク・ファイブ」を思い出しますが。(アリナミン?のTVCMでよくかかっていましたね)

 26年前の曲だけど、古さをまったく感じない。どころか、むしろいまどきの曲より新しく感じます。
 ソプラノ・リコーダーを持っていないので、キーボードをリコーダー音色にして、CDに合わせて弾いてたことが懐かしい~。

 改めて、ザバダックには捨て曲がないなぁ、と思うのでした。(それに、むかしから言われていたと思うけれど、ライブ演奏のクオリティもすごく高い☆)
 
 ザバダックには7拍子の曲もありますけどね。(ザバダック・ファンにはリズム音痴はいないのよ…たぶん? (笑))


 きょうは関東でも雪降り。でも雪国に比べたらなんということもない積雪です。
 
 耳鳴りがそれほどひどくないので、きょうはちょっとハイ?

  blogram投票ボタン  

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/1179-b9735ad7
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。