星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本・音楽・映画など

鉱物が好物

 ミネラル・フェアにもとんと御無沙汰の昨今ですが。鉱物というのは飽きません。夜空の星と同じように、眺めているだけで異世界・別世界へトリップできます。

鉱物見タテ図鑑 鉱物アソビの博物学 (P-Vine Books)鉱物見タテ図鑑 鉱物アソビの博物学 (P-Vine Books)
(2011/10/07)
フジイキョウコ

商品詳細を見る

 前作の「鉱物アソビ」でも、楽しい世界を展開して見せてくれたフジイキョウコさんの第2弾。

 「理科好き文系人間にもわかりやすい、鉱物図鑑があったらいいのに」
 と、フジイさんはあとがきに書いています。

 “理科好き文系人間”― それって、まさにわたしのこと♪ つまり、これは“わたしのために書かれた本”と思ってもいいんでしょう。

 「これ、じつに美味しそう」というふうに鉱石を見てしまうことはわたしもよくありますが、今回の「見タテ図鑑」のなかでは、「ゼリー遊戯」の方解石や、「シトロン・ジュレ」のオレンジ・オパールなど、じつに美味しそう。 

 切り口は少々違いますが、長野まゆみさんの「鉱石倶楽部」もそんな系列の本でした。

 「葡萄のある風景」のぶどう石、「藍珠秘薬」の藍銅鉱、「虹の欠片(かけら)」のリチア電気石、「鉱石ドロップ」のクンツァイト、針入り水晶など、思わず口に含みたくなりそうな。

 食べられそう、にはないけれど、「地界古書」の雲母や、「綿玉製造所」のオーケン石、「ヘンリー・ムーア風」の珪乳石、「幻影満月」の蛍石、「キノコの季節」のスネークスキンアゲートなどのユーモア溢れる見立ても。

 「玻璃ノ翼」のフラワーアメシスト、「天空都市」の蛍石、「流星遊星」のスコレス沸石・スターマイカの爽やかさなど、石がますます愛おしくなってしまいます。

 「見タテ図鑑」に登場する鉱石のほとんどは、わたしも所有している、なじみの鉱石が多いというのも、嬉しいです。(特殊で希少な石も、それはそれで貴重ですけれど)
 鉱石趣味は、敷居の高い、とくべつなひとの趣味ではなく、誰にでも楽しめるもの、と知って欲しいなぁ。
 そこここに散りばめられた、鉱石にまつわる引用文は、たむらしげる、クラフト・エヴィング商會、宮沢賢治、稲垣足穂、渋澤龍彦などなど。鉱石派?ならではの人たちの名前が嬉しい。


〈参考〉
鉱物アソビ 暮らしのなかで愛でる鉱物の愉しみ方 (P-Vine Books)鉱物アソビ 暮らしのなかで愛でる鉱物の愉しみ方 (P-Vine Books)
(2008/09/19)
フジイキョウコ

商品詳細を見る


鉱石倶楽部 (文春文庫)鉱石倶楽部 (文春文庫)
(2005/02)
長野 まゆみ

商品詳細を見る


  blogram投票ボタン

-2 Comments

ラビー says..."連日の暑さにもう満腹"
世界で一番美しい元素図鑑っていう本を、
図書館で予約しています。

暑い日でも、
なんか涼しい気分になれそうで。
・・・ところが、同じことを考えているのかどうかは、
わからないけれど、
順番が、まだまだ先です。

手元に来るのは、秋かも・・・(笑
2012.08.04 12:43 | URL | #c/Xu0szY [edit]
nona says..."Re: 連日の暑さにもう満腹"
>ラビーさん
お返事が大変遅くなってしまいました。
ごめんなさい。
立秋とはいえ、まだまだ暑さが続きますね。
たしかに“満腹”な感じです。

> 世界で一番美しい元素図鑑
その本、どこかで見たことがあるかもしれません。
たくさん予約が入っているなんて、スゴイですね。
元素とか鉱物とかって、少しマイナーかと思ってましたが、
じつはそうでもないのかも。

ラビーさんの手元に届くのは、だいぶ涼しくなってから?(笑)
2012.08.08 00:19 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/1223-3be6b7fc
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。