星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやき

Mさんへ…

 お互い、喧嘩なんかしようと思っていないのに、最初はほんのちょっと言葉が足りなかったり、言葉が行き違ったりだけのことが、気がつくとこんなふうにすっかり台無しになってしまっている。

 母といつも仲良くしていたいと思っているのに、母はときどきあんなやりかたでわたしを傷つけるのだ。そして、わたしを傷つけたことで母自身はもっと傷つく。でも、そのときはそうしないではいられないのだ。そのあとで、すごく後悔して、わたしとじぶんの傷の修復にやっきにならなくてはいけないのはわかっているのに。



 「群青の空に薄荷の匂い」という小説のなかの一節。

 ここを読むたびに、心がひどく痛くなります。
 苦しくなります。
 これはわたし自身のことかもしれない、と思うから。 

 PTSDみたいなものかと思います。
 アノコト以来、後悔と痛みと苦しさを抱えたままです。
 もう5年もの歳月が経とうとしているのに。

 こんなふうに言っても、信じてもらえないかもしれません。
 いまでもわたしがこんな思いを抱えたままでいることを、
 おそらく誰も知らないのですから。

 どうしてあんな気持ちになって、どうしてあんなことになったのか、
 いまでもほんとうにはよくわかりません。

 あの時期のわたしが相当“おかしかった”ことだけはわかります。
 精神的にも、身体的にも不安定で滅茶苦茶…だった、と。
 ハタからはそんなふうに見えなかったとしても。
 きっとセロトニンも大幅に減っていたのではないか…と。

 あの時期のわたしの精神状態はとにかく“普通”ではなかったと思います。
 その後1~2年ぐらいはずっと普通でなかったように思います。 
 (いまも不安定でないとは言えませんが、
 あの頃に比べれば、
 当時よりは落ち着いて考えられるようになったので、
 すこしは客観視できるようになったのかと思います) 

 一時的にわりと良い状態だった耳鳴り(頭鳴り)の具合も、
 その頃、また悪化してしまい、
 ただでさえ一を十にも百にも感じてしまうような
 感じやすい面のあるわたしが
 神経過敏状態にあったのは間違いないのですが。

 音量の大きな耳鳴りを抱えているとそれだけでキツクて
 孤立感もときにかなり大きくなってしまいます。
 耳鳴りというのはメンタル面にも多大なダメージを与える病だと思います。
 
 それでも表面上はなるべくそうでないように、
 と思ってはきたつもりでしたけど、
 破綻してしまいました。

 あの時期に、わたしはペットロスならぬ
 身内ロスを抱えてしまったからです。
  
 ある耳鼻科ドクターのサイトで、
 耳鳴りによる気分障害で「易攻撃性」という言葉を知りました。
 (ちょっとしたことで腹を立てたりするようなこと)
 当時のわたしにはそんな部分もたしかにあったと思いました。 
 
 友人が気を遣ってたまに訪ねてくれたりしましたが、
 こういう繊細なことを相談したりはできませんでした。
 心療内科に通うべきだったのかもしれません。

 そういういろいろなことが重なって、
 心身ともに万全でない状態で、
 一時的に不安神経症のようになっていたのかもしれません。
 
 わたしの間違いは、じぶんの気持ちのはけ口を
 何の落ち度もない人にぶつけてしまったことでした。

 些細なことに自分で勝手に傷ついて。
 そして、相手を傷つけた。
  
 当時は、一見まともなようでいて、だいぶわけのわからないこと、
 支離滅裂なことを 書いていたのじゃないかと思います。
 自分でも理由だなどと思っていないことを理由にして
 あれこれ並べて書いていたような気もします。
 読み返すのが怖いので、
 いまだにそのときどんなふうに書いていたのかを見直してはいません。
 
 自分のなかだけで先走って、答えを出していた気がします。 
 「取り返しがつきませんね。ごめんなさい。ありがとうございました」と。
 もう訪ねてきてはくださらないだろうし、
 お返事ももらえないのだろう、
 そう思ったからです。

 そうして月日が経った後で、
 したことは違うけれど、
 アキハバラの事件のヒトと
 心理状態はおんなじだったんじゃないかとまで思いました。
 たまらなく自己嫌悪に陥りました。

 あとの祭りという気持ちもありましたが、
 どうしても書かずにいられなくて、その後メールをお送りしました。
 10か月以上も経ってからでしたが。
 そんなに時間が経ってからのメールに
 気がついていただけたかどうかは、わかりません。
 
 5年近くが経っても、いまだにこんな思いを消せないでいるのは、
 “赦して”もらえたのかどうか、いまもわからない
 という思いが強いからだろうと思います。
 
 アノコトに関しては、気持ちの晴れることはありませんでした。
 この“罪悪感”を一生背負っていくのかも、とも考えます。  

 大げさだと思われるかもしれません。 
 でもこのことに関しては、ずっとわたしがこんな気持ちを
 抱えたままだったことは嘘ではないのです。

 覆水盆に返らず、とか、こぼしたミルクはコップには返らない…
 東洋にも西洋にもそんな諺があります。
 その通りなのかもしれません。

 言っても仕方のない、いまさらな言い訳をしているだけかもしれません。
 (4年も5年も経ってから言うことではないのかも、とも思います)

 ここに目を止めてくださるかどうかも、わかりません。
 けれども、わたしがこんな気持ちをずっと抱えてきたということだけは
 書いておこうと思いました。

 (もっと早くに書ければよかったかもしれませんが。
 去年は震災のこともあり…。
 そもそも、こんな記事を載せること自体ためらわれることでしたし…)
  

 非常に虫のいいお願いかもしれません。
 でも、当時のことをもしもお許しいただけるとしたら、   
 何かの折にひと言くださったなら、
 それ以上の嬉しいことはありません。
 (管理人だけが読めるコメントでもメールフォームでも)
 
  
 「去る者は追わず」と言いますが、
 ほんとうに“去る者”だったら、
 こんなふうに願ったりはしていないのですけれど…。


 
  blogram投票ボタン

-4 Comments

カリス says...""
nonaネエさん、カリスです。こんにんちは。
ひとことコメントをお許し願います。
耳鳴症人が、特に発症当時や症状のひどいときに
「愁訴」というカタチで、家族をはじめ親しい方々に
訴えるのは、ごく自然だと思います。
でも耳鳴症の人は、よほど顔色が悪くなったりしないかぎり、
症状の重さが他人にはわからないので、
誤解が生じるのだと思います。
カリスも耳鳴を発症してから、たくさんの
親しい友人をなくしました。
でも本当の友人なら、いつかまた戻ってきてくれる、
そしてカリスにはたくさんの友人がいたのですから、
これからも友人ができる、そう信じています。
耳鳴も大丈夫、まずは気にならなくなる日が
そう遠くない未来に訪れることを信じています。
2012.08.02 12:39 | URL | #9d0sIJwg [edit]
nona says..."Re: タイトルなし"
>カリスさん
お返事が大変遅れてしまいました。
ごめんなさい。
そしてどうもありがとう。
しばらく涙が止まらなくなってしまいました。
当時の頃のことを振り返ると、
耳鳴りさえなかったらこんなことにはならなかったのかな、
と思ったり…。

過去は変えられない。
でも、少しでも未来は変えていけるでしょうか…。

カリスさんの言葉に勇気をもらうことができました。
ほんとうにありがとう。
2012.08.08 00:10 | URL | #- [edit]
カリス says..."元気だしてね。"
nonaネエさん、カリスです。こんにちは。
nonaネエさんのブログに毎日訪問させていただいていますが、
もう1か月近く、更新されていません…。
元気だしてね。カリスは、元気です。
耳鳴症治癒への闘争心だけは、燃えさかっています。
カリスのブログをみて、元気だしてね。
2012.08.24 12:40 | URL | #9d0sIJwg [edit]
nona says..."Re: 元気だしてね。"
>カリスさん
こんばんは。
お返事遅れました。
暖かいお言葉、ありがとうございます。

ここ1カ月ほど、なぜだか耳の調子は良い感じで推移しています。
1か月も連続でTCIを外せていたことなどこれまで1度もなかったので。

耳鳴りが消えているわけではありませんが、
頭のなかでステレオ状態になって鳴っているようなことがなくなったのです。
その分、かなりラクになっています。

でも、過去にも夏はわりと良い状態で、
夏が過ぎたら元に戻ってしまった、ということもあったので
ゆめゆめ、油断はすまいと思っていますが。

そんな具合で、耳のほうはいまのところ落ち着いているのですが、
日記更新する気持ちがなかなか起きません。
いまでも、これを書いて良かったのか、書かないほうがよかったのか、
迷ったりしています。
情けないかもしれませんが…。

自転車にこころを支えてもらっています。
(この世に自転車があって、ほんとによかったと思ってます)
2012.08.27 23:02 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/1224-d63f537f
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。