星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本・音楽・映画など

「電脳コイル」と「こころ旅」

 じぶんも歌う時のキーが高めのせいか(喋るときの声はそんなに高いほうではないのですが)高音域で歌う人の曲のほうが歌いやすい、っていうのはあるかも。

 池田綾子さん…たとえ名まえにお馴染みでないとしても、じつは歌声を耳にしたことのあるひとはけっこう多いと踏んでます。

 わたしが彼女の歌声を最初に耳にしたのは、Eテレで放送されてたアニメ「電脳コイル」のテーマソング「プリズム」でした。
 作詞・作曲とも池田綾子さん自身。
 (エンディング・テーマは「空の欠片」。こちらもなかなか沁みる曲)

 
 このアニメで描かれる重要なアイテム、ウェアラブル・コンピューター・電脳メガネは、もうほぼ現実のものですね。

 登場人物やら、電脳ペットやら、ミチコさんや4423などの散りばめられた謎やら、語ればいろいろありますが。

サッチー(電脳コイル)
 なかでも印象的だったのは「ボク、サッチー、ヨロシクネ」と言って迅速にやって来る、違法電脳体駆除ソフト、サッチー。正式にはサーチ・マトン。(「マトン」はたぶん automata(自動人形)の単数形 automaton から来ていると思われ)
 フォーマット光線出すし。カワイイのにコワイ。(^_^;) 
 (もちろんメガネをかけていなければ、サッチーも光線も見えないわけですが) 
 サッチーに追われたら、神社に逃げ込むのがお約束。鳥居は結界ですし、そこはドメイン管轄外ってことだったかな。
 あの顔はどう見ても郵便顔マーク、ポストンを思わせます。壁にある「郵」の字からすり抜けてたし、サッチーは郵政管轄だったのか…。 (笑)

 池田綾子さんの最も知られた歌声は、やっぱりこれかな~と思います。



 火野正平さんの春からの自転車旅(愛知県から北海道まで日本海側を辿る旅)、またまもなく始まります。

PS 
 最近、耳鳴りは落ち着いています。真冬の頃はひどいものでしたが。
 TCIをつけていればなんとかやり過ごすことができるレベルに戻りました。
 でもtouch wood, touch wood. 念のため。


  blogram投票ボタン

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/1277-c246cbc1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。