星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々雑記

元に戻った鬼怒川、そして十五夜

 
 15-9-26 鬼怒川

 昨日、サイクリングの途中で久しぶりに鬼怒川を通りかかった。
 すっかり元の鬼怒川に戻っていた。
 ただし草はみな下流の方を向いて倒れている。泥をかぶったまま。
 
 この川幅いっぱい、堤防いっぱいまで水だったのだ。と思うと、それがどれだけ尋常でない雨量だったか想像できる。

 あの日、朝8時前には気象庁から“特別警報”が出されていた。“特別警報”というのは、「直ちに命の安全を守る行動をとらなければならない」警報と説明されている。

 このとき別の個所で越水はすでに始まっていたけれど(それだけだって逃げるには充分過ぎる理由にわたしには思える)、決壊までは5時間ほどあった。にもかかわらず、「命を守る」行動を取れなかった、取らなかったひとたちが大勢いた、ということになる。なぜ?
 自衛隊や警察のヘリで救出されたひとはおおよそ4000人以上いたと聞く。

 今回はたまたま決壊が昼間だったけれど、これが人々の多くが寝ている真夜中だったらどうだったろうと考える。

 東日本大震災の津波で、みんな学んだはずだと思うのに。(津波は来ないと思って非難しなかった人が全体の半数ぐらいいた、ということに当時わたしは非常に非常に驚いたものだったけど。あんな巨大な地震のあとに津波が来ないと思うのだったら、どんな地震のあとだったら津波が来ると思うのだろう?)

 自ら体験しない限り、やっぱり他人事なんだろうか? 自分の身に起こることとして思えないのだろうか?



 さて。今夜は十五夜。十五夜の夜空ってたいていすっきりとは晴れないのだけれど。今夜はどうかな。

 十五夜は今夜だけど(だからきょうは仏滅。十五夜は必ず仏滅と決まっている)、実際の満月は明日。

 十五夜というのは「旧暦で八月十五日」という意味で、天文学上の満月とは関係がない。地球と月の公転軌道の関係でズレが生じてしまうから、いつもピッタリ十五夜に満月、とはならない。

 でも明日の満月は見ごたえがあるかも。なにしろスーパームーンだし。(これも天文用語ではないけれど)
 通常の月より約1.5割増しの大きさで、そして約3割も明るい月が見られるはず。おまけに空気の澄んでくる中秋だし。晴れさえすれば素晴らしい十五夜を楽しめるでしょう。

blogram投票ボタン 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/1370-e98a6599
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。