星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本・音楽・映画など

しつこくもZABADAK

 NHK-FMではときに「今日は一日○○三昧」と称して、ひとつの物事を掘り下げて味わいつくそうという趣旨の番組を放送することがあるのですが(お昼から深夜近くまで)、つい先月の9月にこんな番組があったとは。題して「今日は一日プログレ三昧」。

 そのなかで、最近わたしがしょっちゅう話題にしているZABADAKの「ポーランド」というインスト曲がかかったようなのです。というか、ライブ・ゲストでZABADAKが出ていた?!
 知らなかった~。知ってたら、絶対聴いていたのになぁ。(プログレもけっこう好きだしな、わたし)

 ZABADAKの「ポーランド」を、“プログレ”と意識して聴いたことなかったかも、なのですが。あらためて聴いてみれば、たしかにこりゃプログレかもな~と思いました。

 そのむかし、初めてこの曲に出会ったときのインパクトは、新鮮でした。メロディを取るのがソプラノ・リコーダー。に加えて、ジャズの名曲「テイク・ファイヴ」と双璧をなす?!4分の5拍子の小気味いいリズム♪ ZABADAKの変拍子マジックにハマってしまいました。(笑)
 (この映像ではヴォーカル曲の「ガラスの森」も一緒に入ってますが)



 ZABADAKのライブではお客さんたちが手に手にリコーダーを持参して、この曲のときに一緒に合奏する、という楽しいイベント?が伝説化しているらしい。(リコーダーのない人は「ハッ!」という合いの手をタイミング良く入れるべし(笑))
 わたしはソプラノ・リコーダーは持ってないので(学校で使ってたアルト・リコーダーだけ)、コンサートに行けたとしても参加できないけど。
 でも、なんとか「ポーランド」を演奏してみたくて、キーボードをリコーダー音色にして、CDと一緒に演奏したことはあったなぁ。それも楽しかったゾ。それも変拍子ならではだから、なのかも。変拍子って、なんかクセになるんですよね~。(笑)

 ZABADAKの変拍子インストというと、「鏡の森」という曲も(長いけど)好きで。
 これはまさにプログレですな。ZABADAKの場合は抒情プログレとでも呼びたい気がしますが。長い曲だけど、それをさほど感じないとも思います。(しかし、プログレって長い曲が多いですね~)
 この曲は、4拍子と8分の6拍子を絶妙に組み合わせるという、面白い試みの曲でもあり。



  たぶんですが、ここでキーボードを弾いてるのは難波(弘之)さんかな? ドラムは楠均さん?(いまはキリンジのメンバーでもありますが)  で、ベースは渡辺等さん? ライブではいつも参加しているメンバーなので。まさに贅沢メンバー☆
 (難波さんなど曲についてのコメントをちょこっと喋ってくれたりするらしい。いわくお客さんたちに、「みなさんは(聴いていて)気持ちいいんだろうけど、この曲、転調して♭が6つ(?)もつくから大変なんです」と言って、吉良さんを苦笑させたというエピソードなど(笑))
 
 不思議。好きな音楽を追いかけていくと、お気に入りミュージシャンに自然と行きついてしまうというのは。すごく不思議。
 じぶんが好きになる音楽って、やっぱり何か共通要素があるに違いない、と思う。

 「狼と香辛料」というアニメがあって。番組自体は見ていませんでしたが。そのオープニング曲をたまたま耳にしたとき、予備知識は何もなかったにもかかわらず、あ、これは間違いなくZABADAKだ!と思った覚えがありました。アレンジにもメロディにもZABADAK(吉良さん)らしさがにじみ出てましたから。思えばこれも変拍子ですね~。歌っているのは、女優兼歌手の清浦夏実さん。 
 ちなみに、吉良さんを苦笑させた難波さんの話にあった曲とは、この曲のことらしいです。
 バック・コーラスを担当しているのは吉良さん自身ですね。(ZABADAKのアルバムではセルフ・カヴァーもしていますが)



 blogram投票ボタン 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/1371-965e9a7d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。