星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節

それでも朝は氷点下

 昨日に引き続き、きょうもふたケタ気温。寒中にふたケタを記録するのはこちらでは非常に珍しいこと。
 昨日は空気に寒さが含まれていたけれど、きょうは正真正銘、春の空気。

 それでも最近の朝の最低気温は-6℃前後なのですが。おとといは-8℃に近い気温でした。(先日の大寒波では西日本のほうでもだいぶ低い気温を呈したということですが…)

 18日に降った雪がいまだ解けていないのも、日中温度が上がらないからで。

 きょうは朝も暖かく感じましたが、それでもたぶん-3℃ぐらいだったはず。普段が-5~6℃だと、-3℃でも相対的にあったかく感じるというわけですね。

 でも、60年ほど前には、つくばで-17℃を観測したことがある、と知ってびっくり。上には上があるものだ。(しかし関東の平野部でその温度はないよなぁ~。奥日光の山の温度というならわかるけど)

 -17℃にもなると、凍結防止装置もはたらかず、給湯器の水を抜いておかないといけないレベル。そういう温度が日常の北国の家庭ではそのあたり、どうしているのかなぁ?とふと思いました。家じゅうまるごとヒーティングが利いてるから大丈夫なんでしょうか?(だから北海道出身の方はよく、関東の方が寒いとおっしゃるのですよねぇ)

 わが地方の最低気温のレベルがどんなものか調べてみたら、だいたい盛岡あたりと近いレベル。なるほど、ここは朝は岩手県なのか~。(*_*) どうも流れ込む気流の関係でそうなるらしい。

blogram投票ボタン 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/1391-8025af46
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。