星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々雑記

さんぽ大好き

16-3-22 モクレンとアンズ

 モクレンとアンズ。
 このふたつが同時に咲いてるのを見るなんて、過去にはあまりなかったことです。
 いつもの年なら、モクレンの花が終わったころ、アンズが咲き始めるのです。
 今年はレアな庭の花見となりました。

16-3-22 モクレン
 モクレンだけだとこんな感じ。

 気象庁の予報通り、21日に東京の桜(ソメイヨシノ)の開花宣言されたようです。

 わが地域の桜はどうでしょうか?
 気象庁の予報(28日)通りかな? それともわが家のアンズが教えてくれた予報(24日ごろ)が当たるかな?

 さて。
 先日、いつもの定番ポタリング・コース(約20km)内で、どれくらいの花や鳥が見つかるものか、ふと興味が湧いて、簡単にメモしながら走ってみました。

 個人宅のお庭・畑や道端の区別なく、ほぼ出会った順番で。

(植物)
 サンシュユ・ヒュウガミヅキ・ナノハナ・ミモザ・ユキヤナギ・ホトケノザ・オオイヌノフグリ・ヨモギ・ムラサキハナナ(ハナダイコン)・ナズナ・コオニタビラコ(春の七草のひとつ)・ムスカリ・スイセン・フユシラズ(寒咲きキンセンカ)・セイヨウタンポポ・コブシ・ローズマリー・ミツマタ(和紙の原料)・オウバイ・モモ(花の咲き始め)・姫踊り子草(どこにでも良く生える草)・芝桜(花の咲き始め)・椿・モクレン・ヒヤシンス・ミツバツツジ・ジンチョウゲ・ハナニラ・スノーフレイク

 その他、花はまだ咲いていませんが、桐の木やソメイヨシノも見かけました。
 
(鳥)声を聴いただけの鳥も含む
 マヒワの群れ?・ホオジロ・ツグミ・ハシブトガラス・カワラヒワ?・ウグイス

 ほんのちょっと散歩した程度でもこれだけの動植物に出会えました。
 五感の休んでいる暇がありません。

 だから、歩く散歩でも、自転車でのポタリングでも、飽きるってことがないのです。

 地井武男さんの「ちい散歩」、加山雄三さんの「ゆうゆう散歩」。そのあとを継いで、高田純次さんが街歩きするおさんぽ番組「じゅん散歩」(テレビ朝日)。番組自体はあまり見る機会がありませんが。そのなかで、槇原敬之さんが歌う「一歩一会」というテーマソングにこんなフレーズが。

 いつもただクルマに乗って
 通り過ぎていただけでは
 気付けなかった景色や
 出逢いがあると気づいた

(略)

 歩いた分だけ出会う
 歩いた分だけ見つかる
 これはただの散歩じゃない
 謂わば一歩一会の小さな旅だ

(略)


 わたしが散歩好きな理由は、まさにこんな気持ちをいつも実感してるからかも。

 そうそう、散歩は関係ないけど、槇原さんの自転車の歌も好きです。



blogram投票ボタン 


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/1401-f1da3cf4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。