星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんぽ・たび

二子玉川さんぽ

 TKさんと東京さんぽももう第何弾になるでしょう?

 用賀のフラワーランド(世田谷区瀬田農業公園)に寄ってから、国道246を歩いて二子玉川へ。

16-5-29 耳をすませば
 この近辺が舞台となっている、ジブリアニメ「耳をすませば」を見たときに想いました。全編いかにも“多摩な風景”だと。

 火野正平さんが自転車で日本縦断して走るところの「こころ旅」(NHK‐BS)ふうに言えば、このあたりの景色はいわば、わたしにとっては“心の風景”とも言えるところ。 
 というのも、子ども時代に、二子玉川のちょうど対岸側に住んでいたからで。わたしにとっては何とも言えない懐かしさを覚える風景です。

 東京のなかでも、二子玉川はここ数十年のあいだに劇的に様子が様変わりしてきた街なんだと思います。
 (子どもの頃は二子玉川を「ニコタマ」なんて呼ぶひとは誰もいなかったよねぇ…)

 かつてはここに二子玉川園という遊園地があったことなんて、若いひとたちの多くは知らないのだろうしなぁ。
(ちなみに、二子玉川園があったのは、現在は、昨年オープンしたばかりのライズという大型複合施設のあるところだとTKさんが調べて教えてくれました)

16-5-29 等々力渓谷
(等々力渓谷)
 二子玉川にほど近い、東京にある唯一の渓谷、等々力渓谷を5年前に散策したのですが、そのついでに寄ったときからでさえ、相当に様変わりしています。たった5年のあいだにも、この街は、え?!というくらい変わってしまいました。

 もう少し閑静な趣きも感じられたころもあったのに、いまや大きな商業施設もできて、人の溢れる街になりました。
 変わっていくことのいい悪いは一概には言えませんが、むかし知ってたところとはもうすっかり違う街になってしまった寂しさ?はなんとなく感じてしまいます。

 多摩川自体の風景も微妙に変わって見えて。こんなに川幅が狭く感じるほど中州が川を埋めてたっけ? 
 と、5年前の地図を広げて確認しても、どうも今とはすこし違うよう見えました。

 でも、例によって2万歩超えになったお散歩自体は楽しいものでした。(我々が歩くとどうも2万歩超えになるのが通例になってしまうよう)

16-5-28 マルクト・カフェ
 マルクト(オランダ語で“青空市場”の意味だそう)というレストランでいただいたランチも美味しかったし。とくに、いちじくとさくらんぼ(佐藤錦)を、月桂樹の香りのジュレとアイスクリームで飾ったデザートは、いままでに味わったことがない感じで印象的でした。

 「植物男子ベランダー」といういっぷう変わったドラマ(ある意味、NHKだからこそのマニアック・ドラマ?)があるのですが、そのドラマに“馴染みの花屋”として登場するロケ地が、二子玉川のプロトリーフというお店だということも初めて知り。(これもTKさんの調査の賜物?) 近くには、やはりドラマに出て来るあのアート・トンネルも発見し。さらに嬉しくなっちゃいました。

 ついでに。このドラマは田口トモロヲさん演じるベランダーはじめ登場人物たちの個性も秀逸ですが、選曲されているBGMも絶妙で、ドラマに挟み込まれるミニ・コーナーがこれまた面白く、なかでも多肉植物たちの演ずる?「多肉 愛の劇場」はじわじわとハマります。(笑)
 思えばこのドラマを数年前に教えてくれたのもTKさんだったなぁ。

 おさんぽの締めに寄った川崎駅構内も、子どもの頃知ってた駅とはまるで違ってしまってて。(当たり前だ(笑))
 まるでべつの駅でした。(プラットホーム自体はむかしと大して変わってない感じだったので、なおさらそのギャップが際立つというか…)

 今回は、わたしにとっては、未来へのタイムスリップ感たっぷりだった(実際にはむろん現在だけど)おさんぽとなりました。

blogram投票ボタン 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/1418-d6bbaf13
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。