星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳鳴りノオト

久しぶりに耳鳴りのことを

 書こうと思います。

 わたしの耳鳴りが発症したのは6月でした。
 アメリカで9.11のあった年なので、今年で15年目というわけです。

 このごろ耳鳴りのことはほとんど書いていません。

 耳鳴りが治ったから、ではありません。
 耳鳴りは鳴ってはいます、いまでも。

 ただ、むかしほど耳鳴りに煩わされなくなってきた、とは言えるかもしれません。
 大きいと感じることもないわけではありませんが、少なくなってきたと思います。

 ドクターが「耳鳴りは慣れるしかない」と言っていたその意味が最近ようやくわかってきたような気がします。
 なかには完治に近いひともいるかもしれませんが、鳴り始めた耳鳴りはほぼ治りません。ドクターの言うように、慣れるしかないのです、結局。
 
 (でも!でも、です。言わせてもらえば、ドクターが耳鳴りに鳴り始めの患者に対して最初から、この常套句「耳鳴りは治りません。慣れるしかないです」と言うのはとてもまずい対応だと思います。
 ある日突然鳴りやまない耳鳴りに見舞われて、不安とショックでいっぱいの患者がその言葉でどれほど傷つくか、どれほど見離された気持ちになるか、想像してもらいたいのです。患者の心に寄り添う医療を考えるドクターならば。
 慢性の耳鳴りは24時間精神が休まることがなく、なってみなければ、それがどんなにツライか、苦しいか、ほんとうにはわからないと思います。機械的に測って、実際の音は15dBもないんだよ、なんて言われても、本人が100dBに感じているなら、それは100dBなんです)

 ここへきてやっと耳鳴りと“共存”することができるようになった、のかもしれません。
 
 耳鳴りに鳴り始めた当初、何か治るためのヒントはないかと、ネットでいっぱい検索しました。
 あるアメリカ人の耳鳴り患者さんの話で「慣れるまでに15年かかった」というのを読んで、暗澹たる気持ちに襲われたことを覚えています。慣れるのに15年もかかるのか~と。ため息が出ました。

 でもたしかに15年でしたね、わたしも。慣れてきたのかなと思えるようになるまでにかかった年数。

 何が功を奏したのかはまったくわかりません。TRTをやったことが良かったのか、耳鳴りをすこしでも忘れる努力をしてきたことか。
 薬で軽減したのではないです。5年ほど薬も飲んでいましたが、いろいろ試してもどれも効果がなかったので、それ以後薬には一切頼ってきませんでした。

 最後の砦と思っていたTRTを始めたわけは、薬が何も効かなかったからです。(TRTという新しい療法があることは、耳鳴りが鳴り始めた当初から知ってはいました。でもそれは最後の砦だったのです)
 順調に行ったわけではありません。当時はTCI(耳鳴り訓練器)のMAXボリュームよりわたしの耳鳴りのほうが断然大きいことが多かったからです。それでも薬に頼れない以上、TRTをやめるわけにはいかなかったのです。
 (いまにして思うと、TRTで早めに効果があるのは、もうすこし重症度の低い耳鳴りのひとなんじゃないかと思います)

 発症から6年ほど経った冬、ウツにも襲われました。朝になっても寝床から起きられず、ウツになると感情が平板になるというか、気力など湧かなくなり、感情が何も動かなくなるんだと実感しました。


 何週間か前、、NHK総合で「キラーストレス」という番組がありました。
 そのなかで、ストレスを減らすために有効なことのひとつが運動であるという話がありました。
 それは、運動をすれば気分転換になるから、というそういう単純な理由ではなくて。

 ウツは気の持ちようとか、そういう問題ではないということです。

 不安・恐怖を過剰に感じてしまう扁桃体の影響で副腎からストレスホルモンが放出されてしまい、それが脳にも悪影響を及ぼすということでした。が、運動は自律神経が興奮するのを抑えてくれ、ストレス反応の暴走をする脳の構造を変えるというのです。

 扁桃体と自律神経を繋いでいるのが延髄。

 運動をすると、延髄の神経細胞の突起の数を減らし、扁桃体で受けたストレスを自律神経に伝わりにくくします。そのためストレスを受けても自律神経に影響が伝わらなくなる、のだとか。

 延髄は副腎にもつながっているため、運動をすればストレス信号は副腎に伝わりにくくなり、多少のストレスがかかっても、副腎からストレスホルモンが出にくくなるとも。
 
 わたしは自転車に乗ることでずいぶん耳鳴りというストレスを軽減できてきた気がしていましたが、これもはっきり理由あってのことだったのかも、と番組を見て思いました。

 もちろん何がその人の耳鳴りにとっていちばんの軽減策になるのかは、それぞれのひとの耳鳴り症状によって違うでしょう。
 わたしには自転車が良かったと思っているのですが、ほかのひとにもそれが良いかどうかはわかりません。

 薬が合う人もいるかもしれないし、TRTが合う人もいるかもしれないし、補聴器療法が合う人もいるかもしれない。それぞれ自分にあった方法を見つけて行くしかないのだろうと思います。

blogram投票ボタン 

-8 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.06.25 21:01 | | # [edit]
nona says..."Re: タイトルなし"
>hakkunineさん

こんばんは。

15年経ってやっと耳鳴りにも慣れてきたと
ようやく言えるようになってきました。

また寒い季節が来たら症状が戻らないとは断言できませんけれど、
それでもむかしのような酷い状態からはだいぶ改善しているように思います。

応援心強いです。ありがとう。
2016.06.29 20:56 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.07.08 01:50 | | # [edit]
nona says..."Re: はおはお"
>はおはおさん

おぉ、はおはおさん?!
はおはおさんですか?!わぁ♪
おひさしぶりです。何年ぶりでしょうか。
ありがとうございます。
訪ねていただけて嬉しいです♪

このごろわかってきました、結局耳鳴りは慣れるしかないんだって。
鳴っているけどむかしほど爆音のように大きくは感じていないし、
聞こえには問題ないのだし、こうして共存していくしかないんだろうなと思っています。
共存できるようになったのはありがたいことだなと。

今年も暑くなりそうですから、体調崩さないように行きたいですね。

ほんとに来てくださってありがとう!
2016.07.10 12:22 | URL | #- [edit]
カリス says..."ごぶさたしています。"
nonaネエさん…、ほんとうにごぶさたしています。
きれいな文章…さすがnonaネエさん、
カリスのこと、覚えてくださっていますか^^?
2016.08.23 22:06 | URL | #9d0sIJwg [edit]
nona says..."Re: ごぶさたしています。"
>カリスさん

> nonaネエさん…、ほんとうにごぶさたしています。

お久しぶりですね。その後お変わりないですか?
わたしのほうもだいぶ耳鳴り改善してきました。
TCIもつけることがなくなりました。
(これで冬が来ても大丈夫だったらOKなのですけど)

> きれいな文章…さすがnonaネエさん、
> カリスのこと、覚えてくださっていますか^^?

ありがとうございます。恐縮してしまいます。(^_^;)
カリスさんのこと、忘れるはずないですよ~。

2016.08.25 22:01 | URL | #- [edit]
ヒサコ says..."お久しぶりです。"
nonaさん、かなりお久しぶりです。
blogは時々、拝見していたのですが、コメントはかなり久しぶりです。

その後、結局、私も見耳鳴りが治りません。

たまに、耳鳴りがほとんど鳴らなくなる事があり、それが長いと1ヶ月くらいに及ぶので、治ったか?!と思うのですが、ぶり返します。今もぶり返してます。キンキン鳴っていて、それはそれは苦痛です。なんでこんな目に遭わなくてはいけないのかと思ってしまいます。

例えば、旅行雑誌を読んでみても、「出掛けても、耳鳴りうるさいんだよな」と思うと、出かける気持ちも消えてしまいます。私は、未だ耳鳴りに慣れる事ができません。考えないようにしたくても、キーン!とうるさく耳鳴りがすると、気が滅入ります。

nonaさんの最近はいかがですか?
愚痴云々ごめんなさい。
2016.11.20 19:03 | URL | #j4zCBgh2 [edit]
nona says..."Re: お久しぶりです。"
>ヒサコさん

おひさしぶりです。
ブログ見ていただいてましたか。
ありがとうございます。m(__)m
(ここ数カ月はあまり書いてなかったんですが(^_^;))

やはり耳鳴りは続いていますか。
でも鳴らなくなる日もあるんですね。
おんなじでしたよ、わたしも。
調子のいい時はひと月くらい鳴らなかったり、
鳴っていても気にならない程度だったり。
でもその後不意に元のようにぶり返したりしたんですけど。
鳴らなくなる原因も、戻ってくる原因も、さっぱりわかりませんでした。

がっくり来ますよね。治ったのか?と思ったのに、またやって来る。
そういうときの落ち込みは半端なかったです。
誰もこんなわたしの気持などわかりっこないと思うといっそうでした。

いまでも耳鳴りが治ったわけではありません。
ただ、前ほど気にしていないことが多くなった、とは確実に言うことができます。
(もっと寒くなったときにも酷くならないかどうか、
それがいちばんの要注意事項かなと思っていますが)

TCIもほとんど使わなくて済んでいます。
こうなるまでに15年かかりました。
だからヒサコさんもけして諦めないでほしいです。
耳鳴りがひどい時はツライでしょうけど、滅入ってしまうでしょうけど。
きっといつか「もう大丈夫」と言える日が来るはずと信じてみてください。
これぐらいしか言えなくてすみません。

またたまに近況などお知らせしてくださると嬉しいです。
2016.11.20 23:22 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/1423-34a12194
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。