星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本・音楽・映画など

Down in Brazil ~マイケル・フランクス

リオ五輪も近いので、というわけでもなく。
ひさしぶりに聴きたくなったので。
この曲はブラジルのミュージシャン、ジョアン・ドナートに捧げられている。
サポート・ミュージシャンも豪華だったアルバム『スリーピング・ジプシー』より。



ブラジルでは
1マイル歩くにも1日かかる
時はただ止まってる
逢う人みんながきみに微笑みかける
じぶんのやり方をいまでも信じていて
サンバできみをなごませてくれる
きみはまさにそこで知るのさ ここがブラジルなんだと
これこそがブラジルなんだと

ブラジルでは
誰も勝ち負けなんか気にしない
きみが沈んでいたら
かかとの高い靴をはいたカフェオレ色の女の子たちが
憂鬱をなぐさめてくれる
きみをただ楽しませようとしてくれるみたいに
バナナの木に吹く風のように踊って
まさにここはブラジルなんだときみは想う

ブラジルでは
楽しむ方法は百万通りもある
きみは感じ始める
祈りの時と同じくらい幸せな気持ちを
逃げ出そうかという気がおきても
きみはそうしたりはしないだろう
あのなつかしいブラジルに行ったことがあるなら
親しきブラジルにいまきみがいるなら

blogram投票ボタン 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/1432-5cf7715b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。