星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nonaカフェ

栗の渋皮煮

 昨日の午後からちょっと喉に痛みが。軽い風邪症状のようです。いやだな~、こんな時期に風邪なんて。(~_~;)

 きょうは栗の渋皮煮を作ってみました。
 これを作りたいと思ったのは、五十嵐大介さんのコミック「リトル・フォレスト」を読んだとき、とても美味しそうだったから。いつかきっと作ろうと思っていたのです。

リトル・フォレスト(1) (ワイドKCアフタヌーン (551))リトル・フォレスト(1) (ワイドKCアフタヌーン (551))
(2004/08/23)
五十嵐 大介

商品詳細を見る

 上高地に行ったときにも、お土産屋さんで売っているのが目に入りました。けっこうお値段はするものですね。それでも一瞬買おうかなと思いましたが、いやいやそのうち自分で作るのだから、と思って気持ちを制しました。(笑)

  渋皮を傷つけないようにていねいに鬼皮を剥いて(渋皮が傷つくと、煮ているあいだに栗が割れてしまいます)、重曹を加えた水で煮てゆでこぼし、アクを抜いた栗を、シロップで煮ます。荒熱が取れたところで風味付けにブランデーを加えて(赤ワインなどでも良さそう)冷ましたら出来上がり。
 
 と、作り方じたいはさほど難しくはありませんが、栗の皮むきには時間がかかりますし、アク抜きにも時間がかかります。さらにワタを取ったりスジを取ったり。ですので、作るのは1日がかり。
 でも、こうして自分で作っている時間、というのが、楽しいんですけどね。

 保存壜に入れておけば長期保存も可能。時間が経つと、シロップが栗にねっとり浸み込んで、さらに美味しさが増しそう。冬のお茶請けにもいいかと思います。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/683-d5c7da1e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。