星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小物

ニワトコ水

 ニワトコ酒、というのを私が初めて知ったのは、むかし子どもの頃(と言っても、たしか高校生ぐらいの頃)TVで見た「ハリーの災難」という映画でした。(ヒッチコック監督作品ですが、氏の作品としてはややマイナーな1本ですかね?)
 映画の内容はもうほとんど覚えていないのですが、ニワトコ・ワインだけはそれ以来気になって気になって…。(笑)

 ニワトコという名称は知らなくても、エルダーフラワー、と聞けば、花やハーブなどに関心があるなら、「あぁー」と思い当たる方もいらっしゃるのでは?

 ニワトコは、漢字では「接骨木」と書きます。むかしは骨接ぎの当て木にでも使われてたんでしょうか? 日本の山にも自生しているらしいですが、西洋ほどなじみのある樹ではなさそう。
 西洋では、魔よけとして?庭先にもよく植えられる樹らしく、イギリスでは、風邪を引いたときなどに、ニワトコの花のお茶を飲む、という話も、耳にしたことがあります。
 白い小花のブーケのような花をつけます。スイカズラの仲間です。だから、香りのいい花なのだろうなという想像はついておりました。

 というわけで、私のニワトコ探しが“静かに”始まったのですが。
 しかしどこで探せばいいのかもわからず、そう簡単には見つけることはできませんでした。それでももちろん探し続けましたよ。こういう執念はなぜか燃えます。静かに燃えるので、長続きするのです。(笑)
(いまだったら、ネットもありますし、探すのは当時よりはずっと簡単かもしれませんね。ただ、それほど苦労なくインスタントに探せる分、いつでも手に入れられる安心感から、熱はすぐ冷めたかも?)

 念願かなって5~6年前(だったかな?)、西洋ニワトコの苗木を手に入れ、庭に植えたりもしたのですが…土壌に合わなかったのか、みごと枯れました。(~_~;)

 しかし、それでも、「願っていればいつかは答えが向こうからやってくる」ということは、あるのかも。
 今回、偶然に、ニワトコ・ワインならぬニワトコ・ウォーターを手にすることができ。
 その香りを楽しむことができました。
 ふんわりと甘い花の香り。
 私には、初めてではなく、なんだか過去の記憶を刺激されるような、懐かしい匂いにも思えました。どこでかは定かではないけれど、たしかどこかで嗅いだことある、というような…。

 とにかく、「ハリーの災難」を観て以来ず~~~っと気になっていた、ニワトコの香りが味わえて…こうしてやっとちょっぴり願いが叶ったのではありました。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/687-42affc52
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。