星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本・音楽・映画など

プレアデス

Pleiades Pleiades
kirche (1999/06/20)
桜詩舎
この商品の詳細を見る

 ザバダックっぽいなぁ、というのが耳にした最初の感想。
 しばらく手に入れられない状態になっていて、再発売になって入手できるようになった盤のようです。

 ユニット構成といい、サウンドといい、似た感覚を感じます、上野洋子さんが在籍していたころのザバダックに。
 音楽的な要素の匂いも、ザバダックに似た面がありますし。
 さらに、ヴォーカルのみとせのりこさんの声の透明感は上野洋子さんとどこか通ずるものがありますし。

 彼女は過去にザバダックのアルバムにコーラスで参加していたこともあって、ザバダックとはまんざら関係がないひとでもなかったということも、最近知りました。 

ヨルオトヒョウホン ヨルオトヒョウホン
みとせのりこ (2005/03/06)
桜詩舎
この商品の詳細を見る

 みとせさんはソロでもアルバムも出しています。そのアルバムのなかでは、ザバダックの吉良知彦さん作曲の歌も2曲ほど歌っています。

 そのアルバム「ヨルオトヒョウホン」(夜音標本)中で意表をつくのは、「早春賦」と「Namarie」でしょうか。前者は、誰もがどこかで聴いたことはあるはずの、有名な日本歌曲。後者は「指輪物語」の曲。詞はトールキンによるものです。ケルトっぽいシンプルなサウンド、以前に書いたエリの「シャ・リオン」のような雰囲気もあるかも?)
 
 「プレアデス」に話を戻しましょう。

 キルシェは、みとせのりこさんと、井上俊彦さんのふたりユニット。(井上さんは作曲・編曲・ギターやプログラミングのほかに、レコーディングやミキシングもこなされるみたいで、なかなか多才な方なんですね。一方のみとせさんも、ヴォーカルと作詞のほかに、アート・ディレクションやデザインも担当)

 長い曲が多いです。11曲しかないのに、アルバムを通してかけると1時間以上にも及びます。その分、1曲1曲を堪能できますけれどもね。
 このアルバムタイトルが示すように、天体にまつわる、星や月にちなんだ曲が多いのも特徴でしょうか。

 短い序章のような1曲目「プレアデス」に続く、2曲目「千の夜の睛(ひとみ)」3曲目「セイリオス」…このへんの曲を聴くと、やっぱりかなりザバダックっぽいなぁ、と感じるのですが。
 デジタル・プログラミングと生楽器との融合サウンドがキルシェの魅力のひとつですね。みとせさんのコーラス、ほんとに一瞬上野洋子さんと間違えそう。
 (ちなみに、“セイリオス”とは、ギリシア語で「焼き焦がすもの」「光り輝くもの」という意味で、全天一明るい恒星シリウスの語源です。シリウスは冬に輝く孤高の星。それを踏まえて聴くと良さそうです)

 4曲目「五月はベリルの風をつれて」…これはサイクリング・ソングですね。サウンドはザバダックより遊佐未森さんふうですが。
 そういえば、キルシェのサポート・メンバーのなかには遊佐未森さんのコピーバンドをやっていたなどというひともいて。ほう、そうですか、という感じです。「類は友を呼ぶ」なので、“ちょっぴりシンクロニシティ”は、けっこうあちこちに転がっているものなのかもですね。
 “ベリル”という単語は、みとせさんのお気に入りなのかも。ほかの歌詞にも使われていますし。ベリルは緑柱石。レッドベリルなんていうのもありますが、基本的には碧翠の石ですね。たしかに新緑の5月っぽいです。
 
 ぎんいろのペダルふんで こぎだせば風になる 午後の奇蹟

 サイクリング・ハイ? あ~自転車に乗りたくなる(^^♪

 5曲目「Breeze」…これも風の歌。アコースティック・ギターの音が爽やか、かつ神秘的。螺旋の記憶を呼び覚ます、涼しさのある風。後半のフィドルはアイリッシュ・トラッド。
 6曲目「Mirage of Sands」…“砂漠の蜃気楼”ですね。サウンドも一転、中近東ふうな味つけ。中間部はメロディアスな旋律。

 7曲目「Swim ~水夢」…ザバダック、というよりは、上野洋子さんふう、という感じでしょうか。たゆたう水に護られて眠る。何を待って? 間奏の3拍子が効いている、と思うのですが。 
 8曲目「三日月の舟」…このアルバムには、水のイメージというのもかなり漂っている気がします。

 9曲目「ティル・ナ・ノグ」…タイトルからして、もろケルト。(“ティル・ナ・ノグ”というのは、ケルトの言葉ゲール語で「常若の国」というような意味です) サウンドもケルティック。ティン・ホイッスルが聴こえたりします。このあたりもちょっぴりザバダックっぽいかな。思わず黒ビールを酌み交わしながらダンスしたくなってしまうかも。

 10曲目「星によせて」…静かなギターで奏でられる1曲。
 11曲目「空の青 水の青」…最後はふたたびザバダックふう? 不思議系3拍子。コーラスがやっぱり上野洋子さんっぽいです。

-2 Comments

pianissimo says..."上野さん新譜"
はじめまして。4月に上野洋子さんのライブアルバム(CD,DVD)が発売されます。興味がありましたらぜひ。
2007.03.29 09:12 | URL | #- [edit]
nona says..."情報ありがとうございます♪"
pianissimoさん、はじめまして。
そうですか。
上野洋子さんのCD,DVDが
まもなく出るのですね!
うれしい情報ありがとうございます。
私は古くからのファンではあっても
こういう情報には疎いので(^^;)
教えてくださってありがとうございました。
2007.03.29 23:51 | URL | #7sTHE0tk [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/739-07405b93
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。