星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本・音楽・映画など

かもめ食堂

かもめ食堂 かもめ食堂
小林聡美 (2006/09/27)
バップ
この商品の詳細を見る

 話題になっていたこの映画、やっと観ることができました。
 私は原作のほうを先に読んでいたので、そちらの印象のほうが強く、映画でのイメージやテンポ感はそれとはちょっと違ってたかな?という感想です。意外にさらっと流されていた「ガッチャマン」をめぐるエピソードなども、小説のほうがもうちょっと濃い目にコミカルでしたし。
 かもめ食堂の雰囲気とかも、想像とはすこーし違って。思っていたよりシンプル&スマート。でも北欧らしい清潔感のあるお店。
 「ムーミン」のなかのちょっとした“ヒミツ”に驚いたり、フィン語の「キートス」(ありがとう)という言葉がなんだか耳にとても心地よかったっていうのも、映画の収穫?

かもめ食堂 かもめ食堂
群 ようこ (2006/01)
幻冬舎
この商品の詳細を見る

 映画のほうを先に観てから原作を読んでいたら、どうだったかな?
 これは原作とはいっても、「映画のために書き下ろした」と書いてあったので、もしかしたら、小林聡美・片桐はいり・もたいまさこ、という3人の女優さんをあらかじめ想定して、書かれた小説なのかも、という気もします。それ以外に配役は浮かばないほどぴったりなので。

 登場人物たちの背景や心情は、小説のほうがより見えるようには思います。映画のなかではさほど触れられていなかった、それぞれがどうしてフィンランドに来ることになったかのいきさつも。
 いや、もしかすると、そういう説明をあえて避けたところが、映画の“粋”だったのかも、とも思えますけれども。

 ヘルシンキの町の光の感じとか、カラフルな市場、カフェの併設された静かな本屋さん、黄色のキノコの採れる森、両側が樹々でいっぱいの何気ない小路…などの映像は映画ならではですね。
 路面電車が走る街、ヘルシンキ。(路面電車の走る街、大好きなのです私は(^^♪) 自転車で走るのも似合いそう。
 ついつい気になって眺めてしまうのは、キッチンの小物とか、インテリア。そういうのが楽しめるのも映画ならでは。

 シナモンロール、美味しそうでした。真似して作って食べたくなったな。
 コピ・ルアック ― コーヒーを美味しく淹れるおまじない、あれってほんとに効くのかな。観ていると、なんだかコーヒー飲みたくなるから不思議だね。

 そしてサチエさんたちがにぎる、フツーな具のおにぎり。ツナマヨとか明太子とか照り焼きチキンとかではなくて、梅干し・鮭・おかかのフツーなおにぎり。
 (映画のなかでも、ミドリさんの提案でザリガニ・トナカイ・ニシンの具を試してみたりするのではありますが、結局…)
 あまりにも日常で、ありふれた食べ物のようなおにぎりが、なんだかとっても美味しそう。サチエさんの言うように、なんといっても、おにぎりは日本人の“ソウル・フード”だからでしょうか。
 彼女がじぶんのお店を、“レストラン”ではなく、“食堂”と名乗るこだわりにも、うなずける気がします。
 
 もう1度ゆっくり観たい映画です。シナモンロールとコーヒー、あるいはおにぎりにお茶をお供にね。 

 小林聡美さん主演と言えば、思い出すのが「すいか」です。(もたいさん・片桐さんもちょっぴり出演されてましたよね?) 普段TVドラマをめったに見ない私が、友人に教えてもらって珍しくハマッた作品。繰り返し何度でも観たくなるような作品って、そうはないと思うのですが、これはそんなドラマだったのです。
 描かれるのは淡々とした日常。とくに大きな事件が起こるわけでもない。でも、登場人物たちの何気ない会話の何かに、こころがフッと反応する。
 そういう雰囲気の、シチュエーションの物語が、私は好きということなのかもしれないな…。
 そして「かもめ食堂」にあのドラマと似たものを感じる、というひとは少ないのではないかな、と私は思うのですけれど…。
 

-2 Comments

ラビー says..."ここのところ"
桜満開、初夏を思わせるような気温、変な感じです(。・・。)(。. .。)ウン
nonaさんは、本や音楽や映画を楽しんでるみたいですね~♪
私は、相変わらず、読書と映画とゲームを楽しんでおります。
が、このへんてこな気候には、ちょっと体調が・・・ぼーっとしております。しっかり乗り越さないと・・ですね(。・・。)(。. .。)ウン
2007.04.02 09:20 | URL | #c/Xu0szY [edit]
nona says..."桜は咲いたけど…ですね"
そうですね。桜は満開ですね。
なんだか気温とはそぐわないけれど。
2月はあったかだったのに、
3月・4月は逆に2月に戻っちゃったみたいですよね。

本や映画を楽しんでる…ってとこまで行ってるかどうかは
わからないんですけど。
ただ、耳鳴りの状態の良いときは
なるべく(貪欲に?)そうしようと思って。
でないと、そういうものを楽しめる時間が私にはほとんどないので。(苦笑)
このところ、“劇的に”ではないにしろ、耳鳴りの状態の良いときが
こころなしか増えてきたかも?
という気がするときがあります。
そういうときはPCよりも本や音楽に
向かってしまう私です。
落語のテープを聴いて
笑ったりもしています。(一人寄席? 爆)

天気や気温の変動が大きいと
体調も崩しがちになってしまいますよね。
ラビーさんも気をつけてくださいね。
2007.04.02 21:31 | URL | #7sTHE0tk [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/740-aa2a5c56
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。