星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんぽ・たび

歩きたいなぁ、エディンバラ

 旅番組というのはほとんど見ないのです。なぜかと思うに、おそらく私は観光名所を訪ねたり、っていうのにはほとんど興味がないからではないかと。

 その代わり、よく見るのは“おさんぽ番組”。ほとんど欠かさず見ているのが、BSフジの「東京の散歩道」と、BS-hiの「世界ふれあい街歩き」(NHK総合でも放送されていますが)。「東京の散歩道」は、文字通り東京のあちこちをお散歩、「世界ふれあい~」のほうは、その世界版という感じでしょうか。

(観光名所もべつに嫌いなわけではありませんが、私がしたいのはあくまで“さんぽ”。どこかへ出かけるときは、いつもそういう気持ちでいます。自転車に乗るときも基本的にはおんなじです)

 どちらの番組も、あたかも自分自身が歩き回っているような感覚になるのは、ステディカムを使っているからだと思います。歩く動きによって視点が上下動しないので、自分の目で街を眺めている気分になれるのです。

 案内人としての旅人の姿は番組のなかにはいっさい登場せず、あくまでカメラの目で、お散歩者の視点で街を見ている、というところも共通点です。だから視聴者があたかも自分が散歩の当事者であるかのように街歩きを楽しめる。

 前置きが長くなりましたが、昨夜の「世界ふれあい街歩き」の舞台は、エディンバラでした。
 街へ通ずる道が画面に映った瞬間、「あ、ここはイギリスだ」ってわかる。当たり、だったわけですが。なんだろうな、あの空気感は。行ったこともないのにね。

 エディンバラは、もちろんイギリスの北部、スコットランドの古い都です。(世界遺産になってましたっけ?) いまはイギリスの一部だけれど、かつては何度もイングランドと闘いを繰り返してきた街。それだけに歴史のある、由緒のある建物や場所には事欠かない街です。

 歩き始めて草々に、バグパイプ奏者のおじさまに遭遇。この街のお勧めは?と聞くと、古い街だからどこへ行ってもお勧めだって。いちばんは?と聞くと、「here」(ここだよ)、このバグパイプだよ、というユーモアのあるお答え。スカートとネクタイの、お揃いの真っ赤なタータンチェックがおしゃれなおじさまでした。いつもあの場所で演奏しているんでしょうか。

 古びた石造りの建物の続く、石畳の街。甲冑の店があったり、ウィスキー専門店があるのは、スコットランドならでは? ウィスキーの店のウィンドー越しにいたのは可愛らしいテリア。“看板娘”ではなく“店の主”なんだそうで。インフォメーション・コーナーに出てきた、パブでのトラッドなバンドの演奏も、なんかいつまでも聴いていたくなってしまうほど素敵。

 エディンバラ城も良かったなぁ。重厚なお城の造り、眺めも最高。

 古い教会の敷地には、ポルターガイスト・ツアーの案内所があったりします。

 いちばん印象的だったのは、クロース。
 エディンバラには、“クロース”(close)と呼ばれる狭い路地があちこちにあって、そのひとつひとつに名前がついている。“world's end close”(世界の果て路地)というのまであります。
 ちょっと「エクソシスト」の一場面に出てきそうな、とあるクロースでたまたま出遭った、小学校の野外授業が楽しかった。引率の先生がシルクハットにマントのいでたちだったり、ちょっぴりコワイ演出が待っていたり。
 先生の説明で、どうして路地を“クロース”と呼ぶのかもわかりました。いまは60ほどが残っているというクロース、むかしは300以上もあったそう。

 クロースを抜けるとちいさな石の広場があったり、そこに印象的な言葉の刻まれた記念碑があったり。とってもワクワク。

 地図を見れば、こんなところにこんな建物があって、とかいうのはわかります。でも、街の雰囲気とか、高低さとか、道路の様子(石畳が続いているなどの)などの情報は、実際に現地を歩いてみないとわからないでしょう。
 「街歩き」は、自分が実際に行ってるわけではないけれど、かなりの部分、街の様子をうかがい知ることが出来て、その点でも満足度が高いです。

 エディンバラの天候はずいぶんめまぐるしく変わる天気。雨が降っていたと思ったら陽が射し、でも目の前には暗い厚い雲がたちこめていて、また雨。
 そんな天気もエディンバラにはとっても似合う。
 
 「世界ふれあい街歩き」に登場するどの街もそれぞれに楽しいのですが、とくに、あ~この街を歩けたらいいな!と思う街の共通点は何でしょうか?
 私の場合、それはまず良い坂道があることかな。坂の多い街には不思議に歩きたくなるオーラが見える。私にはね。(^_^) エディンバラもその例に漏れず、すっごく歩きたくなってしまった!

 あるいは。
 たとえば中国の天津。天津甘栗のイメージから想像していたのとは全然違う街の様子が意外でした。へぇ、こんな街なんだな~という驚きがありました。

 たとえばミュンヘンやコペンハーゲンは。自転車の街だなぁという感慨が。

 また、たとえばハワイは。
 以前は、ハワイか~、日本人がいっぱい行くしなぁ~、などとさほど惹かれることもなく思ってたんですが。ホノルル編を見てからは、あぁお散歩したい街だなぁ、というふうに変わったのも、この番組を見ての収穫だったと思います。 

-2 Comments

hakkunine says...""
エジンバラはとてもきれいな街ですね♪

10年くらい前に、ロンドンからレンタカーで行きましたが

遠かった(苦笑)

桜満開ですね

北海道は雪でした

春はまだ遠いかな・・
2009.04.27 01:34 | URL | #qbIq4rIg [edit]
nona says..."Re: 桜"
ハックナインさんは行かれたことあるんですね、エディンバラに♪
そうですか、レンタカーで。
ロンドンからだと遠いですよね、たしかに。(^^)

北海道は雪ですか。なかなか春は遠いですね。
こちらもここ数日冷えてますよ。
朝晩はストーブたいちゃってますもん。(苦笑)

2009.04.28 22:18 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/859-de87dfde
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。