星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日々雑記

徒然なるままの日

 先週の月曜日。歩いていたのは渋谷の公園通り。渋谷に来ればよく歩いている通りではありますが、あらためて思いました。あぁこんなに坂道だったんだね、この通りは。
 
 陽射しがたっぷりで、風もたっぷり。そんな日にぴったりで。携帯音楽プレーヤーで新居昭乃さんの「ソラノスフィア」をずっと流しながら。耳鳴りが遠のいていて、調子がすこし良かったということもあり。
 最近繰り返しこればかり聴いています。
 打ち込みも使われているけれど、基本はバンドサウンド。こころを遠くまで拡げてくれるようなメロディ、短調の曲でも“湿気”よりは“風”を感じる、そんなアルバムです。

 「Monday, Tuesday」… サビのメロディの高揚感が好き。
 「鏡の国」… 歌詞は『鏡の国のアリス』がヒントになっているのかな? デイジーはあのデイジー?
 「ターミナル」… マイ・フェイヴァリット・トラック。捨て曲のないアルバムですが、なかでもいちばんのお気に入りナンバー。
 「mizu」… わたしもすこしだけフランス語かじってたことがあるけれど、昭乃さんのフランス語の発音はきれいだな。
 「Lhasa」… 解凍・圧縮ソフトの歌ではなくて、ですね。(笑) 旅の歌です。そういえば、このアルバムには“トランジット”な歌が多い? バックの演奏には二胡が使われていて、見える景色はアジアです。
 「Orient Line」… 「ノルブリンカ」(宝石の庭)という曲もそうだけれど、どこか鉱石の色が見えるような。こちらは中東の景色ですね。
 「太陽の塔」… といえば、大阪万博のシンボルだったあの塔? 歌詞に“1970 year”と出てくるし。

 その日はKO病院の耳鼻科に行く日でした。が、その前に渋谷に寄ったのです。公園通り沿いにある、ドゥ・ペダーレを覗いてみたくて。サイクリング・カジュアルのお店です。
 でも、午前11時前にはまだお店は開いていなかった。なので東急ハンズへ行ってみました。ベッドサイドに置く読書用のテーブルライトと、サイクルコンピューターを見るという、明確な目的もあったので。

 ハンズへ行くと、ヘンなもの…いや、お宝、を見つけてしまうのですが。今回はサイダーとラムネでした。
 全国各地の面白・珍ラムネを集めた“地ラムネ祭り”。こういうB級陳列?にはすぐ目が行ってしまう。^^; むかし日記にも書いたことがあるスワンサイダーもありました♪ (ラベルがレトロないい感じなのです) 
 淡いブルーが爽やかな湘南サイダーや、銀星シトロン(名まえが爽やか)、静岡のお茶ラムネや小豆島のオリーブサイダー、変わりどころでは、イカ墨ラムネやカレーサイダー、わさびラムネ、たこ焼きラムネ…どんな味がするんだろうね?!

 あ、思い出したので、ちょっと横道。
 ハンズと言えば、前にここで買った超電解水(商品名クリーンシュシュ)。店頭実演が楽しかったので思わず買ってしまったのですが。(笑) 
 油やヤニ汚れには抜群に強い。100%水だから、手もべたべたしないし。そんなふうに掃除に使っていました。
 先日も、猫にかまれた傷のせいで、はいていたジーンズやベッドカバーが血まみれに。でも、洗濯機にかけなくてもすっきり血を落とせたのはこれのおかげ。シュシュッと吹きかけて少し置いて、ティッシュで抑えるようにふき取ったら、まったく跡も残らずにきれいに汚れが落ちました。
 値段はすこし高めなのだけど、これはたしかに優れものだなぁ。実感しましたわ。
 ここで宣伝しとくね。(^^)v 興味があれば→こちらをどうぞ

 渋谷の次は新宿へ。病院への乗り継ぎ駅でもあるので。電車のなかでもずっと「ソラノスフィア」を聴き続け。湿気のない5月の車窓の風景に、ほんとうに合う気がして。
 新宿ではいつもはあまり降りない西口へ。(西口に出るのは、6月のミネラルフェアのときぐらいだな) 目的はデジカメです。先延ばしにしてきた購入をきょうこそは、と決めていたので。
 デジカメフロアの一角に、日食グラスが山積みになっているのを見つけ。お!と思って、それもついでに購入。むろん7月の日食に備えてね。いくら欠けるからと言って、肉眼で太陽をじかに見るわけには行きません。

 それからやっと病院へ。先月、上野で借りた自転車でこの病院の前を通ったときは桜が満開だったっけ…。
 診療までに3時間待ち。
 先生とお話はしたものの、相変わらずな進展のなさ。(~_~メ) こうして通ってくる意味があるんだろうか??と、心中うっすら思い。

 いちばんの目的(耳鼻科の受診)はそんな感じで終わってしまい。

 渋谷や新宿の街を歩き、新居昭乃さんを聴き、お買い物をし…。むろん、それはついでということではあったし、いいのですけれど。
 何しに東京へ行ったんだろう?とすこし思わなくもなかったのではあります。(苦笑)
 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/879-81d42a28
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。