星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本・音楽・映画など

銀河手帖

銀河手帖(初回限定盤)(DVD付)銀河手帖(初回限定盤)(DVD付)
(2009/06/03)
遊佐未森

商品詳細を見る


 銀色の文字で「Cahier de Ginga」(“銀河手帖”という意味) ― そんなフランス語ふうタイトルもついているし、明るい陽射しがたっぷり降り注いだジャケット写真に、ここは南仏?と思ってしまいそう。でも、傘を差しかけている、草履姿のお爺さんはどうみても日本人だし? (そういえばこの傘、どこか銀河模様に見えるのですが?) 
 ジャケットの裏写真を見ると、ここは湘南海岸なんだって、さりげなくわかります。
 CD本体や、ジャケットの内側をいっぱいに開くと拡がる銀色の海が、まさに銀河のようです。
 DVDの「I'm here with you」の映像や、歌詞の載ったブックレットの写真に登場する人たちは、みなさんお友だちでしょうか? 

 コンピューターの打ち込みも使われてはいますが、全体的にアコースティックな楽器の比率が高いアルバムです。木管・金管楽器のほかに、ミュージカル・ソー(のこぎり様の楽器)、ペダル・スチール、プサルテリー(ヨーロッパの古楽器)、尺八などの楽器も使われていて、面白い音作り。アレンジもジャズっぽい要素が入っていたり。

 1曲目「道標」~5曲目「ショコラ」あたりは、大人っぽい落ち着きのなかにも、初期の頃の作品を思わせる面も感じられ。新しさと懐かしさの融合した楽曲たちでしょうか。

 6曲目「5月、エニシダ」はインストルメンタル。未森さん自身がピアノを弾いています。作曲もむろん彼女。聴いているうちになんとなく、フランスの作曲家フォーレの組曲「ドリー」を思い出しました。

 7曲目「ripple」は、カフェ・ミュージックの様でもあり、古いフランス映画に出て来そうな感じでもある小粋な曲。ゴンチチのゴンザレス三上さん作曲。弾むような3拍子を聴いていると、お散歩に出かけたくなります。

 8曲目「花の二重唱」、歌劇「ラクメ」よりのフランス語歌曲。未森さんの歌い方も普段とは少し違って、彼女は声楽を学んでいたひとなんだっけ、とあらためて思ったり。

 この3曲の流れが、このアルバムのなかではいちばんお気に入りです。
 
 アップテンポな明るい9曲目「shine!」に続く、10曲目「I'm here with you」は、読売新聞夕刊に連載されていた小説で、最近NHKでアニメ化された「川の光」のテーマソング。「みんなのうた」でも放送中のようです。ここで歌われている“you”とは、「地球」のことなんですね。

 静かな水の流れのような11曲目「ピアニッシモ」でアルバムは閉じられます。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/890-31d6eacc
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。