星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車

鮎を食べに

 烏山に行ってみようかな、と思いたちました。以前勤めていた会社の人たちとはクルマで、父とは烏山線に乗って、行ったことのある観光やなまで。

ヤブカンゾウクサノオウ
 五行川サイクリングロードを北上。草むらのあちこちに咲いていたヤブカンゾウとクサノオウ。
ohsakijinja
 五行川CRは真岡の大前(おおさき)神社脇を通っているので、ちょっと寄ってみることに。偶然きのうは骨董市の日らしく、境内は朝早くから人でごった返しておりました。それと、名物の巨大恵比寿さま。

dachou
 神社のすぐ近くには観光リス園もあります。五行川CRからふと覗くと、塀越しにダチョウやポニーが見えます。

 途中から一般道へ。おもに県道61号線を走りました。なだらかな傾斜の道がゆるゆると長く続く感じの県道です。

 烏山の手前、大金あたりに来ると大きな坂もあります。

ohganetunel
 ここは大金トンネル。近くにこんな看板が立っておりました。“大金クジラ発見地”の看板。このあたりでくじらの化石が発見されたらしいです。

 トンネルを出ると川が見えたので、那珂川かな?と思ったら、荒川という川でした。(東京・埼玉県を流れる荒川とは関係なさそうですが)

ryumonnotaki
 烏山町に入る前に、龍門の滝を見ておこうと思い、烏山線の滝駅方面へ。ちょうど宇都宮方面から来た3両編成のディーゼル車が駅に止まるところ。
 この駅のすぐ下に、龍門の滝があるので、列車からも覗くことができます。

 那珂川方面に向かって県道を下りました。(10%勾配の下り坂がありました。「自転車は降りてください」というような看板が立っていました)

karasuyamaohhashi
 烏山大橋を目印に走り(平行してサイクリングロードような細い道も)、目的地のやなへ。

 炉辺で鮎を焼いて食べることも出来ますが、今回は鮎定食に。お通しのナスの揚げ浸しに、鮎の塩焼き、鮎のフライ、鮎の刺身、それに刺身こんにゃくと、ごはん・みそ汁・おしんこのセットです。

yana
 食事の後ここで川を見ていたら、カワセミを目撃しました。ラッキー☆

 烏山と言えば和紙が有名。和紙会館へ寄ってみました。
 それから、もうひとつ有名なのが、山あげ祭り。(わたしは見ていませんが、寅さんシリーズの映画にも登場していたはず) 山あげ会館にも寄りました。
 旅行読売のツアーの人たちと一緒になりました。(浦安辺りのご一行さまらしかったです)

dashi
 お祭りはまもなく(7月24日から)なので、町のひとたちもそろそろ準備段階というところで、ちょうど山車を会館から引き出していました。

 帰りはほぼ同じ県道を通り、途中芳賀町の道の駅で休憩。
 その施設のすぐ脇に、五行川CRがあるのを発見。真岡の両国橋で途切れているのかと思っていたので、こんなところまでCRが続いていたとは知らなんだ。
 そこを辿って、家路を急ぎました。

hasu
 CR沿いで見つけたハス池と、そして夕暮れの空。
 
blogram投票ボタン

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/895-a1189090
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。