星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんぽ・たび

根津さんぽ

 私用で東京・神保町へ。11時で用は済み、あとは帰宅してもよかったのですが。(笑) せっかく東京まで出て来て、それではあまりにも…なので、あとはお散歩でもして過ごそうと思い、ではどこへ?と考えた結果、上野に行ってみることにしました。

 なぜ上野が浮かんだかというと、夏期だけ限定の和カフェ、蓮見茶屋が不忍池そばにオープンしているはずだったから。

 上野はいやというほど(でもないか^^;)お馴染みの街ではあるのですけれど。
 上野近辺の谷中・根津・千駄木あたりを称して“谷根千”(やねせん)と呼びますが、今回はちょっと根津神社の界隈をお散歩してみようという目論見もあって。よく知っているところなのに、意外といままで歩いたことがなかったからです。

 で、神保町から地下鉄・半蔵門線で錦糸町へ。JR線に乗り換えて、錦糸町から秋葉原へ。秋葉原から上野へ、と思ったのですが、隣りの御徒町駅に来たとき、あ、そうだ、久しぶりだからあそこへ寄ってみよう、とふと思い、途中下車。
 (乗り降り自由のフリー切符を持っているので、こういうことが可能です)

 あそことは、科学のお店サイボックス。理科道具や科学オモチャ、実験セットなどを扱っているお店です。

 前に1度行ったことがあるだけだったので、場所はうろ覚え。それでちょっとうろうろしてしまいましたが。(おかげで天体望遠鏡&双眼鏡の店や、自転車の店を発見。ペールグリーンのビアンキのロードバイク、良かったなぁ♪)

 街角のおいもやさんと郵便局を目にしたとたん、ピピッとシナプスが繋がって(^^)、やっとお店にたどり着くことが出来ました。
 
 前になかったようなものも置いてあるなぁ。目にするものがみんな興味惹かれるものばかりで。目移りしちゃう。ここでしばし物色です。
 モルフォチョウの標本いいなぁ、だの、心臓の血管や人体模型のTシャツはあんまり着る勇気ないけど、元素周期表のTシャツはちょっと着てみたい…だの、思ったりしつつ。

 さて、サイボックスでの物色も済み、食事も済ませ(カムカムのジュースというのをサービスでいただきました。カムカムはアマゾン流域原産のフルーツでビタミンCが豊富なんだそう。ちょっとアセロラに似てる?)、いよいよ不忍池へ。

 池のほとりにある下町風俗資料館。これまでにも何度も通りかかっているのですが、まだ入ったことがなかったので、これを機会にと思いきや、きょうは休館日。
 月曜だからだね。残念。

 資料館を通り過ぎて歩いて行ったのですが、蓮見茶屋が見つからず。あれ?もしや今年はやっていないのかな?
 諦めのいい?わたしは、それなら先へ急ごうと、公園の池之端門から不忍通りに。
 
 そのまま道なりに行けばいいのだけれど、なぜだか足が言問通りを曲がって弥生坂のほうへ。(笑)
 東京大学(工学部?)の塀に沿って歩いていると、こんな碑が。

yayoishikidoki
 弥生式土器発見の地はここだったんですね。(このあたりの住所は弥生町)

 横断歩道を渡ると、東大農学部の敷地。塀越しに覗いてみると、ブルーベリーがたわわに実ってる♪ おいしそ~。桑の木もある。お蚕さんを飼っているとか?

satohachiro
 根津に向かうべく路地から路地へ歩いているうちに遭遇したのがこちら。
 サトウハチロー旧居跡。「ちいさい秋みつけた」の歌に出てくるハゼの樹もこのあたりにあったらしい。

saka
 そしてこんな坂道にも出くわします。さすが坂の多い文京区。
 赤く塗られた道は写真ではそれほどの勾配に見えないかもしれませんが、実際は隣りの坂と同じくらいの傾斜があります。

 木造の教会(根津教会)があるかと思えば、ひそやかな細道にお洒落な何かの工房があり。モダンなマンションがあるかと思えば、昭和初期のような古い家屋がひょっと出現し。

sentou
 年代モノの、こんな銭湯の煙突にも出くわし。(山の湯という銭湯) なんというか、懐かしい匂いが漂っています。薪のお風呂のような? 
 あたりには染物屋さんあり、お向かいは表具屋さん。かと思えばお洒落なアロマテラピーのお店があったり、一見店とはわからない、月夜と眼鏡という名のお店(小川未明の世界か?)、猫好き歓迎のこじんまりしたカフェ。

 なんだかワクワクするような場所が次から次へと立ち現れてきて、わたしを楽しく惑わします。この界隈の雰囲気、好きかも。歩いててほんとに楽しいところです。

nezujinja
 根津神社にたどり着きました。大きな神社です。
 楼門と本殿の漆を塗りなおすとかで、工事の足場が組まれていました。

otomeinari
 隣りの乙女稲荷。
 「千と千尋」か、はたまた「電脳コイル」か?! 奉納された朱塗の鳥居の列また列。

 しばし境内をお散歩。ところで夏目漱石が座ったという石はどれだったのかな?

gongenzaka
 根津神社の隣りには、こういう急坂も。
 たぶん以前にこの坂は自転車で下ったことが。道標には「権現坂・S坂」。
 東京ではこの手の坂には事欠きませんね。

 さて、根津の路地散歩を満喫したので、上野公園に戻ります。

hikousen
 不忍池上空に飛行船発見。東京に来るたび、飛行船に出遭うね♪ 
 「耳をすませば」で、雫が飛行船を見て「きょうはいいことありそう」と言うシーンがありました。わたしもまったくおんなじ気持ちになります。飛行船大好き。いくつになっても、子どもだね。(^^)

 と、そこで、今年はやっていないのかもと思った蓮見茶屋に遭遇。わたしが場所を勘違いしていただけだったのでした。

hasumijaya2
 店内の様子です。(午後4時までは和カフェで、夜の部は飲みものとお弁当の店に変わります)

hasumijaya1
 前回は抹茶と和菓子のセットをオーダーしましたが、今回は蓮見パフェにしてみました。
 ハスの葉と花で埋め尽くされた不忍池を見ながら、しばし休息。いっぱいに開いた窓から気持ちのいい風が入ってきます。

 あぁ、きょうもいい散歩ができた☆ ほぼ10キロ(19807歩)のお散歩でした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/913-091f60f0
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。