星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車

最近ひとの自転車が気になります

 スポーツバイクに乗るようになったので余計に注意が向くようになったから、なのかもしれませんが、最近ひとの自転車が気になります。とくにママチャリ。
 空気が甘いままのタイヤで乗っている人がなんでこんなにも多いのか。

 そうは言うものの、おもにママチャリに乗っていた頃は、わたしもタイヤの空気圧のことなどたいして心を留めてはいなかったかもしれません。(だから4回もパンクしたのか ^^;)

 でもスポーツバイクに乗るようになったら、空気圧を気にしないで走ることはできなくなりました。

 スポーツバイクはとくに幅の狭い高圧タイヤなので(空気入れは空気圧計のついたポンプを使っています)、空気が甘いと、ちょっとした段差でパンクしたりすることが怖いためです。なるべく歩道の段差は通らないようにはしていますが。

 あの段差はなぜあるのかとずっと疑問だったのですが、杖で横断歩道を感知できるように、視覚障害者の方のために設けられた段差なのだそうです。
 でもねぇ、高齢者やからだの自由が利かない方、車いす、ベビーカー及び自転車には“大いなる障害物”じゃないでしょうか。(-.-) 
 すべてのひとに優しい段差はできないものでしょうか。(自治体によっては、段差ブロックなど、工夫しているところもあると聞きます)

 空気の甘さは、からだの疲れ方やスピードにも影響が出ます。向かい風なんかで思うように走れなくなることがありますからねぇ。空気圧が適正であれば燃費?も良くなる。(クルマと同じですね)

 ママチャリでも同じで、空気をしっかり入れたタイヤならパンクはずっと減らせるのではないかと思います。

 それからサドルの高さ。これもママチャリではなぜだか低いまま乗っている人が多い気がします。あれで漕ぎづらくないんだろうか? 余計なお世話? でも、適正な高さで乗ったら、もっとラクに漕げるようになると思うのですが。 

blogram投票ボタン

-2 Comments

poppy says...""
なるほど。空気圧って大切なんですね。
私は自転車に乗る頻度はかなり低いのですが、
我が家には「エアハブ」仕様と言うのでしょうか
空気入れのいらない自転車があり、それに乗っています。
自転車を買った時、自転車やさんに
「エアハブは乗らないと意味がないので、たくさん乗って下さいね!」
と言われました。もっと乗らなきゃ^^;
あと、サドルの高さも!
家族と共用の自転車ということもあり、かなり適当でした。
これを機会に見直したいと思います。

子どもの自転車は、かなり空気が減ってる感じでしたが
見て見ぬ振りをしていました。
反省して、明日はタイヤに空気を入れてやろうと思います。
2009.09.04 00:28 | URL | #- [edit]
nona says..."Re: タイトルなし"
> なるほど。空気圧って大切なんですね。

そうですね、自転車は空気で走る、と言ってもいいのでしょうね。

> 我が家には「エアハブ」仕様と言うのでしょうか
> 空気入れのいらない自転車があり、それに乗っています。

エアハブですか!最新式ですね。

> 自転車を買った時、自転車やさんに
> 「エアハブは乗らないと意味がないので、たくさん乗って下さいね!」
> と言われました。もっと乗らなきゃ^^;

エアハブは、「自転車用タイヤ自動空気補充装置」といって、
ハブ(自転車の車輪の軸))の中に、ロータリー式のポンプを内蔵させていて、
そこで圧縮した空気を自転車チューブに送り込むという仕組み、なんだそうです。
つまり乗ることによって空気が補填されるので、
乗らないことには意味がない、というわけですね。

> あと、サドルの高さも!

サドルにお尻を乗せて、両足のつま先がやっと地面に着くぐらい、というのが
いちばん走りやすいサドルの高さとされています。
これだと、サドルはけっこう高く感じるはずです。
信号待ちなどで止まるとき、サドルに座ったままで脚を着けるようだと低すぎです。
ママチャリでそれをやっているひとはほとんどいないようですが、
止まるときはサドルから降りる、というのが乗り方の基本みたいです。

スポーツ車のタイヤには適正空気圧が印字してあるので、
それに沿って入れています。
一般車はタイヤが幅広で丈夫なので
スポーツ車に比べれば段差でのパンク率は少ないと思いますが、
それでも空気をしっかり入れておけばパンクの心配は減りますよね。

タイヤに空気のしっかり入った自転車だと
とくに坂道や向かい風のとき、走りやすさを実感できると思います。
楽しい自転車ライフを送りましょう。(^_-)
2009.09.05 22:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/920-5f9e979c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。