星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんぽ・たび

本日のおさんぽ(東京朝さんぽ)

 とある用事がありまして、東京へ行きました。

 その用を足す前に、新宿御苑に寄りました。
 途中で調達した朝食を、静かな場所で食べたかったから。
breakfast.jpg
 ちょっと朝が早かったので、今朝2度目の朝食です。

 新宿御苑といえば、ユリノキだ。(プラタナス並木やヒマラヤスギもあるけれど)
 ベンチに座って食べているあいだ、そばの大きなユリノキが風に鳴って、さらさらさらさら…。
 気持ちいい音~♪
 こんな時間を持てただけでも“幸福な”気分にはなれるものですね。 

 腹ごしらえも済んで、ちょっと園内をおさんぽ。

 やや風の強いなかを、朝陽を浴びつつ歩き回りました。

 ところどころにグリーンアドベンチャーと言って、樹木の名前を当てるクイズ形式の標識があります。それを辿りながら歩きました。
 わたしの正解率は8割。う~ん、もうちょっと当たると思ったんだけど…。ケアレスミスが痛かったな。(^^ゞ

shinjukugyoen.jpg いつもならデジカメで撮るところですが、めずらしくケータイで撮りました。

 開園まもない新宿御苑。ほとんど人影もなくて、なんだか新鮮。
 春の頃、東京桜サイクリングをしたのですが、そのときの御苑とは天と地ほど違いました。

 なんとなくピンホール写真みたいな感じにボケているのは、接写モードのまま撮ってしまったから。  
 初歩的ミス。(~_~) なにしろ普段はめったにケータイで撮ることはないので。と言い訳。(笑)

docomobill.jpg
 ここがちょっぴりセントラルパークみたいに見えるのは、森の樹越しにこのビルが見えるからですね。
 御苑に来ると、つい写したくなってしまうドコモビル。

  これも接写モードで遠景を撮ってしまったので、ピンホール写真みたい。樹の葉の部分がボケボケだ。ま、これはこれで味がある?(笑)

 御苑をあとにし、寄ったのが(これも本題の用事ではなく^^;)新宿駅東口に近い、コニカミノルタプラザ。
 武井伸吾写真展「星降る場所」というのを見たかったので。
 (隣りのギャラリーでは片岡鶴太郎さんの展覧会をやっていました)
 
 普通、星の写真というと、星そのものを対象にして撮る星野写真(天体写真)のことを指すと思いますが、武井信吾さんの写真はそういう捉え方とは少し違っていて。
 星のほかに風景も重要なファクターになっていて、いわば星景写真とでもいうべきもの。そこには静かだけれど饒舌な、いろいろなストーリーが見え隠れしているように思いました。

 オリオン座を撮ったものが多かったな。伊豆の河津町とか野辺山高原とか、わたしも行ったことのある場所の風景が多かったことも、なんとなく“場所を知っている”親近感で楽しめました。

 以前、同じ会場で見た高砂淳二さんの虹の写真展にも同じような感じを持ちましたが。ストーリーのある写真にはとても惹かれてしまいます。

 そういえば、新宿はきょうはお祭りの日だったらしく、裏通りを歩いたら通りじゅうに提灯がいっぱい下がっておりました。

 目黒にも降りたのですが、駅構内がすごくごった返しているなぁと思ったら、目黒もおまつり。サンマまつりのようでした。落語の「目黒のさんま」にちなんだお祭りですね。寄ってみたかったけど、これは時間がなかったなぁ。来年にでも。

 本題の用事より、前段階のおさんぽについて書きたかったので、きょうはこれにて。おしまい。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/927-028e9dea
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。