星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんぽ・たび

ブラタモリ

 「高低差がないと街はつまらない」というタモリさんの発言に、「そうそう、そうなの!」とわたしは思わずTVに向かって喋ってました。(^^ゞ

 わたしが東京歩きが好きなのは、坂道が多いってことが大きな要素のひとつにあります。それは間違いないところ。坂があるから東京はオモシロイのだと思っています。(坂道は自転車にとってはかなりの“かたき”ですが)
 
 木曜夜10時からの「ブラタモリ」(NHK総合)がこのごろお気に入り。街歩き好きのわたしがこんな番組を見逃すはずもなく。(といっても、数回見逃していますが 苦笑)

 東京の街をピンポイントでテーマにし、タモリさんと久保田アナウンサーが、ゲストの方とともに歩きます。

 タモリさんがよく古地図を拡げるのですが、この番組を見るときは、わたしも古地図本を拡げて、一緒に確認しながら見ています。これでさらにお楽しみ度が上がります。

 先週は「三田・麻布」の巻。
 冒頭に、わたしのお気に入りの坂道、綱坂が登場。もうそれだけで嬉しくなってしまいました。
 ここはね、イタリア大使館・慶応大学の裏手にある、静かな坂道なのです。そういえば、表通りから大使館や慶応大を見たことって、わたしはまだないや。(笑)

 イタリア大使館のお庭があんなに美しい日本庭園だとは知りませんでした。
 
 古地図に描かれた道と現在ある道とが、そのまままったく変わっていないことにも驚き、それをもとに“伝説のガマ池”を探して歩いていくのは、じつにスリリングでした。
 いまでもあるのかなぁ?と思った“ガマ池”が、ほんとうに現存していて、なおかつそれがかなりの規模で残っていたことに、おおいに感慨を覚えました。

 「上野」の回も面白かったな。
 不忍池の周囲が競馬場だったことは知っていましたが、上野が一大テーマパークのような場所だったり、寛永寺があんなふうに広大だったのは知らなかったですし(これも古地図で確認するとしっかり載っておりました)、ワクワク度がほんとに高い番組です。

 ただ、同じ時間帯にBS-hiで「世界ふれあい街歩き」があり、それとかち合ってしまうのがちょっと残念、なのですが。

 春までに15回ほど放送があるらしいです。でも15回と言わず、もっとやってほしいなぁ。

 エンディングテーマの「MAP」は井上陽水さんのこの番組のための書き下ろしだそうですが、これもなかなかステキな曲です。

blogram投票ボタン

-2 Comments

poppy says..."NoTitle"
「ブラタモリ」私もお気に入りの番組です。
私の場合は、東京の事も全く知らないし
古地図にも今まで興味がありませんでしたが^^;
1回目の「早稲田」の放送で
区の境界線を古地図から読み解くと・・・という場面がすごく面白くて!
タモリさんの世界に、すっかり引き込まれてしまいました。
nonaさんのように、東京に何度も足を運んでいて
その上、古地図本も持っていたりすると
更に面白い番組なんでしょうね^^

今日のコメントはすんなり書けました。
同じ番組を見ているから「共感」できたんですね。
というのは、先日の「耳鳴り」の記事にも
コメントを入れようと思ったのですが・・・
私は「耳鳴り」というものを経験したことがなく、
いろいろ言葉を探したのですが、いい言葉が見つからなくて。
「耳鳴り」の記事で心に残ったのは、鎌田医師の
「不安やつらい気持ちを共感してくれると・・・」
というくだりです。
嬉しいこと・楽しいことに対してももちろんですが
不安・つらいことに対して一番力になってくれるのは
「共感」なんですね。心に刻んでおこうと思います。
2009.11.21 00:08 | URL | #hj3M6W3Q [edit]
nona says..."Re: NoTitle"
お、poppyさんも「ブラタモリ」お気に入りですか♪
(嬉しいな)
わたしは最初の「早稲田」の回は見逃してしまいました。(>_<)
放送があるのは知っていたのに。
古地図本持っているにはいたのですが、
いままではそんなに開いてみていたわけではありません。^^;
活用?するようになったのはこの番組がきっかけです。
いろいろなことが読み解けて面白いものだなぁと思います。

愚痴を聞いてもらって「そうよねぇ、わかるわ~」などと言って貰えると、
事の解決はしなくても
心のもやもやが晴れるということがありますよね。
病気になると、ただでさえ気が滅入ったり
気が弱くなったりしてしまうため、
お医者さんのひと言ひと言が
ダイレクトに心に影響をもたらすような気がします。
同じことを言われるのでも、言葉一つで
不安になったり安心できたり。
共感は、ちいさなことだけれど大事なこと、そんな気がします。
2009.11.22 16:29 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/944-f84668b5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。