星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節

また雪でした

 ワシントンDCでは1922年以来の大雪なのだそうですね。まもなくオリンピックのバンクーバーは暖冬で、東京より暖かいらしい。きょうは気温11℃とか言ってました。ラジオで。

 昨夜からきょうの午前中にかけては、こちらもまた雪。 
 この冬に以前2、3度降った雪は、降り積もったところを覗くと、結晶がしっかり六角形をしていたけれど、きょうの雪はただツブツブとした固まりで、眼を近づけても六角形には見えない雪で、これはすぐに解けてしまうかもと思ったら、案の定午後にはあらかた解けていました。
 チョコレートケーキにかけた粉砂糖のような、あわあわとした雪でしたね。

 ところでこのごろなんだかスノードームが気になっていて。英語ではsnow globeなんだと思ったのは、先日観てきた映画にそれが登場していたので。

 おととい、仕事を終えた友人と映画に行きました。レディース・デイだったので、ちょっと気になっていた「ラブリー・ボーン」を観に。

 映画の半ばくらいで、胃がすこしキリキリとしてきて。うわ、このまま終わりまで持つかしら?と一時不安に。
 映画の前に食べたランチでコーヒーを飲みすぎた?と思っていたのでしたが、上映後、友人も同じころにコートで胃を抑えていたとわかって、あれは精神的なものが“来た”んだろうな、とふたりでちょっと苦笑い。
 
 70年代色漂う映画でもあり、わたしは8ミリフィルムカメラが(ビデオカメラではないのよね、まだ)、友人はコダックのカメラが気になったようです。

 西海岸とは違う、アメリカ東海岸の町の雰囲気。場面を壊さないブライアン・イーノの音楽(このあたりも70年代?)。そこここにさりげなくちりばめられた伏線。切なくてショッキング、でも美しい…ひと言ではうまく言えないけれど印象的な映画でした。
 
blogram投票ボタン


 
 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/972-16fb5a9e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。