星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本・音楽・映画など

「最後のユニコーン」続編?

完全版 最後のユニコーン完全版 最後のユニコーン
(2009/07)
ピーター・S. ビーグル

商品詳細を見る
 

 先週の雨の午後のこと、ひさしぶりに本屋をぶらぶらと覗いてみました。本屋を覗くなんて、どれくらいぶり? ひさしくそんなことはなかったから…。
 (耳鳴り持ちになってから、本自体がそれほど多くは読めなくなってしまったこともあって…)

 でも、こんなときには、何かがありそう。

 案の定、ふとある棚に見つけた厚めの本に視線が。どうやらその本に呼ばれてしまったようです。

 「最後のユニコーン」。そのタイトルに、おぉ!と思い、思わず手にとってしまいました。
 
 新訳が出ていたのですね。知らなかった~。
 (わたしがかつて読んだのは、ハヤカワFT文庫で出ていた、鏡明さんの訳のもの。あれはもう何年ぐらい前に出たんだっけ?)

 この表紙の絵は、なんて言ったかな? 見たことある、どこかの美術館にあったはず…囚われのユニコーンのタペストリー。お話になっていて、そのなかの1枚ではなかったかな?

 「最後のユニコーン」は、なんと言っていいかわからないくらい、大好きなファンタジー。う~ん…ファンタジー、とだけ言ってしまっていいものか? 最近あまりにもファンタジー流行りなものだから…。でも、ま、とりあえず、そう言っておくことにはしよう。

 大好きなお話です。どこがどう好きとはひと言で言えないくらい好き。わたしにとってはもう宝物のような物語。

 作者のピーター・ビーグルは、寡作な作家で、書かれた作品もそう多くはないと思われるのですが。
 それでも、このユニコーンの物語の続編が、ユニコーンと旅をともにした魔法使いシュメンドリックを主人公にした続編が、書かれている、あるいは、書かれるかもしれない、というようなことが、訳者あとがきに書かれていました。
 
 立ち読みでサッと目を通しただけなので、そんな感じでしか、頭に残っていないのですが。

 それがほんとなら、続編が出版されるのならば、嬉しいなぁ♪ ぜひともこの本編に続く魔法の物語を、また読んでみたいものです。


blogram投票ボタン


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/989-8833518e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。