星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節

カタクリ

庭のカタクリ
 今年も庭の片隅でカタクリがひっそりと咲きました。3つ。(ここに写っているのはふたつだけですが)
 母がこれを植えてからもう相当経ちます。花数が減りもしない代わりに増えもしません。でも、毎年この時期が来ると、ちゃんとここで咲いてくれます。わたしだけがそれを今年も見守っています。


 以前に比べればすこしはマシになってきたように感じてはいるものの、長いこと患っているのにいまだにどう折り合いをつけていいのかもわからず、じぶんではどうにも出来ない好不調の波がジェットコースターのように変わる毎日を、相変わらず送っていますが、きょうは珍しく耳鳴りが遠くに遠のいて、かなり良い調子でした。
 こういうときは、ものごともじっくり落ち着いて考えられるし、仕事もはかどるし。
 耳鳴りのあるなしというのは、やはりとても大きいことなのでした。

 きょうの「サイエンスゼロ」(教育テレビ)の再放送で、身近な人を亡くした悲しみが半年を過ぎても続き、生活にも支障が出る“複雑性悲嘆”と呼ばれるケースがあることを知りました。うつ病と共通する症状が多いのですが、抗うつ剤を処方されても効果がなく、それは、うつ病の場合とは違う脳の部位、側座核と呼ばれるところが異常活性化しているためらしいということが最近わかってきたそうです。

 セロトニンなどが主になっている抗うつ剤は側座核には作用しないため(側座核に効果を発揮するのはドーパミンだから)、だったかな?(ここはちょっとうろ覚え…)

 渡り歩いた耳鼻科でいろいろな抗不安剤を処方されたけれど(リーゼ、アデホス、デパス、グランダキシン、メイラックスなどなど…まぁいろいろ飲んできたものだわね(-.-))、結局どれも効果を感じなかったのは、耳鳴りも一種の脳の異常作用だとしたら、わたしの脳の異常活性している部分には合わない薬ばかりだったからなのか?とか、素人考えなことを思いました。(~_~メ)


blogram投票ボタン


-2 Comments

hakkunine says..."NoTitle"
おひさしぶりです♪お母さんの植えられたカタクリ

自分は何を残せるだろう・・

耳鳴りのメカニズムが判明するといいのですが、調子は良さそう?なのかな・・

北海道は雪解けが遅くて、来週も寒気の気配

4月初旬に鹿児島へ行く機会があったのですが

やはり温かいところは良いですね♪桜も満開でした

北海道は桜もカタクリもゴールデンウィークまで待たなくてはなりませんがね・・・
2010.04.11 12:02 | URL | #qbIq4rIg [edit]
nona says..."Re: NoTitle"
おひさしぶりです♪
hakkunineさんのお名前が見られて、とっても嬉しいです☆
忘れられてしまったかなと思っていました。^^;

耳の調子は、最近またあまりよろしくないのです。
以前よりは良いときが増えたかなと思うときもないわけではないのですが…。
どうにもやっかいな病です…。

北海道は暖かくなるにはまだまだ時間がかかりそうですか?
でも想像ですが、春がいっぺんにやって来て、花が一斉に咲きそろう感じがします。
今年はこちらでも春が遅くて、お彼岸以降ずっと寒さが続いてしまいました。
昨日きょうになってやっと春の暖かさがやって来たかなというところです。

鹿児島で満開の桜が見られてよかったですね。
南北に長い日本列島、だからこその楽しみもあるのかもしれませんね。

2010.04.11 23:39 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/991-771066e1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。