星と自転車

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車

スプリング・エフェメラルに会いに

 日付が大幅に前後してしまいますが、これは2週間ほど前(4月3日)の日記です。 

katakuri4
 万葉自然公園かたくりの里(栃木県佐野市)に行ってきました。
 TVのローカルニュースでもたまに映ったりして、名前だけは聞いてよく知っていたのに、これまで1度も行ったことがなかった場所だったので。

 国道50号線をひたすら西へ。
 むかし、ママチャリで佐野市街や館林あたりまでは行ったことがあります。その頃に比べると、小山から西への50号線、だいぶ整備されて走りやすくなったように思いました。 
 バス旅も好きなので、ときどきお世話になる路線ですが、乗っているときはあまり道路の様子まで意識はしてません。自分で走ってみるといろいろとわかるものですね。

 バス旅の際にもよく立ち寄る道の駅おもいがわ(思川)でちょっと休憩。ぶらぶらと店内を覗いたり、おやつを買ってみたり、ちょうど10時ごろだったのでそのおやつを食べたりしているうちに、あっという間に1時間が経過。

 途中の交差点で県道に入って(そのほうが近道かと思ったので)、30分ほど走ると到着しました。もっとかかるかなと思っていましたが、案外近かったような。

 管理センターの敷地に自転車を置かせてもらい、さっそく、山道の先に続く、カタクリの群生地へと向かいました。

katakuri3
 階段状になった山の斜面を登っていくとコナラやクヌギの雑木林の裾を覆うようにして、カタクリの花の絨毯が続いています。

katakuri2

katakuri1
 終わりかけている花も多かったですが、まだまだ充分見られました。

ichirinsouhoka
 カタクリのほかにも、ニリンソウやイチリンソウ、アズマイチゲ、タチツボスミレなどがそこここにひっそりと。まさに“スプリング・エフェメラル”たちの静かな饗宴の森でした。

 上へ上へとそのまま登っていったら、たまたま中高年のハイキンググループの方たちと出遭いました。30~40人ほどいたかしら? その方たちは、南斜面の山道を下りて、べつのカタクリ群生地を見ながら、さらに南の三毳山(みかもやま)を目指すとか。(三毳山は万葉集にも詠まれた山です)

 山登り用の靴も履いてこないし、そんなつもりはまったくなかったのに、一緒にくっついて山の頂上まで行ってしまいました。

seiryuudake
 229メートルの頂上の青龍岳から見えた高速らしき道路は、東北自動車道かな? そういえば佐野・藤岡インターってありましたね。

 わたしはその方たちと別れ、もと来た道を下山して、自転車を置いた管理センターに戻りました。それからこんどは南へ走り、とちぎ花センターへ。ここは以前にも来たことがあり、初めてではないのですが。遅いお昼を食べたり、花を眺めたりして、ゆっくり1時間ほどいました。

 かたくりの里も、花センターも、大きなみかも山公園の一部なのかもしれません。公園の南へ向かうと、朝走った50号線と交差します。近くには道の駅みかもがあります。

 ところで。
 今回は帰り道にエライ目に遇いました。
 北に怪しい雲が出てきたなぁと思っていたら、あっというまに晴れていた空に黒い雲が広がり、南風が北風に変わり、雨と強風が襲ってきました。道路の気温は8℃に下降。南や西の方角をふと見ると、晴れ間が覗いているのに、頭上にだけ黒い雲。(これは何かの天罰?!)
 
 雨は大した降りではありませんでしたが、冷たいというより顔に当たると痛かった。おまけに強い向かい風では自転車は進まず…。15km/hも出ていなかったと思います。いや~参った参った。 

 1時間ほどで、雲は東へ去っていきましたが。名残りの強風は最後までわたしに律儀に付き合ってくれました。(苦笑) 帰りは行きの2倍の時間かかって帰ってきましたとさ。(~_~メ)

 
 おまけ
sakuradrops
 今回の自転車散歩のおみやげは、道の駅おもいがわの、さくらドロップです。

blogram投票ボタン

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://fantasium.blog4.fc2.com/tb.php/993-b297a678
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。